集客効果があるホームページの作り方とは?成功のコツを専門家が徹底解説

集客効果があるホームページの作り方とは?成功のコツを専門家が徹底解説

記事の監修

株式会社めぐみや 代表取締役社長

大浦 理

Google PartnerGoogle Partner 認定

Web集客・マーケティングの専門家として、13年間にわたり厳格な基準と緻密な戦略をもって中小企業の成功を導く。
一時的な集客の手法に頼ることなく、中長期的な効果を持続させる本質的なWeb集客の構築に注力。
『恵ある集客を。』をスローガンに掲げてクライアント様のサービスや商品の核心的な魅力を、的確にターゲットに伝えることを重視したWebサイト運用をサポート。

「ライバル企業がやっているからホームページを作ったけれど、まったく集客できない」
「外出需要が減った今だからこそ、ホームページで集客したい」

コロナウイルスの影響で外出の自粛を余儀なくされている現在、消費者の購買活動もEコマース利用にシフトされています。企業のデジタルの導入やキャッシュレス決済のみならず、コロナによるオンライン推奨の風潮がインターネット集客に追い風となっているのは明らかです。

そのようなインターネットでの集客が追い風となっている状況において、企業がホームページを集客ツールとして活用することは時流にそった選択となります。リアル店舗で集客できない部分を、ホームページを活用して巻き返している企業も少なくありません。それほど、ホームページでの集客は必要不可欠な選択になります。

今回は、これからますます需要が高くなるインターネットでのビジネスに向けて、企業のホームページを集客できる媒体に変える対策について解説します。実際にホームページ集客を成功させる具体的な方法から、集客できない7つの原因、集客効果を高めるコツまで徹底的にご紹介します。

自社のホームページで集客できないと諦めている担当者にとって、役立てられるヒントがあると思います。

この記事はこんな人におすすめ
  • ホームページを活用して集客したい方
  • ホームページで集客できない主な原因を知りたい方
  • ホームページの具体的な集客方法を知りたい方

目次

ホームページの集客方法3タイプ

ホームページの集客方法は、主に3つのタイプに分けられます。自社のホームページに合った集客方法を選ぶことで、より効率的に効果を実感できるでしょう。

ここでは、3つのホームページ集客方法について具体的に解説します。ホームページの集客方法について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目的に沿った集客方法

最初に紹介するのは、「目的」に沿った集客方法です。ホームページの集客を目指す目的は、大きく2つに分けられます。

1つめの目的が認知拡大です。これは、自社の製品やサービスをより多くの人に知ってもらうことを意味します。2つ目の目的は「コンバージョンの獲得」です。これは、問い合わせや申し込み、会員登録など、製品よりもホームページそのものへの注目を集め、成果を上げることを指します。

これらの目的に合わせてホームページの集客を行うことで、目標の達成を効率的に目指すことができます。ホームページを活用して売り出したい、知ってもらいたいものが何なのかを考えることで、目的が明確になるでしょう。

費用別の集客方法

次に紹介するのが費用別の集客方法の違いについてです。ホームページの集客方法には、無料の方法と有料の方法があります。

一般的に、予算や資金が限られる創業期は無料の集客方法を試すべきとされています。理由としては、ホームページの集客は、時間をかけてゆっくりと成果が出る場合があるため、余裕のないうちに有料の方法を試してしまうと、赤字が発生する場合もあるからです。

一方、有料の集客方法は、無料の方法に比べるとクオリティが高いものが多いため、こだわりたいポイントが明確な方や、自社製品の宣伝を細かくプロデュースしたいとお考えの方にはおすすめです。

どちらの方法にもメリット・デメリットがあるため、自社に合った方法を選んでみてください。

集客期間別の集客方法

3つ目の方法が、集客期間別の集客方法です。それぞれホームページの開設から集客効果を実感するまでの期間の長さを指しています。

ホームページの閲覧数など、開設後すぐに体感できるユーザーからの反応を優先する場合は「短期型」が、確実に利益を確保していきたいという場合は「中長期型」の集客方法が該当します。

始めは目的をどちらかに絞る人も多いかもしれませんが、運用を続ければいずれどちらのタイプも併用する機会が訪れると思います。それぞれの特徴を理解して、効果的に運用することが大切です。

ホームページの集客方法を選ぶポイント

ホームページで集客を行う方法はいくつかあります。どの方法を選択すれば効率よく集客に繋げられるのかを見極めましょう。また、それぞれの企業によって課題や目標は異なるため、自社の状況に応じてベストな方法を選択することが大切です。まず見直すべき点を以下にて解説します。

コスト

ホームページ集客にかけられるコストを確認してみましょう。有料で実施するのか、まずは無料で行うのかを検討してみてください。

無料で行えるホームページ集客方法はSEO対策がおすすめです。SEO対策は、コストをかけずに効率的かつ長期的な集客効果が得られます。キーワードを見直し、検索ユーザーにとって役立つコンテンツが掲載されているか見直しましょう。自社のSNSがある場合は積極的に情報発信に活用しましょう。最新情報を的確なタイミングで発信することも意識してみてください。テキストで情報を伝えたい時にはX、写真や動画を使用する場合はInstagramを利用するなど、目的に応じてSNSを選択することも重要です。

また、コストに余裕がある場合は、リスティング広告やディスプレイ広告などの有料広告を利用してみましょう。有料広告を利用すると、広告を開始した日からすぐに結果が出ます。いち早くホームページ集客に繋げたい方にはおすすめです。ただ広告を出すだけでなく、広告を活用した顧客獲得のための計画をしっかりと立てて行ってください。

しかし、一度コストをかけたからといって継続的な集客に繋がるわけではないため、費用の無駄になってしまいます。予算に無理をして有料広告を実施するのは避けましょう。

有料広告の具体的な内容は後ほどご紹介します。

自社製品とターゲットとの相性

自社製品やサービス内容を踏まえて、ターゲットとの相性を見極めましょう。広告を検討している場合は、自社のターゲット層が利用する媒体なのか入念に調査することが必要です。サービスを利用するユーザーに対して、的確な情報発信ができる方法を選択することがホームページ集客を成功させるポイントの一つです。

競合性

検討している集客方法は競合性が高くないか確認しましょう。競合他社が行っていない集客方法を選択することが、自社の集客を獲得する効率的な方法です。しかし、競合他社が活用している集客方法は、実際に成果を得られている可能性があります。まずは競合他社の集客方法を調査し、自社でのホームページ集客を成功させるための戦略をしっかりと立てることが重要です。

あわせて読みたい

集客効果があるホームページにするための6つの対策

集客効果があるホームページにするための6つの対策を紹介します。一つひとつ、大事な取り組みとなるので、6つの解決策を深掘りしながら解説しましょう。

自社商品・サービスの魅力を訴求できるようにする

自社の商品やサービスの魅力を訴求できないまま売り込んでいたら「得体のしれない押し売り」になってしまいます。どのような商品やサービスでもかならず、魅力があるのです。そのため自社の商品やサービスの魅力を明確に理解してから、顧客に紹介することで訴求効果があがります。

