ホームページの運用ルールとは?運用費用や注意点まで詳しく解説

ホームページの運用ルールとは?運用費用や注意点まで詳しく徹底解説

記事の監修

株式会社めぐみや 代表取締役社長

大浦 理

Google PartnerGoogle Partner 認定

Web集客・マーケティングの専門家として、13年間にわたり厳格な基準と緻密な戦略をもって中小企業の成功を導く。
一時的な集客の手法に頼ることなく、中長期的な効果を持続させる本質的なWeb集客の構築に注力。
『恵ある集客を。』をスローガンに掲げてクライアント様のサービスや商品の核心的な魅力を、的確にターゲットに伝えることを重視したWebサイト運用をサポート。

インターネットとスマートフォンの普及により、企業にとってホームページを運用することが当然の風潮にもなってきています。そのような中、「ホームページってどのように運用していけばいいのか?」「始めようにもどこから始めていいのか?」と迷っている企業の担当者も少なくないでしょう。

ホームページを運用するには、3つのポイントを知っておく必要があります。

  • ホームページ運用に必要な作業
  • ホームページ運用における注意点
  • ホームページ運用にかかる費用

上記にあげた3つのポイントを知っておくことで、企業に必要な人的コストや時間的コストも見えてくるでしょう。この記事では、ホームページの運用を考えている企業のWeb担当者に向けて、運用のヒントとなるポイントについて紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • ホームページの運用について知りたい方
  • ホームページを運用するメリットを知りたい方
  • ホームページの運用するポイントを知りたい方

目次

ホームページを運用すること

ホームページの運用するにあたって、知っておくべきポイントを説明する前に「ホームページを運用する」ことについて、どのような役割と効果を期待できるのか見ていきましょう。

フロントエンドとバックエンドの運用業務がある

ホームページの運用業務は、主に「フロントエンド」と「バックエンド」の2つに分けることができます。

フロントエンドの運用業務では集客施策をメインで行います。常に最新の情報を更新し続けることで、ホームページを利用するユーザーの獲得を目指します。一方バックエンドの運用業務では、サーバー周りのインフラ整備を行います。ユーザービリティの維持・向上を目指し、利用しやすいホームページ環境を作り上げることが目的です。

では、それぞれの詳しい業務内容について見ていきましょう。

ホームページ運用におけるフロントエンド業務

フロントエンドの業務内容におけるキーワードが「SEO」です。フロントエンドの運用業務は、主にこのSEOの対策を行っていくことが重要となります。

SEOとは、日本語で「検索エンジンの最適化」といいます。SEO対策に取り組むことで、検索エンジンでの表示順位を上昇させられます。上位表示されれば、新規ユーザーの獲得も含めた多くのアクセス数が期待できるのです。

具体的なSEO対策の方法としては、こまめなコンテンツの更新や追加、ターゲットユーザーの検索キーワードに合ったコンテンツの更新などがあります。どれも長期にわたって取り組む必要がある運用方法となるため、成果を実感するまでには時間を有する場合も考えられます。

作成したコンテンツを多くのユーザーの目に触れさせるためには、集客業務に取り組むことも大切です。フロントエンドの運用業務の一環である集客業務は、現在様々な方法で取り組まれています。

最も一般的な集客方法と言われているのが「広告運用」です。リスティング広告やディスプレイ広告など、インターネットを利用する人に対し文字や画像で宣伝できる方法は、自社ホームページに多くの人を誘導するために非常に有効です。

他にも、地域で検索流入を狙う「MEO対策」や「SNS運用」などの集客方法があります。

このようなフロントエンドの運用業務は、ホームページのユーザーを増やすことを目的としています。ユーザーの目に触れる部分を改善・構築していき、ホームページのクオリティを高めていくことが仕事です。

ホームページ運用におけるバックエンド業務

バックエンドの運用業務は、ユーザーから見えない部分であるインフラ整備やトラブル対応などを担います。

例えば、ホームページ運用のために必要不可欠であるドメイン・サーバーの定期的な契約更新や、SSLサーバー証明書の更新などを行っています。ユーザーからの信頼を高めるためには、これらの業務に取り組まなければなりません。特に、SSL化についてはSEO評価にも関わるため、忘れずに着手する必要があります。

