コンテンツマーケティング

オウンドメディアの費用について構築・運用・予算設定まで詳細解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オウンドメディアの費用について構築・運用・予算設定まで詳細解説

企業のWeb担当者が広告運用以外で取り組みを検討しているオウンドメディアについて、「どのくらいの費用がかかるのか?」理解しておきたい部分ではないでしょうか。今回の記事では、オウンドメディアの費用について、構築にかかる料金や運用にかかる料金など相場を取り上げていきます。また、オウンドメディアに必要な予算設定まで詳細に解説していくので、Web担当者様はぜひ、役立ててみてください。

オウンドメディアの構築にかかる費用(制作段階)

では、オウンドメディアの構築にかかる費用について解説していきます。オウンドメディアの制作段階にかかる料金について、自社で行う場合と外注に依頼する場合で比べると次の通りです。

  • 自社で制作:サーバー代・ドメイン登録代・制作人件費
  • 外注で制作:平均400,000円で構築

自社で行う場合は、サーバー代やドメイン代以外で、社内の担当者にかかる人件費によります。Webメディアの制作経験があれば、効率もよく費用を抑えることが可能になるでしょう。

ただし、オウンドメディアの特徴として自社で賄う場合は、担当者を専任にする必要があったり、業務の負担が増えることが予想されます。そのため、自社でオウンドメディアの構築をした場合、結果的に人件費がかかり過ぎる恐れが心配されるのです。

では、オウンドメディアの構築を外注に依頼した場合、全体的に費用の相場が平均400,000円となります。さらに依頼内容から、オウンドメディアの構築費用を判断してみましょう。

全体像・テーマなどヒアリング構築の費用

通常のオウンドメディア構築になると、事前に企業の目的とするメディアコンセプトの情報を共有する必要があります。そのために必要なのが、オウンドメディア制作前の全体像のヒアリングです。このヒアリングを踏まえて構築をしないと、コンテンツ力に欠けるオウンドメディアになってしまうでしょう。

ほとんどのWeb制作会社では、ヒアリングからオウンドメディア構築を始めます。そして、全体像を設計していく流れでWebサイトの構築に入ることになるでしょう。およそのオウンドメディア構築費用が、50万円~600万円となっています。この料金の幅は、オウンドメディアで参入するジャンルやカテゴリ、上位表示を目的とするキーワードによって金額が変化していくのです。

基本的にオウンドメディアは、規模の大きいWebサイト構築になるので、初期構築費用が高くなることが予想されます。また、初期費用の低すぎる業者にオウンドメディアの構築を依頼した場合、テンプレートの組み合わせになることが考えられるのでしょう。つまり、オリジナリティを追求した場合は、ある程度の時間と費用はかける必要があります。

ドメイン設定やテンプレート設定にかかる費用

次にドメイン設定やテンプレート設定にかかる費用から、オウンドメディアの構築費用を見ていきましょう。ドメイン設定にかかる費用は、サーバーを借りてドメインを登録していくだけなので月額でも数千円で済んでしまうことが考えられます。

また、オウンドメディアのデザインテンプレート設定にかかる費用も含めても、数千円~20万円ほどの範囲内で抑えることができるでしょう。低コストでオウンドメディアの構築を考えている場合、中小規模のWeb制作会社に低予算のオウンドメディア構築を依頼することをお勧めします。

ただし、既存のテンプレートのデザインになるため、Web上で同じようなオウンドメディアが存在する可能性もあるでしょう。

コンテンツ制作にかかる費用

さて、オウンドメディア構築で最も重要な部分、コンテンツの制作を依頼する場合の費用についても見ていきましょう。コンテンツ制作をプロに任せることは、オウンドメディアの運営戦略の面から設計を依頼することになるのです。

そのため、本格的なコンテンツマーケティングを駆使したオウンドメディア構築が期待できるでしょう。コンテンツ制作からオウンドメディア構築を依頼した場合の費用は、100万円~300万円ほどが相場になります。オウンドメディアの初期構築の部分と重要なコンテンツの制作部分を全て外注する形になることから、費用的には、100万円単位の相場と判断しておくことが賢明です。

オウンドメディアの運用にかかる費用(運営段階)

続いて、オウンドメディアの運用にかかる費用について、取り上げてみます。オウンドメディアの構築ができたら、継続して運用していくことは必須です。Webサイトを放置状態にしておいては、せっかく作ったオウンドメディアを成長させていくことができません。

そのため、コンテンツ制作まで終えたオウンドメディアを定期的に記事更新をしたり、SEO診断により、カスタマイズしたりすることが必要になるのです。もちろん、自社でメンテナンスや記事制作ができる場合は、運用費用を大きく抑えることも可能でしょう。

参考までに、構築が終わったオウンドメディアの運用を「保守・テンプレート利用・Webサイト診断・記事制作・コンサルティング」まで依頼すると月額20万円以上の費用が必要になります。

記事執筆を外注した場合の費用

また、オウンドメディアの運用で継続しての作業が必要になる記事執筆を外注した場合、1記事制作につき数万円の費用が発生するでしょう。記事制作に携わるライターのスキルや経験にもよりますが、集客を目的とする「ユーザーに役立つコンテンツ記事」の制作の場合、取材や参考データの収集など、準備段階にも費用がかかります。

そのため、記事制作に企画構成から執筆、推敲・校正までをセットにした外注依頼になると1記事数万円の費用は必要になるのです。また、外注に企画段階から記事制作を依頼することで、記事の品質チェックや指示などの手間が省けるメリットがあります。

画像選定やメンテナンスを外注した場合の費用

オウンドメディアの運用で画像選定やメンテナンス部分だけを依頼する場合、記事制作ほど費用は掛かりません。選定に使う画像にもよりますが、有料の画像の選定であれば、画像につき1枚数千円という計算で費用が発生します。

また、オウンドメディアのメンテナンス(保守)のみの依頼であれば、月1万円以下の費用でも可能です。まとめると、オウンドメディアの運用にかかる費用は、月額で1万円~20万円の範囲で依頼内容により変化することを理解しておきましょう。

オウンドメディアの予算設定は?

