ホームページを見てもらうには?アクセス数を増やす秘訣9選

ホームページを見てもらうには?アクセス数を増やす秘訣9選

記事の監修

株式会社めぐみや
代表取締役社長

大浦 理

はじめてのWebサイト運用・集客入門」著者

Web集客・マーケティングの専門家として、13年間にわたり厳格な基準と緻密な戦略をもって中小企業の成功を導く。
一時的な集客の手法に頼ることなく、中長期的な効果を持続させる本質的なWeb集客の構築に注力。
『恵ある集客を。』をスローガンに掲げてクライアント様のサービスや商品の核心的な魅力を、的確にターゲットに伝えることを重視したWebサイト運用をサポート。

「ホームページを公開しているがアクセス数が増えない」
「ホームページを制作したが見てもらえていない」
集客のためにホームページを活用できていない」

などとお悩みではありませんか。

ホームページを見てもらうには、閲覧数を増やす条件を満たさなければなりません。集客できないホームページには必ず理由があります。

本記事では、

  • ホームページを見てもらうために必要な条件
  • ホームページを見てもらえない原因
  • ホームページを見てもらうための秘訣9選

を詳しくご紹介いたします。

多くのホームページ運営と改修を行い、Web集客の成功実績を積んだめぐみやが徹底的に解説いたします。ホームページの集客方法を誰にでも分かりやすくご紹介いたしますので、自社のホームページを振り返りながら参考にしてみてください。

この記事はこんな人におすすめ
  • 自社のホームページをより多くの人に見てもらいたい方
  • ホームページを広める具体的な方法を知りたい方
  • ホームページで集客を成功させたい方

ホームページを見てもらうために必要な条件

ホームページを見てもらうにはどうすれば良いでしょうか?ホームページへのアクセス数獲得に成功している企業には、必ず当てはまる条件があります。ホームページを見てもらうために必要な条件は以下の3つです。

目的とターゲットの設定

ホームページを見てもらうには、目的とターゲットの設定が必要不可欠です。目的やターゲットの設定をしていなければ、自己満足のホームページを公開していることになります。

ホームページを訪問する読者は「商品の情報を得たい」「サービスを検討したい」など何かしらの目的があり検索をしています。そんな読者に向けた情報提供ができていなければ、ホームページのアクセス数は増えないのです。

まずは誰に向けてのホームページなのか一目で分かるWebサイトを目指しましょう。目的とターゲットを設定すれば、どのような情報を発信するべきか、どういったデザインにするべきかが明確になるでしょう。

ホームページを見てもらうには、目的とターゲットの設定を正確に行い、それに合わせて集客戦略を立てることが大切です。

あわせて読みたい

継続的なホームページ運用

ホームページを見てもらうには継続的なホームページ運用が必要です。ホームページを継続的に運用しなければ、情報が古くなり読者がホームページを訪問しなくなります。機能されていないホームページと判断されてしまうと、検索順位にも影響が出るためアクセス数が減る原因にもなります。また、突然ホームページが見られなくなるといったトラブル発生の可能性も出てくるでしょう。

継続的なホームページ運用を行うために、社内でホームページの担当者や責任者を明確にしておきましょう。誰がホームページを管理して、誰が更新するのか担当者を設定することで、効率よくホームページ運用が行えます。

あわせて読みたい

ホームページ集客の知識

ホームページを見てもらうには集客の知識が必要です。ただホームページを公開しているだけではアクセス数は増えません。ホームページ集客に成功している企業は、アクセス数を増やすための戦略や対策を立ててホームページ運用を行っています。

ホームページ集客の知識を身に付け、正しい対策を立てて集客戦略を遂行することがアクセス数を増やすコツとなります。

あわせて読みたい

ホームページを見てもらえない原因

「ホームページを公開したのになかなか見てもらえない」と感じている方は、まず要因を調べてみましょう。ホームページを見てもらえない原因は、以下の5つの中にあるかもしれません。

ターゲットが絞れていない

ホームページ制作においてターゲットが絞れていなければ、アクセス数は伸びません。ホームページを読んでほしいターゲット顧客が「個人」なのか「法人」なのかで掲載するコンテンツの内容は異なるでしょう。また、「男性」なのか「女性」なのかによってどういったデザインにするかも大きく変わってきます。