他にも、ホームページの更新やコンテンツの追加を行うためのシステム「CMS」のアップデートやトラブル対応、データのバックアップなど、ユーザーが快適にホームページを利用するために必要な業務を担います。

快適なホームページ環境を維持するためにも、このようなバックエンド運用業務は欠かせません。

あわせて読みたい

自社独自で情報発信する

ホームページを運用することは、自社の紹介も含めて独自の情報発信を行うことです。ホームページの内容を客観的にインターネット上で評価されることになります。

つまり社内で評判が良くても実際の検索ユーザーから見たら、自社の取り組みに対して「未知の部分」が見えてくるかもしれません。ホームページを運用することは、自社の都合よりもインターネットユーザーの立場になったユーザー目線での評価が基準となります。

自社の販売チャネルの確立

ホームページの運用は、自社の発信する販売チャネルの1つとなるでしょう。実店舗の販売チャネルとなると物理的な負担に左右され、コスト面に影響されやすくなります。

その点、ホームページの場合はインターネット上で無数の可能性を持って拡大していくことも考えられるでしょう。自社の商品やサービスなどを必要とするニーズの高いユーザーとの接点が持てれば、販売チャネルの大きな成長も期待できるからです。

自社サービスの認知拡大

ホームページの運用は、将来的にも大きな販売チャネルとなる可能性を秘めているため、自社の認知拡大のきっかけとなります。ホームページを通して企業が想定していなかった属性ユーザーの発見や、新しい活用事例をWeb上で展開する検索ユーザーの行動体験によって、新しい価値の発掘も可能です。

以上のように、自社サービスの向上に繋がり認知拡大が期待できる販売チャネルとなるのがホームページの課題となります。

費用対効果の高いブランディングを実現

自社サービスの認知拡大を実現となるホームページは、同時に費用対効果の高いブランディングも形成できます。通常、ブランディングを強化する場合は広告費を掛けてテレビコマーシャルや新聞雑誌などで自社ビジネスを宣伝する方法が考えられるでしょう。ホームページを運用した場合は、将来的に認知拡大されると同時に「〇〇といえば企業名」と定着されるブランディングを実現できます。このブランディング自体を広告費を掛けずに実現できる点が費用対効果の高い施策といえるでしょう。

あわせて読みたい

ホームページに運用が必要な理由

ホームページは、企業や個人が自分自身を世界に紹介するデジタルな名刺とも言えます。しかし、多くの方がホームページを一度作成したらそれで完了と誤解をしています。実際には、ホームページは「作成」と「運用」の両方が非常に重要です。

常に変わるトレンド

まず一つ目の理由は、インターネットのトレンドや技術が日々進化しているからです。昨日まで効果的だったデザインやコンテンツが、明日には古くなる可能性もあります。進化するトレンドに合わせて、ホームページもアップデートが必須です。

SEO対策

次に、先述しましたSEO(検索エンジン最適化)も運用が必要である大きな理由です。Googleなどの検索エンジンは定期的にアルゴリズムを更新しています。そのため、運用を怠ると検索順位が下がり、結果的に集客に大きな影響を与える可能性があります。SEO対策は継続的な対策が必要です。

ユーザー体験

最後に、ユーザー体験(UX)の向上も運用を通じて実現します。例えば、使い勝手が悪いと訪問者はすぐに離脱してしまうでしょう。そのため、ユーザーの行動データを元に継続的な改善を行うことが重要です。良いユーザー体験は良いビジネスを生むことに繋がります。

ホームページを運用するメリットとは

ホームページを運用すると、企業はどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。ここでは、ホームページを運用することで得られるメリットについてご紹介いたします。

自社製品の販売促進

SEO対策や集客など、戦略的で有効なホームページ運用は、自社製品の販売促進につながります。自社のホームページに多くの人が訪れれば、その分製品やサービスを多くの人に知ってもらえます。すると、集客力や販売力の強化に繋がるでしょう。

