ホームページの集客効果が出るまでの期間は?上位表示までの効率的な集客方法

ホームページの集客効果が出るまでの期間は?上位表示までの効率的な集客方法

記事の監修

株式会社めぐみや
代表取締役社長

大浦 理

はじめてのWebサイト運用・集客入門」著者

Web集客・マーケティングの専門家として、13年間にわたり厳格な基準と緻密な戦略をもって中小企業の成功を導く。
一時的な集客の手法に頼ることなく、中長期的な効果を持続させる本質的なWeb集客の構築に注力。
『恵ある集客を。』をスローガンに掲げてクライアント様のサービスや商品の核心的な魅力を、的確にターゲットに伝えることを重視したWebサイト運用をサポート。

「ホームページで集客効果が出るまでの期間を知りたい」と思ってはいませんか。

ホームページで集客効果が出るまでの期間は、集客方法によって異なります。
なるべく短期間で集客効果が得られる方法を実施したいと感じる方もいるでしょう。

短期間での集客方法を実践する前に、自社にとって本当にその方法が適切なのか再確認してみてください。短期間で集客できるのは良いですが、同時にデメリットも存在します。どのような施策でホームページ集客を行うのか今一度検討し、計画を立てて適切な方法を選択することが大切です。

本記事では、

  • ホームページの集客効果を実感できるまでの期間
  • 短期間でホームページに集客するための方法
  • ホームページへの集客効果を高めるコツ

を解説します。

確実にホームページ集客を成功させたい中小企業の方々は、ぜひご参考ください。

この記事はこんな人におすすめ
  • ホームページで集客を成功させるまでの期間を知りたい方
  • ホームページで集客効果が出るまでの期間を知りたい方
  • なるべく短い期間で集客効果が出る方法を知りたい方

ホームページの集客効果を実感できるまでの期間

ホームページを制作したからといってすぐに集客できるわけではありません。

ホームページの集客効果が出るまでの期間は、最短で4ヶ月程度はかかります。ホームページを新設した場合は、GoogleやYahoo!といった検索エンジンに認識してもらうまでの期間を踏まえると6ヶ月前後はかかるでしょう。

ホームページ集客にSEO対策は欠かせません。コンテンツ内容や情報量、管理システムによっても異なりますが、SEO対策による集客を成功させたいのなら長期的にホームページ運用を行う必要があります。なるべく早く集客効果を実感したい方は、Web広告SNS運用を活用するのがおすすめです。

詳しくは後ほど解説しますが、アクセス数を増やして見込み客を一定数集められるようになった段階で、ホームページでの集客効果が実感できます。

ホームページへ集客する方法を選ぶポイント

ホームページで効率的に集客したいと考えている方は多いでしょう。ホームページ集客にはさまざまな方法があります。なるべく早く集客効果を得ることが、ホームページ集客の成功に繋がるとは限りません。

ここでは、ホームページの集客方法を考える上でのポイントをご紹介します。集客期間のみで判断するのではなく、以下のポイントも踏まえて集客施策を検討するのもおすすめです。

あわせて読みたい

集客期間

とはいえ、できる限り短い期間でホームページ集客を実施するのも一つの方法です。短期的に集客効果を得るためには、費用をかけて広告を利用する必要があります。短期集中型の集客方法は、「とりあえず集客をしてターゲットの反応を確認したい」といった場合にはおすすめです。

広告は掲載している間に集客効果が実感できますが、広告掲載期間が終了してしまえば集客効果は低下します。長期間で広告を掲載すれば集客効果は持続しますが、膨大な費用が必要です。

短期集中型の集客方法は、一時的に効果が期待できます。しかし長期的にホームページ集客を行いたいのならSEO対策は必要不可欠です。

まずはホームページ集客を成功させたい期間の目標を設定することが大切です。どの方法を選択しどれくらいの効果が見込めるか総合的に判断できるため、計画的な集客施策が立てられます。

ターゲット

ターゲットとなるユーザーによって集客方法を選択するのも一つの方法です。ターゲットユーザー顕在層なのか、または潜在層なのかによって実施するべき集客方法は異なります。

ターゲットユーザーが顕在層であれば購入意欲が高い状態のため、すぐにコンバージョン(商品購入や登録など)に繋がるコンテンツの公開や、ホームページ導線を確保する必要があります。見込み客に対するメールマガジンの配信を利用して、付加価値をつけたアプローチ方法もおすすめです。

まだニーズを自覚していない潜在層がターゲットであれば、まずは自社サービスを知ってもらえるような戦略を立てる必要があります。例えば、とにかく認知拡大するのが目標の場合は、有名メディアに広告を掲載する方法が効果的です。動画やデジタル音声広告を利用して、多くの人々の関心を獲得するのも良いでしょう。