どんな人にも届くホームページにしたいという気持ちは分かりますが、ターゲットを絞らなければ掲載すべきコンテンツが不明確になります。顧客が満足する情報提供ができなければ、逆に誰の心にも響かないホームページとなってしまうでしょう。

ターゲットを絞ることで読者が求めている情報や価値の提供が可能となるため、ホームページの滞在時間も自然と長くなります。反対にホームページの滞在時間が短く、読者がすぐに離脱してしまうページは、SEOにとっても悪影響をもたらす原因なのです。訪れた人が満足できるホームページ制作を意識しましょう。

情報量が少ない

ホームページの情報量が少ないと、読者は求めている情報が得られないためすぐに離脱してしまいます。すべての情報を掲載していると思っていても、読者にとっては不十分かもしれません。自社の商品やサービス内容に不足している情報はないか今一度見直してみましょう。

ホームページを見てもらうには、より多くのコンテンツを掲載することが大切です。ただし、やみくもに多くのコンテンツを掲載するだけでは意味がありません。品質の低いコンテンツページを増やすことは、SEOにとって逆効果となります。読者が欲しい有益な情報および専門性の高い内容のコンテンツ制作を行いましょう。

高品質なコンテンツが多いほど、Webサイトの評価が高まるため検索順位に良い影響をもたらします。いくら有益な情報が載っているページでも、全ての情報を読み尽くした読者は再びホームページにアクセスしようとは思いません。一度ホームページにアクセスしただけでは読み尽くせない量のコンテンツを掲載すると良いでしょう。

コンテンツ内容を充実させることで、新規顧客とリピーターの獲得に繋がります。

あわせて読みたい

更新されていない

ホームページを更新していなければ、閲覧数は増えません。ホームページを訪れる読者は、常に最新情報を求めています。つまり最新情報へ更新されていないページに訪問しても意味がないため、リピーター獲得ができません。ホームページのコンテンツは定期的に見直し、最新情報へ更新しましょう。

ホームページの更新には各種ツールのアップデート作業も含まれます。例えば、ドメインやサーバーには有効期限があるため更新作業を行わなければなりません。ドメインが失効してしまうと、二度と同じドメインは使用できません。また、サーバーの有効期限が切れてしまうとホームページにアクセスできなくなります。いつの間にかWebサイトが見られないといったトラブルを引き起こさないように気を付けましょう。

ホームページは公開した後も細かな改善や更新を行う必要があります。

競合他社の分析をしていない

競合他社のサイト分析は行っていますか?ホームページを見てもらえないのは、競合他社に顧客が流れていることが原因かもしれません。自社のホームページと競合他社のページを分析し、戦略を立てることは大切です。

競合他社の商品やサービスの特徴、自社とのターゲットの違い、どの市場を狙ってどんな施策を打ち出しているかを探ることで、自社のポジションを明確にできます。自社が売り込むべき訴求ポイントや、ホームページに掲載すべき情報が見えてくるかもしれません。

また、競合他社のコンテンツや記事をリサーチし、自社に足りない情報はないか探求しましょう。検索上位に表示されている記事を分析し、自社との違いを知ることで有力なコンテンツ戦略が立てられます。

競合他社の分析を行い、自社のホームページに反映させることが集客を成功させるコツです。

あわせて読みたい

サイトが使いにくい

自社サイトは、読者にとって使いやすい構成になっているでしょうか。Webサイトそのものが使いにくければ、読者は情報を探す前に諦めて離脱してしまいます。例えば、どれだけ有益な情報が多く掲載されていたとしても、内容が整理されておらず乱雑なサイトになっていたら読者はストレスを感じてしまいます。また、サイトの表示速度や動作が遅ければ訪問者はすぐに他のサイトを探してしまうでしょう。

ユーザーが求める情報にスムーズに到達できないページは、検索エンジンからも良い評価を受けません。

ホームページを広める方法

ホームページを広める方法

ここからは、ホームページを広める方法を具体的にご紹介します。ホームページを見てもらうには、以下の対策を取ることが大切です。

あわせて読みたい

Googleへ登録

ホームページを多くの人に見てもらうには、Googleへの登録が必要です。Googleの検索結果に表示されれば、ユーザーの目に止まる確率がかなり高くなります。Googleの検索結果に表示されるためには、正しく登録手続きを行いましょう。Googleへの登録自体は無料で行えるため、まだ登録をしていない場合はすぐに手続きを行ってください。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは、誰でも無料で利用できるアクセス解析ツールです。読者がホームページにアクセスしてからの動きを分析できます。ホームページ上でどのようなページをみているのか、お問い合わせに繋がった確率、広告の効果などを分析する役割があります。