ホームページに製品やサービスに関するコンテンツを掲載すれば、24時間いつでも宣伝できる広告として活用できます。コンテンツを通じて製品やサービスに興味を持ってもらえれば、顧客獲得やさらなる宣伝のチャンスに繋がる場合もあるでしょう。

現代は、チラシなどの紙媒体を利用したオフラインの宣伝よりも、ホームページを活用したオンラインの宣伝が有効であり、大きな成果を得やすいのです。

あわせて読みたい

顧客満足度の向上

自社製品やサービスを利用する顧客の満足度を高めるためにも、ホームページを活用できます。

近年はホームページに問い合わせ用のメールアドレスやメッセージボックスを設置している企業も多いです。これらのアドレスなどは、顧客が製品に関する疑問や不満を直接企業に相談することに活用されています。

例えばアパレル事業の場合、通販を利用して服を購入した際、注文した製品と色やサイズが違うなどの事情があれば、ホームページから手軽に返品・交換対応を行うことができます。迅速な対応は企業の信頼を高めるでしょう。

また、新商品についての情報を知りたいときは、その製品を販売している会社の公式ホームページを確認するでしょう。定期的なコンテンツ更新を行っている企業であれば、顧客もそのホームページの情報を信頼しやすくなります。

製品やサービスの使い方について発信するのも有効です。ユーザーが知りたい情報を掲載することは、顧客満足度を高めます。

ホームページを正しく運用できれば、顧客の満足度や製品・サービスへの信頼を高めることが可能です。自社の製品やサービスの価値を高めたいとお考えの場合は、ぜひホームページ運用に取り組んでみてはいかがでしょうか。

企業の信頼度向上

コンテンツを定期的に更新することで、企業としての信頼を高められます。

製品やサービスの正しい情報を公式ホームページで確認しようと考えた時、最終更新日が何年も前だったら、その企業に対するイメージはあまり良くないでしょう。

逆に、製品・サービスに関する説明や新商品の紹介、事業内容など事細かに分かりやすく紹介されていれば、企業への信頼度や安心感は高まります。

ホームページの運用は、企業の信頼度を向上させるためにも大切です。

ホームページへの集客アップ

ホームページを継続的に運用していくことで、集客力が向上します。ユーザーがキーワード検索をするたびにホームページが検索表示されるため、時間や場所に関わらず24時間365日集客が可能です。ユーザーは悩みを解消するために検索エンジンを利用するため、自社のホームページに興味を持つ可能性が高いでしょう。また、ターゲット一人一人に対して営業をしなくても、潜在顧客や見込み顧客の獲得に繋がります。

より多くのユーザーにホームページへアクセスしてもらうため、有益な最新情報を常に発信し続ける必要があります。

ホームページ運用に必要な作業

ここでは、ホームページを運用するにあたって具体的に必要な業務をご紹介します。

コンテンツ情報の管理業務

ホームページ運用では、コンテンツとなる情報を収集したり、収集した情報を精査したりする管理業務が必要です。情報管理業務では、情報一つ一つのソース元を明確にし、情報内容の専門性や正確性があるか判断が求められます。収集した情報の中には、関連性の低い情報や将来的に必要となる情報もあるでしょう。

そのため、情報を目的ごとに振り分けたり、不要な情報を排除することも必要です。この段階の業務は、ホームページを運営する企業のビジネス見識が重要となるため、自社のリソースで取り組むことが理想です。ただし、検索エンジンに向けた判断は客観的な見解が重要となるため、専門家の意見も参考にすると良いでしょう。

ホームページ更新業務

ホームページはアップロードしたら完了ではありません。検索エンジンに評価してもらうためには、ホームページを常に最新の状態へ更新する業務があります。掲載情報を差し替えて最新情報を追加したり、文章や画像の修正を行ったり、その環境の変化に合わせたアップデートが必要です。