どのようなターゲットに対してアプローチするのかによって、ホームページ集客方法を検討するのも大切です。

あわせて読みたい

自社サービスとの相性

自社サービスとの相性で集客方法を検討してみましょう。高い集客効果を得るためには、適切な方法を選択することが大切です。

例えば自社のサービスや商品が10代〜30代向けであれば、若い層の利用者が多いX(旧Twitter)やInstagramなどのSNSを活用するのが効果的です。

BtoB企業に対するサービスや商品の場合は、取引が高額になり購入まで慎重な判断を有するため、検討期間が長い傾向にあります。オウンドメディアでのコンテンツマーケティングを実施したり、SEO対策の強化を行い確実な集客へ繋げるのも一つの方法です。

自社サービスとの相性が良い集客方法を実施することで、想定以上の成果を上げられる可能性があります。

どの方法も実際にやってみないと分かりません。施策を実施した結果、思うような効果が得られないようであれば、早めに方向転換をして他の集客方法に切り替えることも必要です。

あわせて読みたい

短期間でホームページに集客するための方法

できる限り短期間でホームページ集客を成功させたい場合は、複数の集客施策を実施することをおすすめします。ここでは、短期間でホームページに集客する方法を7つご紹介します。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!など検索エンジン検索結果に表示される広告です。ユーザーが検索するキーワードに対してテキスト形式で表示されます。そのためキーワードに関する興味・関心・購買意欲のあるユーザーに効率的なアプローチが可能です。

検索キーワードや入札単価を自由に指定できるため、広告頻度や表示順位をコントロールできます。コストをかけることで確実に上位表示され、自然にリンク先へ誘導が可能です。ターゲットとなるユーザーに対して、的確なアプローチができるのがメリットです。

あわせて読みたい

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webページやアプリの広告枠に表示される広告です。テキストだけでなく、画像や動画などさまざまな形式で表示できます。視覚的に情報を伝えることが可能なため、文字では伝えられない自社ブランドや商品のイメージをアピールできるのがメリットです。

広告表示させるターゲットが絞り込まれていないため、多くのターゲットに対してアプローチできます。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、過去に自社サイトを訪問したユーザーを追いかける広告です。一度ホームページを離脱したユーザーでも、リターゲティング広告を見て再検討したのちCVRコンバージョン)に至ることもあります。

過去に自社サイトを訪問したユーザーは、自社サービスに興味・関心を抱いている可能性が高いため、ユーザーのニーズに合致した広告を表示できるのがメリットです。

リターゲティング広告は、検討期間が長いサービスを提供している企業には特におすすめです。関心のあるユーザーに対して的確にアプローチできるため、無駄なコストを抑えられ費用対効果を高められます。

しかし、同じユーザーに繰り返し広告を表示してしまえば、広告に対して悪印象を与えてしまう可能性もあるため注意が必要です。

あわせて読みたい

SNS

ユーザーの日常となっているSNSを活用すれば、無料でホームページへの集客が可能です。プロフィール欄や投稿内容と同時にホームページへのリンクを設置することで、アクセス獲得までの導線を確保できます。多くのユーザーが注目する情報を投稿できれば、短期間でのホームページ集客ができる可能性があります。

ターゲットとなる年代のユーザーに的確かつ自然なアプローチが可能なため、より多くのCVR獲得が期待できます。SNSでは興味・関心のあるユーザーがフォロワーとして蓄積されます。フォロワー数が多いほど信頼されていることがアピールでき、自社の認知度だけでなく信頼度向上にも繋がるでしょう。

SNS運用は可能な限り毎日発信を心がけてください。情報発信の頻度が少ないと、ユーザーがアカウントに訪れる回数が減ってしまうでしょう。

プレスリリース

プレスリリースとは、テレビ局や新聞社マスコミといった「メディア」に対して自社サービスに関する情報を発信することです。自社の新しい情報をメディアに発信することで、有名なニュースサイトに取り上げられる可能性があり、2次拡散に繋がります。そうなれば、自社の価値や信頼性の向上も期待できるでしょう。

しかし、自社が発信したプレスリリースはメディアにとって有益な情報でなければ意味がありません。メディアがニュースに取り上げたくなるような価値のある情報を届けられるように戦略を立てる必要があります。

また、メディアとの良好な関係性の構築も重要です。

セミナー

セミナーを開催したりイベントに参加しましょう。セミナーに参加する人は、何らかの悩みを持っています。テーマに対して興味や関心のある見込み客をターゲットにアプローチできるのがメリットの一つです。