自社商品やサービスの魅力を知るには、次の4つの環境分析が必要です。

  • 自社商品・サービス
  • 競合他社や市場
  • 自社商品・サービスを利用する顧客
  • 3C分析を使う

自社商品・サービスの独自ポジション(強み)を知る

自社商品やサービスの魅力とは、どこにあるのでしょうか?たとえば、パッケージも中身、機能もおなじ商品が価格も同じであれば、後発の商品に魅力を感じることはないでしょう。商品やサービスの魅力とは、自社独自の強みとなるポジションを持っていることです。

自社独自の強みとは、類似する商品やサービスと比べたときに、「この部分は、他の商品にはない」という特徴を指します。強みを活かした訴求ができれば、自社商品やサービスの魅力が引き出せるでしょう。

競合他社・市場を知る

先ほどの自社独自のポジションを知るために、まずは競合他社や自社商品の市場を知らなければなりません。競合他社とは、自社商品やサービスと類似する同じジャンルの商品やサービスを扱う企業のことです。市場とは、自社商品やサービスと類似する同じジャンルの商品がビジネス取引される市場のことを指します。つまり、自社の商品と競合他社を知らなければ、魅力が引き出せない判断となるでしょう。

顧客を知る

自社の商品と市場を知り、自社の強みが明確になった場合、その強みをどこに訴求すればよいのでしょうか?自社の強みを訴求する相手は「顧客」です。いくら自社の商品やサービスに特徴があると自負してみても、その特徴に魅力を感じる顧客がイメージできなければビジネスは成り立ちません。そのため、自社の商品やサービスを利用して、満足する顧客をイメージする必要があります。

3C分析を使う

これら3つの軸、「自社の強み」、「競合他社のいる市場」、「自社商品に満足する顧客像」をすべてつなげて具体的にする分析手法が3C分析です。3C分析とは、「顧客=カスタマーのC」+「競合=コンペティターのC」+「自社=カンパニーのC」をあわせたマーケティング手法の1つになります。

ホームページで集客するためには、3C分析の概念は欠かせません。3C分析により、自社の強みを訴求した商品やサービスの魅力が引き出せるようになるからです。

あわせて読みたい

検索で上位表示されるホームページを作る

ホームページで集客するためには、検索エンジンの検索結果ページの上位に表示される必要があります。つまり、上位表示されるホームページを作らなければ、集客ができないといっても過言ではないのです。

上位表示されるホームページとは?

上位表示されるホームページとは、どのようなホームページなのでしょうか?検索結果ページに上位表示されるホームページとは、検索エンジン大手のGoogleから評価を得たページのことです。

検索上位にいるホームページ5つの条件

ホームページがGoogleから検索上位に評価されるためには、次の5つの条件があります。

  • キーワードの戦略を立てている
  • ユーザーの検索意図を考えている
  • コンテンツの品質基準「E-A-T」が担保されている
  • ページの表示スピードが最適である
  • モバイル表示対応している
⚫︎キーワード戦略は立てているか

キーワード戦略とは、キーワードの目指すゴールを考えているかどうかです。単に、競合が使っているから選んだだけの理由では、キーワードに対しての計画性がなく、ホームページによる集客のシナリオを設定することができません。そのため、選定するキーワードには目的が必要となります。具体的な目的では、コンバージョンやブランディングなどが挙げられるでしょう。

⚫︎ユーザーの検索意図を考えているか

キーワードを選んだ場合、そのキーワードをユーザーがどのような状況で検索するのか?ユーザーの検索意図を考える必要があります。検索意図は、検索ユーザーが検索窓にキーワードを入力するときの心理状態を予測する取り組みです。

たとえば、「オムライス 作り方」と検索窓に入力したユーザーがいたとします。「オムライス 作り方」と入力したユーザーの検索意図は、次の心理状態が考えられます。

  • オムライスが食べたい、美味しいオムライスのつくり方を知りたい
  • 自宅でオムライスをつくりたい、失敗しないコツを知りたい
  • 自宅でもプロ並みのオムライスは作れないだろうか?
  • 素人でもキレイなオムライスがつくれるレシピを知りたい

検索意図とは、検索窓に入力したキーワードから派生していくユーザーの求めている未来です。集客できるホームページでは、ユーザーの求めている未来を具体的に伝えていくことが必要となります。

⚫︎コンテンツの品質基準「E-A-T」は担保できているか

ホームページで集客できるようになるには、提供するコンテンツの品質基準が重要です。とくに検索エンジンGoogleでは、ページの情報コンテンツのE-A-Tが担保されているかどうかを重要視しています。E-A-Tとは、Googleの検索品質ガイドラインで定められた概念です。

  • 専門性(ExpertiseのE)
  • 権威性(AuthoritativenessのA)
  • 信頼性(TrustworthinessのT)

E-A-Tは、ホームページに記載されている情報に対しての基本基準軸となります。「この情報の出どころはどこなのか?」「この情報は、専門家の言っている正しい見解か?」「この情報は信頼できるのか」など、インターネットで公開するホームページの情報品質に対しての評価基準です。集客できるホームページには、E-A-Tの基準を満たしていることが大事な要素となります。

⚫︎ページの表示スピードは最適か

ホームページの集客力を上げるためには、ページの表示速度が一定基準を満たしていることも大事です。インターネット上には情報があふれていて、1つのキーワードにつき複数の情報コンテンツが関連している状況となります。そのコンテンツページを一つひとつ、確認するユーザーは多くありません。

基本的にインターネットユーザーは、ホームページに訪れて自分の求めている情報があるかどうか?即断します。3秒ルールとも言われ、必要な情報がなければ3秒以内に閉じられてしまうのが現状です。そのため、訪問したホームページの表示速度が遅ければ、ユーザーはストレスを感じてすぐに離脱してしまうことが考えられます。そのような理由から、ページ表示速度によりユーザーにストレスを与えないことが大事です。

Googleでは、ページの表示速度が基準を満たしているかどうか?診断できる「PageSpeed Insights」を無料で公開しています。自社ホームページの表示速度を計測して、表示速度のさまたげになっている要因を改善することが大事です。

参考データ:PageSpeed Insights

⚫︎モバイルフレンドリー対応かどうか

5つ目の対策は、ホームページがモバイル表示対応になっているかどうか?が挙げられます。現代のインターネットユーザーの8割がスマホを中心とするモバイル端末です。つまりPC表示ではなく、スマホにより快適な表示がされているかどうかが大事になります。

モバイル対応のことをモバイルフレンドリーといい、Googleよりモバイルフレンドリーテストが提供されていて、無料で診断可能です。

参考データ:モバイルフレンドリーテスト

SEOに沿ったサイト構成で作る

いままで紹介してきたホームページで集客できるための対策は、すべて検索エンジンへの対策です。検索エンジンへの対策は、ホームページ閲覧ユーザーに向けた対策でもあります。検索エンジンに向けた対策であるSEOに沿うことが、結果的にユーザーに役立つコンテンツの作成に繋がるでしょう。

SEOとは?