Googleアナリティクスを活用すれば、読者の行動が分かるためホームページの改善に繋げることが可能です。

Googleサーチコンソール

Googleルサーチコンソールは、ホームページの掲載順位を測定できる無料ツールです。読者がホームページにアクセスする前の動きを分析できます。Google検索専門なので、Yahoo!での検索エンジンの情報は分析できません。読者がどのようなキーワード検索を行ったのか、リアルタイムの掲載順位を特定できます。

Googleサーチコンソールを活用すれば、検索上位に表示されない原因を探求し、上位表示されるための対策を行うことが可能です。

Googleビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィールは、Google検索やGoogleマップに自社の情報を表示できる無料ツールです。自社の基本情報や写真、ロゴを掲載することで自社の特色を伝えられます。Googleビジネスプロフィールは、Googleマップに表示されるだけでなく、Google検索結果にも優先して表示されることもあります。顧客との交流が図れることが特徴です。

顧客はホームページよりも素早く情報を閲覧できるため、新規顧客獲得の可能性が高まることがメリットです。

あわせて読みたい

SEO対策

ホームページをみてもらうには、SEO対策を行うことが必須です。SEO対策を行えば、効率的にホームページへの集客獲得に繋がります。SEO対策を行うためには、まず検索エンジンの仕組みを理解する必要があります。

SEOとは「検索エンジン最適化」の意味を持ちます。検索結果でホームページが上位表示されれば、多くの人にクリックされる可能性が高いため集客効果が得られます。

検索エンジンで自社のホームページが表示される順位は、Googleの基本的方針から成り立っています。Google検索では「ユーザーが使いやすい」「ユーザーにとって役立つ」いわゆる「ユーザーファースト」の考え方が前提です。ユーザーが求めているホームページだとGoogleに認識されることが、検索上位に表示される条件となります。

あわせて読みたい

被リンクを増やす

ホームページへ被リンクを増やすのも、アクセス数をアップさせる方法です。被リンクとは、外部のWebサイトに自社のホームページへのリンクを貼ってもらうことです。ただし、やみくもにリンクを増やすことではありません。「良いリンク」を増やすことが集客向上の鍵となります。

自社のホームページに、外部のWebサイトと関連のある情報が掲載されていれば、専門性や信頼性が高いページだとGoogleから評価されます。ユーザーが自然に貼ったリンクが、「良いリンク」なのです。関連性の低いサイトからのリンクや隠しリンク、購入した不自然なリンクは、悪いリンクと評価されペナルティを受ける可能性もあります。

SNSを利用

SNSを合わせて利用するのもホームページを広める手段となります。SNSには、Facebook・X・Instagramなどさまざまな種類がありますが、自社のターゲットに届きやすいSNSツールを選択することが大切です。

例えば、個人の方に見てもらいたいのか、法人の方々に見てもらいたいのか、どんな世代の方に届けたいのかによってSNSツールを使い分けましょう。顧客にとって魅力的なコンテンツをSNSに投稿することでフォロワーが増え、さらに多くの方に知ってもらえる可能性があります。一度世の中の話題となれば、一気に認知度が上げられるかもしれません。

ブログを活用

ホームページを広めるには、ブログも活用しましょう。ホームページと関連したブログを作成し、自社のホームページの情報を掲載します。作成したブログのページから、自社のホームページへ訪問する人が増えるように意識しましょう。ターゲットが「もっと情報を知りたい」と思うような書き方をする必要があります。

Shopifyブログをご存知でしょうか。Shopifyブログとは、ECプラットフォームの一つです。デザイン性が高く、高機能で使いやすいため世界で最も利用されています。Shopifyブログを開設すれば、スマホでも気軽に記事投稿や編集が可能です。商品ページで自社商品の魅力をアピールすることで、ホームページへの訪問者を増やし購入を促す効果もあります。

あわせて読みたい

Web広告を出す

Web広告を出すこともホームページを広める方法の一つです。Web広告は有料の集客手段にはなりますが、確実な効果が期待できます。テキスト表示での広告や、バナー広告、顧客がクリックしたら課金される広告や、顧客へ表示された分課金される広告など多くの形式が存在します。