次にオウンドメディアの予算設定について解説します。今まで紹介してきたオウンドメディアの構築や運用にかかる費用の相場を基にして、予算を設定していきましょう。

例えば、全体的なヒアリングによる構築予算は、おおよそ100万円~200万円ほどで設定している企業が多いです。また、オウンドメディアを運用していくための定期的なコンテンツ制作には、月額で1万円~20万円の予算設定が必要になります。

Web制作会社によって、料金に差異もありますが、制作するオウンドメディアのコンテンツの規模感やメディアの機能などによって大きく予算が変わることも理解しておきましょう。

また、Web制作会社の規模によっても、製作スタッフの請負体制やコンサルティング範囲などが違ってきます。大手のWeb制作会社の場合、細かい部分までシステム化されていてサービス内容が明確になっているでしょう。逆に小規模のWeb制作会社の場合、フットワークの良さと柔軟性が期待できる点がメリットになります。

オウンドメディア制作の費用相場

それでは、オウンドメディアの予算設定の参考となる制作の全体的な費用相場を見ていきましょう。

初期費用20万円以下のオウンドメディア

中小規模のWeb制作会社にオウンドメディアの制作を依頼することで、初期費用が20万円以下でオウンドメディアを構築することが可能です。また制作期間は1週間から1カ月程度を目安にコンテンツ制作は別料金で行う場合が多いでしょう。運用費用も1カ月1万円以下でメンテナンスのみの対応となります。

初期費用20万円~100万円以下のオウンドメディア

中小規模のWeb制作会社への依頼で、オウンドメディアのデザインや初期段階で必要なオリジナルコンテンツの導入までの制作になります。オウンドメディアの製作期間は、1カ月~2カ月ほどで1カ月5万円以下の運用費用で、規定内の記事コンテンツ制作まで依頼できるでしょう。運用費用の目安は、1カ月5万円以下です。

初期費用100万円~300万円以下のオウンドメディア

中小規模や大手のWeb制作会社への依頼となります。見込み客を集客することを目的設定にした本格的なオウンドメディアの構築・運用が依頼できるでしょう。制作期間も2カ月~4カ月となり、記事コンテンツからWeb解析まで充実したサポートが期待できます。また、運用も1カ月20万円ほどの費用がかかるでしょう。

初期費用300万円以上のオウンドメディア

既に稼働しているオウンドメディアのさらなる飛躍と規模を大きくする際ための特別な依頼となります。このレベルの費用としても初期構築で300万円~600万円ほど。オウンドメディアの運用費用も20万円以上はかかることから、大手メディアと大手Web制作会社の取引になることでしょう。

オウンドメディアは長期目線で予算を組む

オウンドメディアの予算設定の参考になる費用の目安を紹介してきました。規模の大きいオウンドメディアであればあるほど、費用が高騰する可能性があります。また、自社で予算を組む場合でもオウンドメディアの特徴を加味して考えたほうがいいでしょう。

その理由は、企業の販売ページと違って、オウンドメディアは、見込み客の集客のための長期目線の施策になるからです。半期だけの予算組では、成果を反映できないことが予想されます。長期目線で取り組む必要のあるオウンドメディアの特徴から予算も長期目線で設定する必要があるでしょう。

オウンドメディアの費用対効果

次にオウンドメディアの費用対効果について、見ていきましょう。オウンドメディアを構築・運用することで、今までテレビCMや雑誌媒体などに広告を掲載してきた場合に比べて、費用が61%低くなった事例があるほど、コストパフォーマンスに優れているのです。

従来の広告運用における媒体の露出は、不特定多数のユーザーに向けた訴求になりますが、オウンドメディアの場合は、属性を絞るためのテーマキーワードに沿って制作するため、効率的に価値を感じる読者を集めることができるのです。

オウンドメディアの費用対効果は、長期目線で継続的に取り組んだ成果以上の効果として、見込み客の集客につながります。ポイントは、オウンドメディアを長期で継続できるような体制を認識しておくことが必要になるでしょう。

オウンドメディアは初期費用で判断する

最後にオウンドメディアの制作の依頼について、構築にかかる初期費用で判断することをお勧めします。その理由は、運用にかかる費用は人的リソースさえ確保できれば、自社で賄うことができるからです。

確かに全ての制作作業をWeb制作会社に依頼することで業務軽減にもつながりますが、運用については、自社で行うことで内製の強みになるコンテンツの作成が可能になるでしょう。つまり、土台となるオウンドメディアの構築は、専門的なプロに外注して運用を自社で行う形で行うことです。

そこでポイントとなるのが、オウンドメディアの初期費用になります。全体的なオウンドメディアのクォリティの高さを考えたら、100万円前後の初期費用が必要になるでしょう。初期段階で安く仕上げてしまうと結局、後でメンテナンスする必要があるからです。

まとめ文

いかがでしたか?今回の記事では、オウンドメディアの構築にかかる費用と運用にかかる費用について詳しく解説してきました。また、オウンドメディア制作の金額による予算設定の参考データも紹介してきました。

企業のWeb担当者様にとって、長期目線で取り組む必要のあるオウンドメディア制作は、予算の設定が重要になります。それは、短期目線では効果を測定できないからです。そのため、社内での予算取りでは、長期目線で設定できるように説明することが必要になるでしょう。これから新しくオウンドメディアを起ち上げるWeb担当者様にお役に立てたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*