SEOとは、検索エンジンに最適化する対策のことを指します。具体的には、「SearchのS=検索」+「EngineのE=エンジン」+「OptimizationのO=最適化」の略称です。検索エンジン大手のGoogleによるAIアルゴリズムに評価されることにより、検索結果ページの検索順位上位表示されるための施策になります。

SEOに沿ったWebサイト構成とは?

集客できるホームページは、SEOにそったサイト構成が必要です。SEOにそったサイト構成とは、サイトの設計図のことを指します。

⚫︎サイト構成とはサイトの設計図のこと

サイト構成にあたる設計図は、ディレクトリ構造といわれ、コンテンツを階層ごとに分類したピラミッド式の構造です。ページごとに同じレベルやカテゴリごとに階層分類した設計となります。

⚫︎サイト構成には注意点がある

サイト構成には、注意が必要です。初期段階で、ホームページの規模を明確に設計しておかないと、階層にズレが生じたり、重複コンテンツとなったりする可能性もあります。それを防ぐため、初期段階において、ある程度のサイト構成は明確に設計しておくことが大事です。

⚫︎SEOに強いホームページをつくるためには?

SEOに強いホームページをつくるためには、Googleが評価するコンテンツをつくる必要があります。コンテンツSEOは、検索エンジンの評価とユーザーの「読みやすさ」「使いやすさ」「理解度」など、同時に高めることが可能です。

あわせて読みたい

コンテンツを更新する

ホームページで集客できる対策として、コンテンツSEOが必要となります。ただし、コンテンツは作るだけではなく更新することが大事です。コンテンツの更新では、新しい記事ページの追加や既存ページの内容の更新、トップページのコンテンツ変更などがあります。

すべてはユーザーファーストの情報提供

コンテンツの更新に対して、すべてはユーザーファーストの視点で情報を提供することが大事です。ユーザーに役立つ情報こそが品質の高いコンテンツとなります。結果的に、ユーザーファーストの考え方自体が検索エンジンの評価を上げる要素となるでしょう。

有益な情報は更新頻度によるもの

ホームページのコンテンツは、ページの持つテーマに沿って更新が必要となります。情報の精度を上げるためには、更新頻度を高めることが大切です。更新頻度の高いホームページは、情報量を増し有益な情報となります。

ホームページの情報量(ページ)を増やす

ホームページの情報量を増やすには、基本的に1つのテーマにそってページを追加していく形式です。新規ページを追加してインターネット上に公開することで情報量が増えます。情報量が増えれば、それだけ多くのインターネットユーザーにキーワード検索される可能性が広がるのです。

古いコンテンツもテーマにそってリライトしていく

コンテンツの情報量を増やす取り組みは、新規ページだけではありません。既存のページも必要であれば、情報を追加することにより、コンテンツの精度が向上します。とくに時間の経過とともに変化する情報内容の場合は、古いコンテンツもテーマにそってリライトすることが大事です。

たとえば、飲食店の店舗案内の場合、情報自体が10年前の情報のまま変わっていないとします。その場合は、既存の古いコンテンツに対して、訪問ユーザー目線で記事をリライトすることにより、ユーザーに役立つ記事となり、コンテンツの満足度を高めることになるでしょう。

見やすく使いやすいホームページを作る

ホームページで集客するには、見やすく、使いやすく作ることが大事です。見やすく使いやすいホームページには、4つの特徴があります。

  • 明確なゴールとコンテンツの導線や構成がわかりやすい
  • デザインが見やすくなっている
  • ユーザーの視覚動線を明確にしている
  • リンクテキストがわかりやすくなっている

ゴールが明確なコンテンツ・導線の構成

ホームページは、ページの導線がわかりやすいコンテンツで構成されていて、ゴールまでたどり着きやすいのが特徴です。ビジネス目的のホームページでは、集客する必要があります。そのため、そのホームページで何がしたいのか?商品の申し込みや、サービスの利用についての資料請求などが「誰が見ても見つけやすいレベル」で構成することが大事です。

デザインを見やすくするためのレイアウト4原則

ホームページのデザインを見やすくするには、レイアウトの4原則を使うことで、閲覧者の思考にはたらきかけられます。レイアウトの4原則は、次の通りです。

  • 関係のある情報を近くに設置するレイアウト:Proximity
  • 関係のある要素を整列させるレイアウト:Alignment
  • 優先度の高い情報を強調する強弱のあるレイアウト:Contrast
  • 特徴ある部分を意識的に反復するレイアウト:Repetition

レイアウトの4原則は、デザインの規則ではなく、閲覧者の心理状態に訴求するための原則となります。商品の陳列や、メニューリストなどを作成する際に共通する内容です。関係のある情報を近くに整列することにより、閲覧者の興味関心を高めることになります。

さらに、優先度が高く、もっとも訴求したい情報を強調したり、フォントを大きくしたりすることも有効的です。重要な訴求部分をくり返して記載することができれば、より閲覧者の印象に残ることとなります。

ユーザーの視覚導線を想定する

集客できるホームページは、ユーザーの視覚動線まで想定されているでしょう。ホームページの特徴として、トップページに複数のコンテンツを掲載している場合、人間の視覚動線を意識した配置を理解しておかないと、見落とされる可能性があります。

具体的には、「Zの目線」や「Fの目線」などです。Zの目線とは、人間が無意識のうちに美術画などを見るときに、左上から右へ、右上から左下に斜めに移動して、左横で終わるような視覚動線をとる形がアルファベットの「Z」に似ていることから、呼称されています。どのように読み飛ばされるか?という観点からも、有効な認識です。Fの目線は、「F」字のように間隔をあけて移動する視覚動線となります。重要な訴求部分を視覚動線上に配置するために、Zの目線やFの目線を参考にすることにより、目に留まりやすくなるのです。

リンクテキスト・配色の設定

ホームページを見やすくするには、誘導先となるテキスト文のリンクテキストやページの配色などを設定することが必要となります。集客のためのホームページは、閲覧者に行動を起こさせなければいけません。閲覧者に起こさせる行動とは、商品の申し込みやサービスへの問い合わせ、カタログやパンフレットのダウンロードなどです。

行動を起こしてもらうためのリンクテキストが、わかりやすくないとホームページの目的を果たしていないことになります。リンクテキストの場合は、配色などにも気をつけなければなりません。通常は、青色がリンク色となっている場合が多く、認知されている傾向です。

ホームページのデザイン面では、あらゆる調整が考えられます。ただしホームページの運営では、デザイン面に時間と手間をかけ過ぎて、インターネット上にアップロードできない状態が続いてしまう不安もあるでしょう。実際のホームページ制作では、デザイン面など専門業者の経験と知識によるアドバイスは必要です。ぜひ、相談してみることをオススメします。