ドメイン、サーバー契約の管理

ドメインやサーバーは有効期限があるため更新作業が必要です。契約の更新を行わなければ、ホームページが表示されなくなる可能性があります。また、ドメインが無効化され一定期間を過ぎてしまえば他の人に利用される恐れもあるでしょう。一度登録されたドメインが廃止されると、ドメインを再登録するのは非常に難しいです。二度と同じドメインを使用できなくなる可能性が高まります。

どの会社のサーバーやドメインを使用しているのか、また誰が更新や支払いをするのか、自社での管理方法を明確にしておきましょう。

問い合わせ対応業務

自社ホームページに「資料請求」や「問い合わせフォーム」などを設置している場合は、顧客からの問い合わせ対応が必要です。問い合わせ対応業務のワークフローができていれば問題ありませんが、行き当たりばったりになってしまうと、1件の問い合わせで余計な業務負担が掛かるため注意が必要です。

問い合わせ対応業務をフロー化する場合は、大きなテーマから振り分けて担当を明確にしておきましょう。例えばWeb担当者の範囲で解決できるレベルの問い合わせと、他部署または社外などへの確認が必要な問い合わせを振り分けると効率的でしょう。

トラブル時の対応業務

「いきなり自社のホームページが見れなくなってしまった」「突然エラーが発生した」などのトラブル対応業務も必要です。サーバーやプログラムの問題なのか、人的な原因なのか見極められる専門的な知識が求められるでしょう。

エラー状態を放置しておくと会社が倒産したと思われたり、検索エンジンにも悪影響が出る恐れがあります。トラブルに迅速な対応ができるスキルを身に付けておくのが一番ですが、部署の移動などで担当者が代わることもあるでしょう。万が一の場合に備えてトラブル発生時の対応マニュアルを作成しておくことがおすすめです。

社内要望の管理業務

自社のホームページ運営をする担当者は、社内で上がってきた要望をまとめて管理する業務にも携わります。Web担当者が社内で一人しかいない場合は、各部署から上がってきたホームページへの要望に優先順位を付けて対応しなければなりません。内容によっては専門知識や経験が不足していて、外部の専門業者へ依頼が必要な場合もあるでしょう。

SNS連携業務

ホームページの運営では、SNSと連携する業務も必要です。企業アカウントを取得して企業活動の取り組みを発信したり、必要に応じてSNS広告を出稿します。SNSを選定する際は、自社のビジネスに合った媒体を選ぶことが大事です。

保守管理業務

ホームページを運用するには保守管理業務も必要です。例えばサーバー環境やページの品質チェックが挙げられます。顧客との接点となるユーザーフォームに関しては、個人情報の安全面への理解も求められるでしょう。最近では、クラウド環境を利用したオンラインサービスを介する電子契約が主体となっています。

また、本人確認もスマホと連動した2段階チェックが主流となっています。自社で用意するオンラインサービスの入力フォームなどは、個人情報への安全性の観点からも細心の注意が必要です。

アクセス解析・分析・修正・施策提案業務

ホームページの運用にはアクセス解析、データ分析、ページ修正、新規施策立案が必要です。ホームページ全般の状況理解と、分析結果による戦略的判断力が求められます。

ホームページ運営は掲載している情報をそのままにせず、施策を立ててコンテンツ化する必要があります。新しい施策をコンテンツ化したら、ホームページに追加・更新して反応を確かめてみましょう。Web担当者は、制作後もホームページの定期的なコンテンツ追加・更新に務めることが大切です。

広告との連携運用業務

ホームページの運用を開始したからといって何もしないままでは、多くのユーザーに訪問してもらえません。そのため、初期段階ではリスティング広告などの有料広告を活用して多くのアクセス数を集める必要があります。

インターネット上で多くのアクセス数を集めるには、ホームページの運用と広告の運用を連携して管理していく業務が必要になるでしょう。

検索エンジンアルゴリズム更新への対応業務

ホームページを運用していく中で、検索エンジンに対してホームページを最適化していく業務は必須事項です。インターネット上でホームページを露出するためには、検索エンジンのアルゴリズム更新を常に最適となる状態へ対応することが求められます。