セミナー中に自社サービスの魅力を直接宣伝すれば、終了後にホームページへアクセスしてくれる見込み客が増えます。QRコードを掲載したチラシやパンフレットを配布したり、セミナー中にホームページを紹介してアクセスを直接促すなど、工夫をしてホームページへのアクセスを集めましょう。

また、ターゲットとなる参加者の社名やメールアドレスなどの個人情報を取得できることもあります。

セミナーやイベントは参加者のみにしかアプローチできないため、ホームページ集客を目的にセミナーを開催する際は、より多くの参加者を集めることが大切です。

インフルエンサーマーケティング

SNSで膨大な影響力を持つインフルエンサーに、自社のサービスや商品を紹介してもらいましょう。インフルエンサーマーケティングは、ターゲティングしやすいのがメリットです。

インフルエンサーのファンである多くのユーザーが「〇〇が紹介しているなら購入してみよう」と思い、ホームページにアクセスしてくれるでしょう。インフルエンサーは消費者目線でサービスを紹介してくれるため、自社で宣伝するよりも押し売り感が出にくいのがメリットです。サービスや商品のメリットと合わせてデメリットも上手く表現してくれるため、ユーザーの理解度が増しのちのクレームを防ぐ効果もあります。

フォロワーが多いインフルエンサーほどより多くのユーザーに情報が届けられますが、その分の費用も高額になる傾向があります。

SEO対策で長期的なホームページ運用を

SEO対策で長期的なホームページ運用を

SEO対策をすることで、Googleで検索した際にホームページを上位表示させられます。一度ホームページに掲載したコンテンツは、公開されている以上常に検索サイトに表示されるため、上位表示させることでより長期的な集客効果が見込めるでしょう。

SEO対策を成功させるには時間がかかりますが、将来的に継続した集客効果が発揮できる可能性が大いにあります。

あわせて読みたい

SEO対策による効果

一般的な中小企業のホームページへ集客するためには、SEO対策は必要不可欠です。SEO対策を成功させるためには、ターゲットに対して的確な情報や良質なコンテンツを提供し、同時にホームページの情報を検索エンジンに分かりやすく伝えることが重要です。

SEOが成功すればさまざまなメリットがあります。ここではSEO対策を行った際の具体的な効果をご紹介します。

ユーザーの獲得

ホームページでサービスの購入や問い合わせを獲得するためにはアクセス数を増やさなければなりません。SEO対策は、アクセス数を増やすための基本的な施策です。

検索エンジンを利用するユーザーは、キーワード検索で上位表示されているものから順に閲覧するサイトを検討します。つまり上位表示されていればより多くのユーザーの目に留まるため、アクセス数が増えユーザーの獲得に繋がります。

あわせて読みたい

自社ブランドの向上

SEOでは、正確かつ専門性があるホームページの信頼度を高く評価します。ホームページが上位表示されるのは、検索キーワードに対して有益な回答が掲載されているホームページだとGoogleが判断するからです。多くの関連キーワードで上位表示されれば、ホームページの認知度向上や信頼性の獲得に繋がるでしょう。

高品質なコンテンツの蓄積によって、自社ブランドの評価も向上します。

CVRの達成

ホームページに訪れるユーザーは、情報収集や悩みを解決したいという目的があります。自社のターゲット層となるユーザーの可能性が高いため、広告などで宣伝するよりもCVR(目標達成)に繋がる可能性が高まります。

CVRが高ければ、自社サービスの購入や問い合わせが増え売上を伸ばすことが可能です。

あわせて読みたい

上位表示させるまでの効率的な方法

SEO対策を行いホームページを上位表示させるためにはいくつかの方法があります。ここでは、SEO対策の具体的な方法をご紹介します。

キーワード選定

ユーザーのニーズに合致したキーワードの選定を行いましょう。ホームページを訪れる人はどのような悩みを持ち、どのようなキーワードで検索するか調査を行ってみてください。メインキーワードだけでなく、関連キーワードや複合キーワードも合わせて検討することが大切です。

特定のキーワードを検索するユーザーが多ければ多いほど、競争率は高くなります。検索ボリューム競合度を踏まえて対策を練ることも必要です。サジェスト調査ツールを活用して効率的にキーワード選定を進めましょう。

あわせて読みたい

タイトルの設定

タイトルはユーザーがホームページを訪問するか決めるための重要な判断材料です。ユーザーがクリックしたくなる魅力的なタイトルを設定しましょう。

タイトルには選定したメインキーワードを含める必要があります。検索エンジンは、タイトルや見出しから内容を判断します。検索結果に表示されやすく、アクセス数を獲得するためのキーワードを踏まえたタイトルを付けましょう。