ターゲットがお悩み解決できるホームページを作る

ホームページの目的は、ユーザーに事細かく情報を提供してすべてを知ってもらうことではありません。集客効果があるホームページにするためには、ターゲットの悩みが解決できるWebサイトにすることが大切です。

例えば、ホームページ内のコンテンツ情報が高品質であるとします。しかしコンテンツ自体の量が多く、ユーザーが欲しい情報までの導線が複雑だったらどうでしょう。ユーザーはWebサイトを訪問した瞬間に欲しい情報が手に入らなければ、有力な情報が載っていないと判断して離脱する可能性があります。どんなに魅力的なデザインのWebサイトを制作しても、情報を探すのに時間がかかってしまったり、問い合わせフォームまで辿り着けなければコンバージョンに繋がりません。

自社の一番PRしたい情報をトップに掲載するだけでなく、ターゲットに需要が高い情報をトップページへ掲載するのも一つの手法です。

また、ユーザーが商品やサービス購入の前に問い合わせをしたいと考えた時、問い合わせフォームがすぐに見当たらず、探してもホームページ内のどこにあるのか分からなければどうでしょう。ユーザーは諦めて離脱し、他社の商品やサービスを見にいってしまう可能性が高まります。ユーザーが問い合わせをしたいと思った時に、すぐに問い合わせフォームが分かるようにバナーを設置したり、画像を使用して分かりやすく設置することが重要です。

問い合わせフォームまで辿り着いても、入力する項目が多すぎるとユーザーは手間を感じて離脱してしまいます。必要性の高い最低限の項目のみに絞り、入力例を表示するなどフォームを最適化することも大切です。

まずはターゲットがどのような不安を抱えてホームページを訪れるのか理解しましょう。ターゲットの購入フローを深く理解することで、コンバージョンに繋がる情報提供や導線の確保ができます。ターゲットの導線を予測し、適切な情報を適切な場所に配置することがポイントです。どんな手段で悩みを解決するか戦略を立てることで、集客効果が期待できます。

めぐみやのWebサイト制作

効果的なWebサイトを作りたいけれどどうすれば良いかお悩みではありませんか?
集客と運用の実績を活かし御社ビジネスの成果に直結するWebサイトを構築致します。

ホームページ集客を成功させる具体的な方法

ホームページの集客方法は様々です。近年はSNSやインフルエンサーの台頭によって、さらに手段が増えてきています。

ここでは、代表的なホームページの集客方法について紹介します。どのような方法を選択すべきかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.オウンドメディア(ブログ)

まず紹介するのは、オウンドメディアブログ)を利用したホームページの集客です。「オウンドメディア」は、広義では「自社で運用するメディア全般」のことを指しまずが、基本的には「ブログ」を指して用いられることが多いです。

オウンドメディアブログ)を用いた集客とは、自社製品やサービスを宣伝すべく、ブログを運用し、Googleなどの検索エンジンで上位表示を目指す方法です。

ブログを用いた集客では、直接ホームページへの集客を目指すのではなく、一旦「記事」に人を集めます。ブログを介した集客は、ユーザーに警戒心を与えづらく、また、記事内でポジティブな解説を行うことで、製品やサービスの信頼度を高めることが出来る点がメリットです。

また、関連記事を通じ、「潜在顧客」を獲得することも狙えます。しかし、執筆にはそれなりの時間がかかりますし、外注するとなれば費用が必要となるため、自社の集客スタイルに合っているかどうか、見極めることが大切です。

あわせて読みたい

2.コンテンツマーケティング

次に紹介するのは、「コンテンツマーケティング」です。コンテンツマーケティングとは、記事やメール、SNSや動画などの情報コンテンツを作成することによって集客していく方法を指します。

例えば、SEO対策を行い、検索エンジンでコンテンツを上位表示させるという方法も、コンテンツマーケティングに含まれます。最近では、SNSやYouTubeチャンネルの運用する方法が流行っています。

コンテンツマーケティングは、広告などの集客方法に比べれば、効果を実感するまでに時間がかかりますが、軌道に乗せることができれば安定的な集客が見込めます。最終的には広告を打たなくともホームページを来訪するユーザーを獲得することも可能です。

長期的な目で見た時、安定した集客を獲得したいとお考えの方は、ぜひコンテンツマーケティングに注力してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

3.メールマーケティング

メールマーケティングとは、その名の通り、顧客に向けて宣伝のメールを送付し、ホームページの集客につなげる方法です。

BtoC(消費者向け)では、コミュニケーションツールとしてなどのアプリが台頭した影響で、この集客方法の効果は薄れてしまいました。しかし、BtoB(企業向け)では今も活発にメールマーケティングが利用されています。

有料の集客方法を選び、メール配信システムを利用すれば、メルマガのように同じ内容のメールを一斉配信したり、年齢、性別などの顧客の属性によって配信するメールを変えることができるため、効果的に集客を行うことが出来ます。

また、メールマーケティングは先ほど紹介したオウンドメディア(ブログ)と併用すると効果的です。メールで集客し、ブログを読んでもらうことで、サービスや製品の魅力をより分かりやすく訴求することが出来ます。

メールマーケティングを行う際は、ぜひブログ運用と一緒に始めてみてください。

4.インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、SNS等ネット上で影響力を持つ人物に、製品やサービスの宣伝を依頼する方法です。こちらの方法は、狙った層にリーチしやすく、情報の拡散も狙いやすい点が特徴です。

ただ、超短期型のマーケティング方法であり、実行にあたっては費用が発生するため、とにかく認知度を高めたいとお考えの方におすすめの方法です。また、炎上などの被害に巻き込まれる可能性もあるため、注意が必要です。

5.リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果上部(広告枠)に表示される「テキスト中心の広告」のことです。有料の集客方法にはなりますが、ターゲットへのリーチを狙いやすく、また多くの集客を目指すことが可能となります。

リスティング広告はアカウントを作成後、キーワードや広告を設定し、広告審査に通過することですぐに配信することができます。有料の集客方法に初めてチャレンジするという方にもおすすめの方法です。

また、クリックに応じて費用が発生する「クリック課金」が採用されています。クリック課金は、広告が表示されるだけでは費用はかからないため、運用資金を節約したい方にもぴったりです。

年齢や地域、性別などの属性も設定できるため、ターゲティングにこだわっている方は、ぜひお試しください。

あわせて読みたい

6.ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、インターネット上のあらゆる画面に表示される画像タイプの広告のことです。ブログなどのWebサイトやアプリ上に表示されるため、多くの人に見てもらいやすく、宣伝効果が高い点が特徴です。

ディスプレイ広告は、ターゲットに対し、画像で訴求することが出来るため、文字では伝えにくい製品やサービスの魅力を強く訴えることが出来ます。また、人や場所を設定できる場合もあるため、ターゲティングにこだわりたい人にもおすすめです。

一方で、インターネット上のあちこちに表示されるディスプレイ広告は、ユーザーにマイナスイメージを与えてしまう場合があります。また、同タイプのリスティング広告に比べ、バナー作成の費用がかかるため、注意が必要です。