Seo的指標のチェック

検索エンジンのアルゴリズム更新は頻繁に実行されています。頻繁に更新されている状況で指標がなければ、ホームページを最適な状態にしておけません。ホームページの運営には、Seo的な指標チェックが必要です。Seo的な指標チェックを日々欠かさずに実行することで、検索エンジンのアルゴリズムの進化に適したホームページへ修正ができます。

Googleアナリティクスの活用

ホームページの運営において、日々の反応を確認できるツールがあります。検索エンジンのGoogleより提供されているGoogleアナリティクスを活用することでホームページにアクセスしてくるユーザーの動向をチェックできるでしょう。Googleアナリティクスは、基本的な機能がほぼ無料で利用できます。ただし専門用語やツールの使い方などは、ある程度使い慣れていなければ理解できない可能性もあります。

サーチコンソールの活用

Seo的な指標は、Googleアナリティクスによる日々のチェックからアクセス数の変化が確認できれば、その要因となるホームページの問題を通知してくれるツールもあります。Googleが提供するサーチコンソールを利用すれば、健全性のあるホームページか確認が可能です。

  • インデックスの状態:検索エンジンへの登録
  • 検索クエリ:ユーザーが実際に検索で使用した語句の組み合わせ
  • クロールエラー:定期的に巡回しているGoogleのロボットが発見する巡回によるエラーのこと
  • モバイル表示エラー:スマホ画面で表示した際の可視性や操作性の不具合を指摘

サーチコンソールで指摘されたエラーをそのまま放置すると、ホームページの評価が落ちてしまいます。そのため、運営担当者は適切な改善を施せることが求められるでしょう。

あわせて読みたい

ホームページ運用における注意点

ホームページ運用における注意点

ホームページを運用するにあたって、注意しておくべきポイントをご紹介します。

更新を怠らない

更新されていないホームページは、状況によって検索エンジンが評価を下げる可能性があります。ホームページ更新は怠らないことが重要です。

更新していないホームページとは

ホームページを更新しないまま放置しておくと情報が古くなります。古くなった情報に対しては、需要が減り訪問者が少なくなるでしょう。掲載している情報が古いだけでなく、変更や刷新により有効ではなくなった場合に、検索エンジンで表示されることが問題となる可能性もあります。

公的な場となるインターネット上ではあらゆる情報が溢れていますが、検索エンジンは情報の正確性や信ぴょう性を重視していることから、間違った情報が掲載されているページを不必要と判断する可能性が高いです。ホームページの更新は重要視しましょう。

評価を下げられると見つけてもらえなくなる

更新しないまま放置しておいたホームページは、検索エンジンから評価を下げられます。その結果、検索結果に表示されない検索圏外のホームページとなるでしょう。検索圏外のホームページは、URLを知る人だけが訪問できる状態です。

わざわざURLを打ち込んでホームページを表示する人は、関係者か過去に利用していたユーザーくらいではないでしょうか。基本的に評価を下げられたホームページは、新規顧客へのアプローチができない存在になります。

ホームページの更新する部分とは

ホームページの評価を下げられないようにする場合は、更新が必要です。ホームページの更新する部分としては、主に新着情報の掲載(最新記事の投入)が考えられます。記事の投入以外には、既存記事(ページ)のコンテンツを深掘りした追記や修正なども効果的です。

また、ホームページ自体のデザインやレイアウト、配置されている部分コンテンツなども使いやすく改善することで評価を高められるでしょう。

ホームページは専門性や独自性のあるコンテンツを検索エンジンから評価されます。そのため、ホームページのテーマキーワードを軸にして、関連キーワードからロングテールSeoを意識してホームページを育てていくことが理想的です。

ロングテールSeoを意識する

ロングテールSeoは、Web集客に有効的な手法になります。専門業者のコンサルに相談してみることがおすすめです。

ロングテールSeoのメリット

ロングテールSeoを採用した場合のメリットは、Web集客する検索市場において競合が少ないことです。競合の多い検索キーワードであれば、検索エンジンの評価を受けて上位表示するために求められるハードルが高くなるでしょう。