内部リンク構築

ホームページに別のページへ誘導する内部リンクを適切に設置する必要があります。検索エンジンは、内部リンクからページをたどって自社のコンテンツページを巡回します。内部リンクを最適化することで、検索エンジンロボットがホームページを巡回しやすくなるため、Googleのデータベースに登録されやすいサイト構築に繋がります。

内部リンクを設置することで検索エンジンに評価されやすくなり、検索上位に表示される可能性も高まるでしょう。

質の高いコンテンツ制作

質の高いコンテンツとは、ユーザーのニーズに寄り添った有益な情報が掲載されている必要があります。ユーザーの満足度が高いコンテンツでなければ、高品質なコンテンツとは言えません。

合わせて検索エンジンが理解しやすい文章構成が整っていることも重要です。ユーザーからの評価と検索エンジンからの評価でコンテンツの質は判断されます。画像や図を取り入れて読みやすいコンテンツにする工夫が必要です。

あわせて読みたい

ホームページへの集客効果を高めるコツ

ホームページへの集客効果を高めるコツはいくつかあります。どれも集客効果を最大限発揮させるためには重要です。

効果測定と改善

効果測定とは、アクセス解析ツールを活用してWebサイトやホームページのデータを収集し分析することです。アクセス数やページビューセッション数や閲覧端末の比率など、詳細なデータを収集し分析しましょう。分析結果をもとに改善策を検討したり新たな戦略を立てられるため、よりSEO効果の高いホームページとなり集客に繋がります。

競合他社との比較

ホームページ集客を成功させるためには競合他社との比較が必要不可欠です。競合他社のホームページよりも上位を目指すためには、常に自社ページの現状順位と比較検討をしましょう。自社のホームページが競合他社とどれほどの差があるのか把握することで、どの部分が他社と怠っているのか、どこに力を入れるべきか優先度を調整してSEO戦略を立てることが可能です。

あわせて読みたい

長期間運用

ホームページは長期運用が大切です。長期的な運用をすることで、継続的に集客効果が見込めます。ホームページが更新されていなければ、ユーザーの不安感を仰ぐだけでなく自社ブランドのイメージダウンにも繋がりかねません。悪意がある第三者からのサーバー攻撃を受ける可能性もあります。ホームページは常に最新情報へ更新して、長期的に運用していくことで集客効果も持続します。

ホームページ集客会社の選定

ホームページの集客効果を高めるためには、ホームページ集客に強い制作会社に外注することも一つの手法です。ホームページ制作会社に依頼することで、自社で管理や運用のリソースを割く必要がなく、知識がなくてもホームページでの集客効果が期待できます。

ホームページ集客に関して、自社の目的と合致した制作会社の選定を行いましょう。集客が得意な会社もあれば、デザインに自信のある会社、コンテンツ管理システム(CMS)に強い会社など特徴はさまざまです。自社の目的が達成できるホームページ制作会社を選択することが大切です。

めぐみやのWeb広告運用代行

Web広告の成果が伸び悩んでいると感じていませんか?
Google広告正規代理店のめぐみやの専門チームが
効率的な広告戦略をご提案致します。

まとめ

ホームページの集客効果が実感できるまでの期間は、どのような集客方法を実践するかによって左右されます。自社のホームページに対する課題や目標に合わせて客方法を検討しましょう。また、なるべく早くホームページ集客を成功させたいのなら、複数の集客対策を行うことをおすすめします。

この記事のまとめ
  • ホームページの集客効果を実感できるまでの期間は、集客方法によって異なる
  • SEO対策を成功させれば、より多くのユーザー獲得やCVRの達成が期待でき将来的に継続して集客効果が見込める
  • ホームページ制作会社に依頼する際は、自社の目的と合致した会社を選定することで、ホームページ集客効果を最大限発揮できる
Web集客無料オンライン相談
  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない…。
  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない…。
  • Web業者の選定基準が分からない…。
  • Web担当者を社内に雇う余裕がない…。
     

Webサイト運営・Web集客でお困りのご担当者様は是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。
Google Partner認定・Googleアナリティクス認定のめぐみやが、プロの視点で貴社の集客課題に無料でお答え致します。
まずは下記のフォームからお気軽にご相談くださいませ。1営業日以内で返信させていただきます。

    目次

    めぐみやのサービス

    SERVICE

    Web集客・運用・構築でお悩みの方
    事業成長に向けてさらにWebサイトを活用したい方

    めぐみやは、御社のWebサービスの成長にお役にたてるよう誠心誠意努める事をお約束致します。
    まずはお気軽にお問い合わせください。