7.リターゲティング広告

リターゲティング広告は、過去に自社サイトを訪問したユーザーに対して配信される広告のことです。一度自社サイトを訪問したということは、サービスや商品に関心のある顕在層ユーザーである可能性が高いでしょう。見込み客に対して購買意欲を促す効果があります。

リターゲティング広告は、繰り返し広告を表示させることでユーザーに自社ブランドを再び想起させることが可能です。初めは軽い気持ちでホームページに訪問したユーザーが、自社ブランドを認識してくれるでしょう。また、サービスのリピート購入を促す効果もあります。無関心なユーザーには広告が表示されないため、費用対効果が高い広告手法です。

リターゲティング広告は、BtoB商材や高額商材と相性が良いです。検討に時間がかかるサービスを、再度アプローチすることで購入してくれる可能性が高まります。しかし同じユーザーに何度も繰り返し広告表示をしてしまうと、不信感を与える原因となるので注意が必要です。自身で広告表示回数を設定できるため、調整しながら進めていきましょう。

8.SNS広告

X(旧Twitter)やInstagramなどのSNSに表示される広告を用いて宣伝を行うのが、SNS広告です。広告はタイムラインに表示されるため、製品やサービスを多くの人に見てもらうことが可能となります。

有料の集客方法であるSNS広告は、「クリック課金」と「インプレッション課金」という2つの課金方法があります。クリック課金については、リスティング広告の課金方法と同じです。インプレッション課金は、広告の表示回数によって費用が決定されます。

インプレッション課金の場合は、広告が表示されるだけで費用がかかるため注意が必要です。

9.アフィリエイト

アフィリエイトとは、アフィリエイター自身のWebサイトやブログなどで自社サービスの広告を掲載してもらうことです。「成果報酬型広告」と呼ばれ、ユーザーがコンバージョンすることで収益の一部がアフィリエイターの報酬となります。

アフィリエイトの仕組みは、まずユーザーが自社商品をアフィリエイターのWebサイトで購入します。自社に売り上げが支払われますが、その一部をASP(自社とアフィリエイトを仲立ちするサービス提供会社)へ支払います。アフィリエイターはASPから成果報酬が支払われる仕組みです。

アフィリエイトを活用するメリットは、アフィリエイターが集客を代行してくれるため、自社の集客力に関わらずアプローチが可能な点です。ASPを通じて多くのWebサイトやブログなどのメディアに自社広告が掲載されれば、大きな広告効果が得られる可能性があります。今まで自社ではアプローチできなかったターゲット層や、想定していなかったユーザー層にヒットする可能性もあるかもしれません。

また、成功報酬型の広告のため、無駄な費用をかけずに広告を掲載できる点もメリットの一つです。コンバージョン単価を自社で設定できるため、高い費用対効果が期待できます。単価を低く設定すれば、少額から始められるのでリスクが少なく安心です

10.プレスリリース

プレスリリースは、新聞やマスコミなどのメディアに対し、製品やサービスについての情報を文書で発表することです。文書自体をプレスリリースと呼びます。

大手メディアを利用することで、より多く広範囲の人に向けた宣伝が可能となります。プレスリリースは無料で実施することが出来るため、創業期の企業にもおすすめの集客方法です。

プレスリリースの長所の一つが、第三者の客観的な視点で発信される情報であるため、信ぴょう性が高くユーザーからの信用を得やすいことです。メディアからの信用を得ることが出来れば、中長期的な集客を確保することもできます。

ただし、製品やサービスがメディアから評価を受けることが出来なければ、情報が掲載されない場合もあるため注意が必要です。メディアが取り上げたいと思うような価値のある情報提供を心がけましょう。

11.SNS

SNSを利用した集客は、創業期の企業におすすめの方法です。最近は、X(旧Twitter)やInstagram、YouTubeを利用したSNS運用が流行っています。

SNS運用が成功すれば、無料で即効性の高い集客を叶えることが出来ます。そのため、SNS運用が得意な人材を採用するという企業も増えてきているようです。

また、SNSはアカウントを作成すればすぐに運用することが出来ます。ホームページへの集客方法に迷っている人は、SNS運用を始めてみてもいいかもしれません。

12.SEO

ホームページ集客を成功させるにはSEO対策が必要不可欠です。

検索エンジンはインターネット上にあるWebサイトを巡回する「クローラー」と呼ばれるロボットプログラムを派遣しています。クローラーはホームページの内容を読みとり、データを検索エンジン内のデータサーバーへ持ち帰る情報収集の役割を担っています。情報をデータベースに登録する工程が「インデックス」です。インデックスされた情報を元にランキングが行われ、検索結果に表示される仕組みとなります。

このインデックス登録が正確にされていなければ検索結果に表示されません。質の高いホームページがインデックスされるように戦略を立てることが重要です。

検索上位を獲得しているWebサイトは、ユーザーから良いイメージを抱かれます。信頼できると思われると自社のブランド力が向上し、集客やコンバージョンにも良い影響をもたらすでしょう。

SEO対策を的確に行えば、広告を利用するよりもコストをかけずに集客力の強化に繋がります。また、検索上位に表示されているかぎり、永久的に集客効果があるため中長期的に見ても費用削減が可能です。

13.MEO

MEOとはMap Engine Optimization(マップ・エンジン・オプティマイゼーション)の略で、マップ検索エンジン最適化を意味します。主にGoogleマップでの地図エンジンで、検索結果を上位表示させることを指します。

MEOもSEOと同様にGoogleのアルゴリズムによって検索結果が表示されるため、検索上位表示のための対策を立てることが必要不可欠です。

MEOとSEOの違いは何でしょうか?簡単に言うと、MEOはGoogleビジネスプロフィールを最適化して企業情報や店舗情報を上位表示させることであり、SEOは検索エンジンを最適化して企業のWebサイトを上位表示させることになります。

MEOでは、Googleビジネスプロフィールのツール内にある情報を詳細に設定したり、口コミを管理するなどの対策を行います。SEOに比べて対策の難易度は低いでしょう。

MEOの特徴は、同じキーワード検索でも場所や地域によって検索結果が異なる点です。よってSEOよりもユーザーの目に留まりやすく、優良顧客を集客できる可能性が高いでしょう。SEOと比べると競合性が低いため、戦略を立てやすく費用を抑えることが可能です。

広告費を抑えたい場合や、店舗ビジネスを経営している企業の場合はMEO対策を行うことが効果的でしょう。MEOとSEOの違いや効果をしっかりと理解した上で、併用していくことがホームページ集客の成功に繋がります。

14.Google ビジネス プロフィール

Google ビジネス プロフィールとは、Google検索やGoogleマップなどの検索結果に表示される「ローカルビジネス情報」を管理することができる無料ツールのことです。実店舗を保有している方や、地域限定のサービスを提供する方におすすめです。

Google ビジネス プロフィールを利用することで、店舗名や電話番号、住所や営業時間、店舗に関するニュースなど、営業に必要な情報を宣伝することができます。ユーザーは口コミを投稿することができるため、運用を続けることでさらに情報が豊かになります。