ロングテールキーワードであれば、競合が少ない点から上位表示へのハードルも低くなります。だからといって、コンテンツの質を落としてしまうと長期的に安定した集客は見込めないので注意しましょう。

ロングテールSeoのデメリット

ロングテールSeoは、競合の少ない市場で集客のできる施策ですが、競合の少ない分、検索ボリュームも少なくなるでしょう。そのため、検索ボリュームの少ないキーワードの上位表示を複数実現させて、その上にあるビッグキーワードに匹敵するくらいの少ない流入を積み重ねていくイメージが必要です。

ロングテールSeoは、長期目線で継続することで実現する施策と考えられます。

集客が大事なこと

現在のホームページは、過去にあったホームページのように「会社の紹介」だけでは集客に繋がりません。企業のホームページの目的は「集客」です。インターネット上の検索ユーザーのアクセスを集めることが売上に繋がります。

Web集客は専門的な知識や経験に基づいた対応が求められるので、専門業者にコンサル依頼をすることも選択肢の一つです。

Web集客に必要な専門知識とは

Web集客には、専門知識が必要です。専門的な知識とは、検索エンジンから評価を受けるためのテクニック的なSeoや、品質を向上させるコンテンツを作るノウハウなどが挙げられます。

また、企業のビジネスに適したホームページのデザインや、ホームページの訪問者目線で配置する訴求ポイントなども考えられるでしょう。専門知識は短期的に詰め込めるわけではありません。一般的なマーケティング視点をWeb集客に置き換えて、仮説と検証を繰り返しながら分析の上で出た有効な施策を実行します。

Web集客に必要な経験とは

Web集客に必要な経験は、仮説と検証で打ち出した施策を実行して成功または失敗している経験です。ホームページ制作を本業にしている専門家の場合は、失敗例を糧に成功を目指して改善を繰り返します。ホームページは運営元のビジネスモデルや目的の違いがあるため、同じ施策で成功するとは限られていません。

そのため、ホームページ制作から運営までの経験値が高い専門家ほど、過去の取り組みを参考に適切な判断をします。

集客を増やすための手段の検討を必ず行う

ホームページへの集客を効率的に行うためには、取り組む手段について知識を身に付け、自社に合った方法を検討する必要があります。ターゲット層や自社製品・サービスの特徴から、どのような集客方法が適切なのか慎重に選択しましょう。

SEO対策

本記事内でも繰り返しお伝えしている通り、ホームページの集客にはSEO対策に取り組むことが非常に有効です。特に検索エンジンにおける上位表示を目指すSEO対策の場合は、幅広い層の人を対象に集客を行うことが可能です。

取り扱う製品やサービスが、性別や年齢を問わずに使用されるものであれば、SEO対策による宣伝は十分に集客効果を発揮できるでしょう。

コンテンツの最適化やキーワードの選定、定期的なコンテンツの更新など、ご自身で取り組める施策も多いため、開業から間もない時期や資金を節約したい場合にもおすすめです。

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに応じて表示される広告のことです。SEO対策と同様に検索エンジンで上位表示される広告のため、幅広い人を対象とした宣伝がしたい場合は非常に効果的です。

ただし、リスティング広告の場合は宣伝を行うための費用が必要となります。費用相場は1ヶ月20~30万円と言われており、決して安い額ではありません。宣伝効果を実感できますが、費用負担が大きいのがデメリットです。

「宣伝費用を節約したい」「無理なく宣伝を継続したい」と考えている企業の方には、おすすめできません。

あわせて読みたい

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益性が高いコンテンツをホームページ上で提供する集客方法です。

コンテンツマーケティングによる集客は、製品やサービスのターゲット層が明確な場合におすすめです。関心度の高い人に向けて集中的に宣伝が可能となります。

さらに、コンテンツマーケティングを目的に執筆した記事の数々は、その後自社にとっての資産にもなります。価値が高い情報を届けることで、見込み顧客のファン化を目指せるでしょう。