自社の予算やサービス内容、目的に応じてWeb広告の種類を検討することで、より効果的な成果を上げることが可能です。

あわせて読みたい

多くの人にホームページを見てもらうための秘訣9選

ここからは、多くの人にホームページを見てもらうための秘訣をご紹介します。ホームページ運用を行っているのにアクセス数に伸び悩んでいる企業の方々は、ぜひ以下に紹介する秘訣を取り入れてみてください。

あわせて読みたい

コンテンツの強化

コンテンツの強化は、ホームページの閲覧数を増やす非常に重要な要素です。いくら魅力的なデザインで、分かりやすく整っているホームページでも、欲しい情報が載ってなければ読者はすぐに離脱してしまいます。コンテンツの強化には、以下の3点を意識して行いましょう。

あわせて読みたい

ユーザーの役に立つコンテンツ

訪問するユーザーの役に立つコンテンツを意識しましょう。キーワード検索するユーザーがどのような情報を求めているか、どのような悩みを持ってキーワードを検索しているか考えてみてください。ユーザーが欲しい情報が必ずあります。

どんなに多くの有益情報が載っていたとしても、ユーザーが興味を持つコンテンツでなければいけません。訪問したユーザーの目を惹くコンテンツにするためには、リード文で適切に記事全体の内容を説明する必要があります。「このコンテンツを読んだら情報が得られる」と思われるようなリード文を考えましょう。ユーザーに読み進めてもらうための情報の打ち出し方を考えることも大切です。

コンテンツの量を増やす

コンテンツの量を増やすと、SEOの強化にも繋がります。ユーザーにとって魅力的なコンテンツが掲載されていたとしても、すぐに読み終わってしまう量であれば、ユーザーは再びホームページに訪問しようとは思いません。

コンテンツを増やせば、ユーザーは「また後で見直してみよう」とWebサイトをブックマークに登録するかもしれません。何度も訪問したくなる量のコンテンツを掲載することで、新規顧客だけでなくリピーターの獲得にも繋がります。

高品質なコンテンツ

高品質なコンテンツとは、専門性が高くオリジナル性も兼ね備えたコンテンツになります。専門知識を伝える上で、ユーザーが分かりにくいと感じてしまう場合も少なくありません。自分達が当たり前だと思っていることが、検索するユーザーにとっては難しく、記事を読むのを諦めて離脱する場合もあります。ターゲットに対して分かりやすい情報の打ち出し方を考えましょう。

また、オリジナル性のあるコンテンツにすることで、他社との差別化を図れます。自社の独自性を加えたコンテンツを掲載することで、ユーザーに面白いと感じてもらえれば、ホームページにある別のコンテンツも読んでもらえる可能性があります。

あわせて読みたい

定期的な更新

多くの人にホームページを見てもらうために、定期的な情報更新を行いましょう。時間の経過によって情報は変化します。ユーザーは最新情報を求めているため、公開している情報が古くなっていないか見直しましょう。一度掲載した情報をリライトすることで、SEOでも良い評価に繋がります。

日常的に情報更新をしていれば、万が一間違った情報を掲載してしまった時もスムーズな対応が可能です。

アクセス解析

ホームページのアクセス解析を行いましょう。ホームページに訪問したユーザーのデータを分析することで、ホームページを見てもらうための改善点を見つけることが目的です。まずホームページの現状を把握し、なぜ成果が出ないのか仮説を立てましょう。ユーザーがページを離脱する原因は何か、商品が売れない要因は何かを探ることで、改善策が見えてくるかもしれません。

ユーザビリティーの向上

ユーザビリティとは、使い勝手が良くユーザーの満足度が高いホームページにすることです。使い勝手が良いWebページとは、単に見やすく分かりやすいだけではありません。例えば、お問い合わせするためのボタンが分かりづらい、メニューの中に飛びたいページ項目がないと感じれば、使い勝手の良いページとは言えません。初めてホームページを訪れたユーザーが迷子にならないようなレイアウト設計、ユーザーがストレスを感じないサイト構成になっているか見直してみましょう。