しかし、ユーザーが自由に口コミを投稿できるということは、マイナスな評価が公開されるリスクを伴うということです。

口コミの削除は簡単には実行できません。低評価のクチコミをかき消すほどの、高評価のクチコミを集める努力が必要になります。

15.セミナー・イベント・展示会開催

セミナーやイベント、展示会の開催をする方法もおすすめです。自社のターゲットとする顧客に対して、アピールできる内容やコンセプトを考えましょう。

セミナーやイベントを開催する際は、スケジュールに余裕を持って1ヶ月以上前から集客活動を行うようにしてください。開催日の直前に宣伝しても参加者が集まらない可能性があります。そのためには、集客活動を行うにあたって効率の良いアプローチの仕方も検討する必要があります。しっかりと計画を立てて、事前の準備をすることでターゲットとなるユーザーを獲得しましょう。

ホームページで集客できない7つの原因

ホームページで集客できない7つの原因

集客できないホームページには、以下の7つの原因があります。

  • 自社商品・サービスの魅力が訴求できていない
  • 検索で上位表示されていない
  • SEOを考慮したWebサイト構成になっていない
  • ターゲットとなるユーザーが明確でない
  • ホームページの更新頻度が少なく情報も古い
  • ホームページが見づらい・使いづらい
  • 効果測定をしていない

これら7つの原因を解決することにより、ホームページは集客できる媒体となります。では、ホームページで集客できない原因とは、どのような状況なのか?解説しましょう。

1.自社商品・サービスの魅力が訴求できていない

ホームページで集客できない要因として、自社の商品やサービスの魅力が訴求できていないことがあげられます。自社の商品やサービスの魅力とは、その商品やサービスを利用したときに体感する満足度です。

ビジネスでは、販売側がどんなに自社の商品のことをすぐれていると思って、無名の商品を売り込んだとしても、思っていたような反応はとれないでしょう。自社商品やサービスの魅力は、訴求したい相手に自然と伝わっている魅力だからです。

2.検索で上位表示されていない

ホームページで集客できない原因として2つ目にあげるのが、検索で上位表示されないということです。お客様が求めている情報をインターネットで検索した際に、検索結果の上位に表示されないとサイトには訪れて来ません。つまり、検索順位が低くいとホームページが存在しないことと同じになります。

自社のホームページにお客様が来てくれないのですから、当然ながら集客はできません。そのため、GoogleやYahoo!などの検索サイトで上位表示されるための対策が必要です。つまり、SEO対策で上位表示に向けて最適化していくことが大事になります。

3.SEOを考慮したWebサイト構成になっていない

また、ホームページの記事やコンテンツが、SEOを考慮したライティングになっていないとう原因も多いです。SEOとは、「Search Engine Optimization」の略称で、検索結果ページで上位表示されるための対策になります。そもそもSEO対策がされていなければ、ホームページはただ存在するだけの飾りになってしまうでしょう。ホームページに訪問してもらうためには、検索ユーザーと繋がるためのキーワードを考慮して作られているかが重要になります。

たとえば、どんなに役に立つ情報が載っていたとしても、それを特定できるキーワードやページタイトルがなければ、上位表示されないケースがほとんどです。この点を意識してホームページのライティングをしなければいけません。

あわせて読みたい

4.ターゲットとなるユーザーが明確でない

ターゲットとなるユーザーが明確になっていない可能性があります。どんなユーザーまたはどんな企業に向けてホームページを作成しているか設定することが重要です。ターゲットが明確になっていなければ、ユーザーのニーズを十分に満足させることはできません。ターゲットとなるユーザーの年齢、性別、職業、年収、家族構成などを具体的に設定し、見込み客を明確にしましょう。ターゲットユーザーを設定することで、企業の商品やサービスを的確にアプローチしましょう。

5.ホームページの更新頻度が少なく情報も古い

また、コンテンツの更新が少ないという原因も非常に多いです。具体的には、ホームページ作成業者やサイト運用者がホームページを一旦構築してから、ほとんど手をつけていないようなサイトです。ひどいときは、何年も前の時代を感じさせるような写真を掲載したままや、現在提供していない商品やサービスの紹介を載せたまま放置してあるサイトがあります。

ホームページの更新頻度はSEOにも影響してくるため、定期的にホームページ上で自社の情報発信をした方がアクセスは集まるのです。しっかりとスケジュールを決めて、定期的にコンテンツを更新していきましょう。

6.ホームページが見づらい・使いづらい

ホームページで集客できない原因としてあげるのが、ホームページが見づらいということです。いくら有益な情報が載っているホームページであったとしても、読みづらかったり見づらかったりすれば、お客様は離脱してしまいます。

特に、現在はスマートフォンやタブレット端末からホームページにアクセスする人が非常に増えています。そのため、それらのデバイスからでも見やすいようなホームページ作りが必要になるのです。スマートフォンで見づらい代表的な原因が、フォントの大きさとボタンリンクの間隔などがあげられます。確かにパソコンで見れば、画面いっぱいに情報が掲載してあるホームページであっても、スマートフォンで見た際に文字が小さくなってしまっては、見づらくて離脱してしまうでしょう。

7.効果測定をしていない

効果測定を実施していないことも原因の一つです。現状のホームページへのアクセス数を把握することは、ホームページを運用する基本となります。効果測定を行わなければ、結果に対する対策を打つこともできません。Googleアナリティクスやサーチコンソールなどといったアクセス解析ツールを利用し、具体的な数値を割り出し効果測定を行いましょう。現状分析、施策の検討、効果検証を実施することで、確実な集客効果が見込めます。

以上の7つが、ホームページで集客できない原因となります。集客できるホームページに改善するための5つの対策について、くわしく紹介しましょう。

ホームページの集客効果を高めるコツ

ホームページの集客力を高めるためには、効果の高いWeb集客の秘訣が必要です。その理由は、すでにインターネット上が競合で溢れているため、自社の特徴を打ち出した施策が挙げられます。

自社のサービスの魅力を最大限伝えること

Web集客には、自社サービスの魅力を最大限伝えることが大事です。競合他社があふれるWeb集客では、最も重要な考え方になります。その理由は、自社の特徴を競合他社が持っていなければ、独占的な訴求部分となるからです。

魅力とは「自社の強み」

自社の特徴は、「自社の強み」となります。自社の強みとは、競合他社にない独占的な訴求部分となるので、もっとも伝えるべき部分ともいえるでしょう。自社の強みとは、自社の魅力ともいえます。

自社の強みが「差別化」となる

自社の強みは、競合他社との差別化にもなるでしょう。差別化は、Web集客の上で大事な考え方となります。自社の強みを訴求して、競合とはちがう切り口で集客することができるからです。

「長期的な差別化戦略」がブランディングの形成となる

差別化された部分は、長期的な差別化戦略の形成となります。たとえば、自社の商品が「万歩計」だとしましょう。強み部分が「メモリ機能つき」であれば、「365日の歩数と消費カロリーを記録できる万歩計」と形容できます。