費用負担は少ないですが、ターゲットにとって有益なコンテンツにまで育てるには、長い準備期間が必要かもしれません。また、ターゲットの関心を探るための調査も必要です。

継続的な業務が必要ですが、効果を発揮することができれば集客を成功させられるでしょう。

あわせて読みたい

スマホ対応されているか

現在のホームページにアクセスするユーザーのほとんどがスマホ経由のモバイルユーザーです。そのため、ホームページもモバイルフレンドリー(スマートフォン表示に対応)になっていることが求められます。モバイルフレンドリーに対応させることもホームページ運用において重要な注意点でしょう。

モバイルフレンドリーが重要視される理由

ホームページをモバイルフレンドリーに対応させる理由は何でしょうか?モバイルフレンドリーが重要視される理由は、インターネット利用者の8割以上がスマホ(iPhone含む)経由だからです。検索ユーザーをはじめとして、SNSの利用や動画の視聴なども含めてほとんどのインターネットユーザーがスマホから情報をチェックします。

そのため、ホームページもスマホで表示されることを前提に、画面の見え方や操作性などを重視しなければなりません。モバイルフレンドリー対応の設定は、PCで表示されている状態とスマホから表示される状態をどちらも最適化して表示します。現代のホームページは、ほぼモバイルフレンドリーに対応させておくことがおすすめです。

モバイルフレンドリーであるホームページのメリット

モバイルフレンドリーであるホームページには、インターネットユーザーの8割を占めるスマホユーザーからのアクセスが期待できます。

コロナ禍を経験した現代では、スマホ決済や予約、注文などが主流です。スマホ画面で使いにくいホームページは、数秒で離脱される対象となります。モバイルフレンドリーであることは大きなメリットとなります。

モバイルフレンドリーであるホームページのデメリット

モバイルフレンドリーであるホームページにはデメリットとなる部分もあります。ホームページ運営担当者がPC画面を中心に更新や改善作業をしている場合、PC画面だけで判断してしまうとスマホ画面での表示エラーに気づけないからです。

例えば、企業の新商品開発とともにホームページのデザインを一新した場合、制作時から関わっている担当者がいれば問題ありませんが、担当者が替わっていればスマホ表示の確認を見落とすかもしれません。

モバイルフレンドリー対応は、PC画面用の表示の仕組みとスマホ画面用の表示の仕組みをコーディングによって切り替えています。制作時はトラブルがなくても、更新を積み重ねたりホームページの微調整を繰り返すことで、どこかの設定で不具合が出る可能性もあります。そのため、モバイルフレンドリー対応のホームページは、常にPC表示とスマホ表示のどちらも確認することが重要です。

あわせて読みたい

サーバーやドメインの期限確認

サーバーやドメインの有効期限を確認しましょう。更新案内のメールが届いたら、なるべくすぐに対応するようにしてください。しかし、海外のサービスを利用すると英語でメールが届く場合があります。英語のメールが届くと、迷惑メールと勘違いしてよく確認をせずに削除してしまう方が多いので注意が必要です。自動で迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性もあるため、あらかじめ更新時期は把握しておきましょう。

また、よくあるのがクレジットカードの有効期限切れによって自動更新に失敗するケースです。クレジットカード情報が更新された場合は、ドメインやサーバーのクレジット情報も登録し直すことを忘れずに行ってください。

では、どのようにサーバーやドメインの期限を確認できるのでしょうか?「Whois」では、IPアドレスやドメインに関する情報が確認できます。ユーザーがインターネット上で検索すれば、誰でも登録情報を参照できるサービスになります。ドメインを利用するのなら、Whoisへの情報登録は必要不可欠です。

「JPRS Whois」や「ICANN Lookup」が代表的な検索サイトになります。検索フォームに自社のドメイン名を入力するだけで情報が参照できるため、期限を把握していない場合はすぐに確認してみましょう。

Whoisでは、サーバーやドメインの期限確認に利用されるほか、インターネット上での技術的なトラブルが発生した際に連絡先を把握することも可能です。また、類似ドメイン名を確認したり、商標トラブルに関する問題解決にも役立っています。