スマホ対応

ホームページを検索するユーザーは、必ずPCで閲覧しているわけではありません。むしろスマホでWebサイトを閲覧するユーザーのほうが多い傾向にあります。単にホームページをスマホで見れることが「スマホ対応」ではないため注意してください。スマホ対応とは、スマホ画面に合わせた画面幅やサイズで表示されるなど、いわゆるモバイルフレンドリーを指します。スマホでも操作しやすいホームページであれば、より多くの人にホームページを見てもらえます。Googleが推奨しているレスポンシブデザインにすると、あらゆるデバイスに応じて画面幅が自動調節されるためおすすめです。

デザイン

ホームページのデザインを見直してみましょう。デザインは自社のブランドイメージに合った配色やアニメーション、キャッチコピーを意識してみてください。ただ単に自社が制作したいデザインになっていないか、担当者がお気に入りのデザインになっていないか見直しましょう。

デザインは訪問したユーザーのファーストインプレッションに大きく左右します。狙っているターゲット層によっても連想させるイメージは異なるため、ユーザーに刺さるデザインを検討してみましょう。

あわせて読みたい

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像もホームページ集客に影響します。アイキャッチ画像とは、Webページの上部に設置されている画像のことです。アイキャッチ画像は、サイトを訪問したユーザーの注意を引き、興味を持ってもらう目的があります。画像の品質が低かったり、統一感がない画像では効果がありません。ターゲットの視覚にダイレクトに伝わるインパクトが高いアイキャッチ画像を制作しましょう。デザインが思いつかない場合は、専門家に依頼したほうが効率的かもしれません。

よくある質問の掲載

ホームページに「よくある質問」を掲載しましょう。よくある質問は「サイトにアクセスするユーザーがよく見るページ」になります。ユーザーが感じた疑問点を自己解決してもらうだけでなく、自然と自社が伝えたい情報を届けられる利点もあります。また、すぐに疑問点が解消できることで顧客満足度が向上し、商品やサービスを長く利用してもらうきっかけとなるでしょう。

実績や事例の掲載

ホームページに実績や事例を掲載することで、コンバージョン(成果)の達成に繋がりやすくなります。ターゲットが商品やサービスをイメージしやすくなり、情報の説得力が増します。実績や実例が蓄積されれば、信用性のある企業だと認識してもらえるでしょう。他社との比較もしやすくなるため、差別化を図る目的もあります。

めぐみやのWebサイト制作

効果的なWebサイトを作りたいけれどどうすれば良いかお悩みではありませんか?
集客と運用の実績を活かし御社ビジネスの成果に直結するWebサイトを構築致します。

まとめ

ホームページを見てもらうには秘訣があります。まずはホームページを見てもらえない原因を追求し、改善点を見つけることが大切です。ホームページの閲覧数を増やすためには、更新を怠らず継続したWebサイト運用を行いましょう。集客方法の基本的な知識を理解し、正確に分析を行い、正しい戦略を打ち出すことが鍵となります。

本記事でご紹介した9つの秘訣がホームページの閲覧数を増やすきっかけとなれば幸いです。ホームページにおける具体的な分析と解析を行う担当者がいない、施策を検討するリソースが足りないという企業の方は、専門家に依頼したほうが効率的かもしれません。めぐみやでは、御社の企業イメージやサービスに沿った提案が可能です。ぜひ、めぐみやの実績と実例も参考にしてみてください。

この記事のまとめ
  • ホームページを見てもらうには継続的な運用と正しい集客知識を身につけることが必要
  • ユーザーの役に立つコンテンツを増やすことが、ホームページの閲覧数を増やす
  • ユーザーファーストの考え方を意識したデザインとWebサイト構成で他社との差別化を図る

めぐみやのWeb集客コンサルティング

Webサイトを活用して売上と利益向上を目指しませんか?
めぐみやが集客からサイト運営まで一貫してサポート致します。

Web集客無料オンライン相談
  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない…。
  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない…。
  • Web業者の選定基準が分からない…。
  • Web担当者を社内に雇う余裕がない…。
     

Webサイト運営・Web集客でお困りのご担当者様は是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。
Google Partner認定・Googleアナリティクス認定のめぐみやが、プロの視点で貴社の集客課題に無料でお答え致します。
まずは下記のフォームからお気軽にご相談くださいませ。1営業日以内で返信させていただきます。

    目次

    めぐみやのサービス

    SERVICE

    Web集客・運用・構築でお悩みの方
    事業成長に向けてさらにWebサイトを活用したい方

    めぐみやは、御社のWebサービスの成長にお役にたてるよう誠心誠意努める事をお約束致します。
    まずはお気軽にお問い合わせください。