メモリ機能のある万歩計を扱う競合がいない場合、自社の商品の強みをイメージ戦略として打ち出すことが可能です。その流れが自社ブランディングの形成につながっていきます。

あわせて読みたい

集客戦略の立案と実行と改善

Web集客では、戦略の立案をすることが大事です。戦略の立案では、次の項目を策定します。

ターゲットの策定

ターゲットの策定は、自社ホームページのコンテンツに最も価値をもつユーザーを特定する施策です。ターゲット策定では、あるグループではなく、ある個人にまで絞りこむ必要があります。その理由は、インターネットを視聴しているユーザー環境は、ほぼ1人で閲覧している状況だからです。

集客手法・媒体の策定

ターゲットが設定できた場合、ターゲットの利用環境に合わせた集客手法や媒体の策定が必要となります。たとえばSNSのTwitterを多く利用するブロガーがターゲットの場合、Twitter上でブログ記事の更新を紹介する手法により、自社ブログを媒体とする集客方法があげられるでしょう。

実行・改善プロセスの策定

集客方法と媒体が決定できれば、媒体にコンテンツを投入していきます。自社ブログの場合は、記事の投稿によりページを追加していく流れです。ブログの更新などを実行して、訪問ユーザーの流入状況などを分析します。分析結果により、コンテンツの修正や追加など改善プロセスを策定しながら、ターゲットユーザーに伝えるコンテンツの精度を高めることになるでしょう。

あわせて読みたい

自社からの情報を積極的に発信

自社ブログは、自社からの情報を積極的に発信して、見込み客獲得につなげる戦略とする役割があります。見込み客を集客するブログは、オウンドメディア(企業が運営するメディア)といわれ、自社のホームページとは、ちがう認識となるのです。

オウンドメディア戦略

オウンドメディア戦略では、自社ホームページとはちがい、自社都合の情報発信ではありません。自社から積極的な情報を発信することになりますが、あくまでも読者目線の情報となります。具体的には、自社の商品が「万歩計」だとしても、オウンドメディア上で「万歩計」の販売はしません。

オウンドメディアでは、「万歩計」を必要とするターゲットユーザーが検索するキーワードをテーマとした、ユーザー目線の情報を発信します。たとえば、「万歩計」のターゲットユーザーに対して、次のような情報コンテンツをテーマとしましょう。

  • コロナ禍で巣籠生活が増えてきて太り気味の40代主婦
  • 健康のためにウォ―キングをはじめる
  • 日々のウォ―キング結果を記録して体重との推移をみたい
  • レコーディングダイエット

レコーディングダイエットには、万歩計は必需品です。オウンドメディアでは、万歩計の関連キーワードとなるレコーディングダイエットや、歩数の記録などに特化したコンテンツを用意します。

オウンドメディアはコンテンツマーケティングの1つ

オウンドメディアは、コンテンツマーケティングの1つです。コンテンツマーケティングとは、潜在的な購買要素をもった見込み客に見つけてもらうための取り組みになります。オウンドメディアでは、自社の都合をおさえたユーザー目線で発信する情報コンテンツが必要です。

広告にたよらない自社メディアの形成

自社メディアの形成となるオウンドメディアは、広告にたよらない手法となります。広告の場合は、出稿費用と成果の割合となりますが、オウンドメディアは、長期的な資産となる媒体です。広告にたよらない分、公開まで時間と手間がかかります。そのため、専門業者へのアドバイスにより、労力を減らすことが必要となるでしょう。

めぐみやのWebコンテンツ制作代行

見込み客に響くWebコンテンツ作りにお悩みではありませんか?
ターゲットを確実に捉えるコンテンツ制作で見込み客の獲得をサポート致します。

コンテンツマーケティングは継続が大切

コンテンツマーケティングは、継続が大切となります。その理由は、広告とちがい、自然検索の中で、潜在ユーザーに見つけてもらうためにSEOで上位表示することが目的だからです。SEOでの上位表示は、キーワードの競合相手により差が出てきます。とはいえ、オウンドメディアは広告の出稿よりも、時間も手間もかかる点が特徴となるでしょう。

記事更新の継続

オウンドメディアの時間と手間のかかる部分は、記事更新です。記事の更新に関しては、競合のオウンドメディア以上に記事を投入したり、競合が投稿していない内容をコンテンツ化したりします。

ホームページを育てる感覚で継続

オウンドメディアは、自社のブログでもありホームページともいえるでしょう。その理由は、最終的な目的が自社ビジネスの成立だからです。そのため、切り口や見込み客の入り口は、宣伝色が弱くても、自社のホームページを育てる感覚で継続していくことがポイントとなります。長期的な施策なだけに、継続できるかどうかが重要な部分です。

Web広告運用で集客を加速

オウンドメディアは、長期的な資産となる施策ですが、成果が出るまで時間がかかります。そのため、売上の出ない時期を想定する必要もあるでしょう。Web集客を加速するためには、Web広告の運用が必要です。その理由として、SEO効果を待たず出稿とともに成果が出る点があげられます。

すぐに見込み客を集客できる

Web広告の運用は、オウンドメディアを育てながら、すぐに見込み客を集客することが可能です。広告の運用は、オウンドメディアによる見込み客の興味関心の高いキーワードにより、広告を出稿する形になります。出稿したキーワードに対して、検索結果の広告枠に掲載できる広告がリスティング広告です。

リスティング広告を活用することにより、オウンドメディアを育てる前の見込み客の反応を確かめることができます。

あわせて読みたい

ターゲティングテストが容易にできる

見込み客の反応を確かめることとは、ターゲティングテストのことです。ターゲティングテストでは、実際に想定したターゲットユーザーが自社のサイト構成の中で、どのような行動をとるのか?ゴールとして設定した「申し込み」や「資料請求」までたどり着くのか?実際の結果を得ることができます。

集客を成功させるホームページの特徴

集客力のあるホームページとは、ただ美しいデザインと高度な機能性を持つだけではありません。それは訪問者に何かしらの行動を促し、最終的には商品やサービスの購入、または何らかのコンバージョン(目標達成)につながるページです。

ターゲットに合わせたコンテンツ

集客を成功するホームページは、ターゲットとする顧客に対する深い理解があります。顧客が何を求め、どのような課題を抱えているのかを知り、それに対する解決策を提供するコンテンツを作成することが重要です。

シンプルで直感的なデザイン

私たちは情報過多の時代に生きています。そのため、集客力のあるホームページは、ユーザーが求める情報を瞬時に探せるシンプルなデザインが求められます。

明確なCTA(コール・トゥ・アクション)

訪問者がサイトで何をすべきかを瞬時に理解できるように、明確で目立つCTAボタンやリンクを設置することが不可欠です。これにより、ユーザーは迷わず行動に移すことができます。

