Web集客事例

Webサイトの成果は運用体制の構築が鍵を握る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
webサイトの運用体制

多くの企業ではWebサイトの公開が終わると、その後手付かずになってしまいます。無事にWebサイトが完成したことで、安心してしまうからです。

しかし、Webサイトにおける成果を最大限に高めるためには、日々の効果測定と改善が欠かせません。つまり、長期的にWebサイトを運用していかなければいけないのです。

そのためには、社内でしっかりと運用の体制を構築することが何よりも大切です。

そこで、ここではWebサイトの成果の鍵を握る運用体制の構築について解説していきます。社内の運用体制に頭を悩ませていたサイト運用者の方は、ぜひ参考にしてください。

なぜ運用体制を構築するのか

まず、なぜWebサイトを運用するための体制を構築する必要があるのでしょうか。それは、各メンバーの目的や役割を明確にして、Webサイトの成果を最大限に高めるためです。

例えば、Webサイトの運用には、コンテンツの作成や管理、アクセス解析のデータ収集と分析というように、やるべきタスクが数多く存在します。

これらの膨大な量の業務を、少人数で実施していこうとすると、各業務の精度が落ちたり業務が大幅に遅れたりします。このような状態では、思うような成果をWebサイトで上げることはできません。

そのため、しっかりと人数をかけてチームを編成し、各メンバーの役割を明確にして確実に業務を進めていくことが求められます。そのために、Webサイトの運用体制が必要なのです。

Webサイトは運用体制次第

言い方を変えると、Webサイトの成果は運用体制次第ということもできます。運用チームが共通の目的に向かって業務に取り組み、統一されたルールと共通のプロセスに従って機能することで成果は最大限に高まります。

冒頭でも説明したとおり、Webサイトは公開してからの日々の効果測定や改善がポイントになりますので、運用体制が大きく成果に影響するのです。

アウトソースを活用する

また、人的なリソースが足りない場合は、アウトソースを活用することもできます。Webサイト運用の全て、または一部を外部の企業に委託するのです。

例えば、Web集客コンサルタントのような専門家にアウトソースすることで、自社のメンバーでは実施できないレベルの運用業務を実現することができるのです。

また、専門家の知識やスキルを社内のメンバーに共有することで、運用メンバーの底上げを行うこともできます。

上手な体制づくりの秘訣

それでは、具体的にどのようにしてWebサイトの運用体制を作れば良いのでしょうか。ここからは、上手な体制づくりの秘訣について解説していきます。

社内の位置づけを明確にする

まずは、社内における位置づけを明確にすることです。どのような目的を持ったチームなのかをハッキリさせることで、チームの士気も高まり、成果も上がりやすくなるからです。

また、Webサイトの運用は中長期的なプロジェクトであり、予算や人的リソースを投資していることを明らかにすることも大切です。

サイト運用者の育成とチーム編成

そして、体制づくりにはサイト運用者の育成やチーム編成も大きなポイントです。Webサイトの運用は業務が多岐に渡るため、社内のリソースだけでは運用を続けることが難しいケースがあります。

そこで、サイト運用者の育成やチーム編成が必要になるのです。長期的な視点でサイト運用者を育てたり、適材適所のメンバーを配置したりしてチームを編成しましょう。

システムと運用ルールの導入

また、Webサイト運用で正しい成果を上げるためには、適切なシステムを導入することも重要です。具体的には、CMS(コンテンツマネジメントシステム)やアクセス解析ツールなどです。

さらに、Webサイト運用のためのルールを作成し、それをガイドラインとして共有していくことも大切です。そうすることで、運用体制のメンバーが変わったとしても、統一されたルールに基づいて運用を続けることができるのです。

Webサイト運用体制の構築ポイント

さて、ここまで上手な体制作りの秘訣について解説してきました。ここからはWebサイト運用体制を構築するときのポイントについて解説していきます。

Webマーケティング戦略立案

最初に、Webマーケティング戦略の立案です。Webマーケティングの手法を効率よくWebサイトに落とし込むために、Webマーケティングに精通した人材を中心にメンバーを構成します。

メンバーに人数をかける必要はありませんが、全体の方向性は運用メンバーにしっかりと共有する必要があります。また、常に最新のWebマーケティング手法をアップデートできるような体制が望まれます。

集客戦略立案

次に、集客戦略の立案です。インターネット上で自社のWebサイトにユーザが訪れる経路には、自然検索と広告、SNSからの流入があります。それぞれの媒体の特性を理解したメンバーを中心に運用チームを編成します。

自然検索に関しては、自社で行うアクセス解析と分析でカバーできますが、広告やSNSからの集客立案に関しては専門的な知識を必要とするため、必要に応じてアウトソースを活用しましょう。

また、Webマーケティング戦略立案と同様に、集客戦略の全体の方向性は運用メンバーにしっかりと共有しなければいけません。

Webサイトの全体設計

Webサイトの全体設計には、Webサイトの物理的な構築やWeb集客に詳しいメンバーが必要になります。Webサイトを公開するためのシステムを決めたり、どのようなコンテンツを用意して全体を構成するかなどを決めたりします。

Webサイトの全体設計に携わるメンバーは少人数で構いませんが、全体設計の方向性は運用メンバーに周知しなければいけません。

また、集客という観点から言えば、SEO対策の方針を決める必要もあります。SEO対策に精通したメンバーが中心となって、コンテンツの方向性やターゲット顧客などを設定し、Webサイトの設計を行います。

コンテンツ作成と管理・運用

次に、コンテンツの作成と管理、運用です。コンテンツとは、Webサイトの記事や画像、動画などを指します。コンテンツは継続的に追加・更新を続けていくものですので、メンバー編成には人数をかけなければいけません。

また、コンテンツを作成した人とは別の担当者が、文章の推敲や校正を行う体制が望ましいです。さらに、コンテンツ作成のガイドラインを設けて、常に一定のレベルを保てるような運用体制が必要になります。

コンテンツの作成に関しては業務のボリュームが大きいため、アウトソースを活用するのもお勧めです。

アクセス解析と分析・効果測定と改善

最後にアクセス解析と分析、そして効果測定と改善についてです。アクセス解析のツールに精通した人が専任で解析と分析を行うのが望ましいです。その担当者に、週次や月次でアクセス解析のレポートをメンバーに共有させるようにしましょう。

そのアクセス解析と分析結果により効果測定を行い、チーム全体で改善案を立案していけるような体制が理想です。分析結果を元に、運用メンバー全員で改善に向けての定例ミーティングを設けるようにします。

実際の改善はWebサイトの構築担当者や委託先の業者などが実施します。改善を実施した後は、再度効果測定を繰り返し、Webサイトの精度を高めていきます。

まとめ

さて、ここではWebサイトの成果の鍵を握る運用体制の構築について解説してきました。どのようにして、社内の運用体制を整えればよいのかがイメージできたのではないでしょうか。

Webサイトで最大限の成果を上げるためには、どのような運用体制を構築するかが大きなポイントです。運用体制によっては、Webサイトのプロジェクトが成功することもあれば、失敗することもあります。

ここで解説した内容を正しく実践して、ぜひ成果の上がる運用体制を構築してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*