高速なページ読み込み

誰も遅いWebサイトで待っている時間がありません。したがって、ページの読み込み速度もまた、集客において非常に重要な要素です。

SEO対策

検索エンジンでの高いランキングは、多くの新規訪問者を引き付けるために不可欠です。SEO対策を施すことで、より多くの人々が自然な形でWebサイトにアクセスできるようになります。

集客に強いホームページの作り方

集客に強いホームページを作成するためには、PDCAサイクルが重要です。PDCAサイクルを回すことで、効率的かつより強い集客効果が得られるため意識して取り組みましょう。

PDCAサイクル

PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)を繰り返し行うことです。PDCAサイクルは多くの業界で活用されている手法ですが、ホームページ集客でも活用できる方法になります。

Plan(計画)では、目標を立て達成するための計画を検討しましょう。ここでは目標に対する具体的な数値や回数を設定することがポイントです。アクセス数やコンバージョン率といった数値の目標を立てることで、達成に至るまでの手段や仮説が生まれます。目標達成までの期限も設定するとなお効率的な施策を行うことが可能です。

Do(実行)では、Planで考えた施策を実際に行います。終了後、その結果をCheck(評価)し、どれほど効果があったのか、実施していく上での課題点はなかったのか、達成率を出して成果を具体的に評価しましょう。継続的にホームページ集客を行うためにも、今回の施策で得た結果をしっかりと記録に残しておくことがポイントです。

施策を行った評価を受け、Action(改善)すべき点を見直しましょう。実行した施策を継続すべきか、改善施策を検討するべきか、結果に対する分析をすることが必要です。

このPDCAサイクルを回すことによって、迷うことなくやるべきことが明確になるため、無駄な時間をかけずホームページの集客効果を高めることが可能です。

PDCAを回すことが「目的」ではないため、あくまでもホームページ集客を行う「手段」ということを忘れないように注意してください。

集客に強いホームページ制作会社に依頼

より確実にホームページ集客を成功させたいのなら、集客に強いホームページ制作会社に依頼することも検討してみてください。ホームページ集客会社は、専門的な知識とノウハウを兼ね備えたプロがいます。専門家に依頼することで、自社では生み出せないクオリティの高いコンテンツを制作できるほか、ホームページ運用を依頼すれば本来の業務に専念できるため時間を有効活用できます。

ホームページの集客効果が見込めずお悩みであれば、プロに相談することで自社の状況に応じたホームページ改善の提案をしてもらえるため確実な集客効果が期待できるでしょう。

また、外注することでセキュリティ面でも安心したサービスを受けられるため、コストに余裕があるのならホームページ制作会社へ依頼することを考えてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

まとめ

今回はホームページの集客を成功させる具体的な方法から、集客できない7つの原因、集客効果を高めるコツまで徹底的に解説してきました。自社のホームページを再確認する意味でも、集客できるホームページの特徴が理解できたことでしょう。

コロナ禍で生活様式がインドアを中心とするWebの需要が高まる中、ホームページの閲覧機会も増えてきています。そのため、自社のホームページを単なる販売サイトのままにしておくのではなく、潜在ユーザーを集客できるオウンドメディアをつくることが大事です。

インターネット上に数ある販売サイトや企業紹介ページのままでいるか?潜在ユーザーに見つけてもらい、共感を得られるオウンドメディアの運用をはじめるか?専門業者に相談してみることをオススメします。結果的に時間と労力を削減することにつながるのではないでしょうか。

この記事のまとめ
  • ホームページでの集客成功にはターゲット顧客のニーズを理解しそれに応えるコンテンツを提供することが重要
  • 明確で目立つコール・トゥ・アクション(CTA)ボタンやリンクを設置することが集客には不可欠
  • 自社の商品やサービスの独自の強みを理解しそれを顧客に明確に伝えることでより効果的な集客が可能

ホームページの集客に関するよくあるご質問

最後によくあるご質問をいくつかご紹介致します。
みなさまのWeb集客にお役に立てば幸いです。
その他、ご不明な点がございましたら以下のリンクよりお気軽にご相談下さいませ。
無料オンライン相談はこちらからどうぞ。


Q

ホームページの集客方法はどのようなものがありますか?

A

SEO対策、SEM、コンテンツマーケティング、SNS経由の流入、リファラーリンク、Eメールマーケティングなどが主な方法です。

Q

SEO対策とは具体的にどのようなことを指しますか?

A

サイトの構造やコンテンツの質を最適化し、検索エンジンでのランキングを向上させるための手法です。キーワード選定、内部リンクの最適化、高品質なバックリンクの取得などが含まれます。

Q

SEMとは何ですか?

A

Search Engine Marketingの略で、検索エンジンを利用した広告活動のこと。Google AdsやBing AdsなどのPPC(ペイ・パー・クリック)広告が主な例です。

Q

ホームページのデザインが集客にどれほど影響しますか?

A

大きく影響します。ユーザーフレンドリーで魅力的なデザインは、訪問者を引きつけ、サイト滞在時間の増加やコンバージョン率の向上につながります。

Q

コンテンツマーケティングとは何ですか?

A

価値のあるコンテンツを作成・配信することで、ターゲットオーディエンスとの関係を構築し、ビジネスの目的を達成するマーケティング手法です。

Q

SNS経由の流入を増やすための方法は?

A

定期的な投稿、ユーザーとの積極的なコミュニケーション、シェアボタンの設置、有益なコンテンツの提供、SNS広告の活用などが考えられます。

Q

ホームページに訪れたユーザーをリピーターにするための方法は?

A

価値のあるコンテンツの提供、メールニュースレターの導入、特典やキャンペーンの実施、ユーザー体験の最適化などが有効です。

Q

高品質なバックリンクとは何ですか?

A

信頼性や権威性の高いウェブサイトからのリンクのこと。これは検索エンジンのランキング向上に寄与します。

Q

モバイル対応がホームページの集客にどれほど影響するのか?

A

非常に大きな影響があります。モバイルフレンドリーなサイトは、モバイルユーザーのサイト滞在時間の増加やコンバージョン率の向上につながります。

Q

どのようなコンテンツがホームページの集客に効果的ですか?

A

ターゲットオーディエンスのニーズに応えるコンテンツ、ハウツー記事、専門的なガイド、動画、インフォグラフィックなどが効果的です。

Web集客無料オンライン相談
  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない…。
  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない…。
  • Web業者の選定基準が分からない…。
  • Web担当者を社内に雇う余裕がない…。
     

Webサイト運営・Web集客でお困りのご担当者様は是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。
Google Partner認定・Googleアナリティクス認定のめぐみやが、プロの視点で貴社の集客課題に無料でお答え致します。
まずは下記のフォームからお気軽にご相談くださいませ。1営業日以内で返信させていただきます。

    コメントを残す


    CAPTCHA


    目次

    めぐみやのサービス

    SERVICE

    Web集客・運用・構築でお悩みの方
    事業成長に向けてさらにWebサイトを活用したい方

    めぐみやは、御社のWebサービスの成長にお役にたてるよう誠心誠意努める事をお約束致します。
    まずはお気軽にお問い合わせください。