目的と予算が見合っているか

ホームページを活用してどれくらいの売上を上げたいのか目的を定めるのは大切です。ホームページ運用をする目的を明確にすることで、達成するまでのコストが予測できます。

「ホームページ運用で毎月〇〇円売上を上げたい」という目的があれば、達成するための目標が決められます。今後達成したい目標売上よりも、ホームページ運用コストのほうが高額になってしまったら意味がありません。デザインを変える、新たなコンテンツを追加するなど、さまざまな施策に対してどれほどのコストをかけられるか予算を確認しながら調整しましょう。

ホームページ集客は効果が出るまで時間がかかります。目的と予算が見合った施策や対策を立てることが大切です。

ホームページ運用にかかる費用

ホームページの運用にかかる費用について解説します。ホームページを運用するにあたって、費用部分は企業にとって重要な判断材料となるでしょう。ホームページを制作し運用までかかる費用を知ることで、自社で制作するか専門業者に依頼するか判断できます。

自社で制作した場合の費用

自社でホームページを制作する場合、最低限必要になる費用がサーバー代とドメイン代です。ドメイン代は、種類にもよりますが1つのドメインで年間1,000円~5,000円ほどで登録できます。

また、Webサイトをインターネット上にアップロードさせるためのサーバー(一般的にはレンタルサーバー)利用料金は、年間5,000円~100,000円ほどになるでしょう。サーバー代の料金に幅があるのは、保守管理やサポート内容によって違いがあるからです。上記に紹介した料金以外では、ホームページ制作に携わる担当者のスキルに左右されます。

制作担当者がサーバー環境やHTMLコーディング、CSSコーディングの専門知識があれば、制作ツールを購入する必要がありません。ただし、自社のWeb担当者が専任で取り掛かる必要性があるほど、ホームページの制作や運用にかかる作業時間の確保が必要になるでしょう。

ホームページは、自分でも製作できます。実際、自社で制作して運用している企業もあります。業者に依頼した場合に比べて、自社でホームページを制作および運用した場合は、一定の知識と分析力、作業時間が必要になってきます。

自社制作によるメリット

ホームページを自社で制作した場合のメリットをご紹介します。自社でホームページを作り運用することで、低コストで実施できる点がメリットとなります。制作会社に委託するとホームページ編集のたびに追加費用がかかりますが、自社で制作すれば更新や編集作業もコストがかかりません。

自社制作によるデメリット

ホームページの自社制作と運用によるデメリットは、費用がかからない分、内製でホームページ制作と運用にかかる作業をすべて実行しなければならないことです。

ホームページの制作だけではなく、運用には「解析・分析・施策・更新・修正」など常にやらなければならないことがあります。自社の人的リソースが十分でない場合は、ホームページの運用途中で挫折してしまう可能性もあるのです。

ホームページ制作業者に依頼した場合の費用

では、ホームページ制作や運用を専門業者に依頼した場合の費用はどれくらいかかるのでしょうか?専門業者に依頼した場合の費用は、依頼内容にも左右されます。参考までにおおよその料金幅の相場を取り上げます。

ホームページ制作にかかる費用相場

例えば、専門業者がテンプレートを活用し、その中でのバリエーションでホームページ制作を依頼した場合は、30,000円~50,000円ほどになります。あくまでテンプレートを活用した必要最低限の情報が記載された初期状態です。

ただし、依頼主によってはデザインやページコンテンツの量に独自性を求めてくる場合もあります。申し込みボタンやユーザーフォームなど機能面も充実させることでオーダーメイド制作になることも考えられます。このような場合は200,000円以上、ホームページの規模によっては1,000,000円以上かかることもあるのです。

また、制作以降のホームページ運用を業者に依頼する場合の費用相場は、月額5,000円~30,000円ほどになります。ホームページの更新や検索結果へのSEO対策に向けた解析など、依頼する内容によって料金が変わるでしょう。

業者依頼によるメリット

次にホームページの運用を業者に依頼する場合のメリットをご紹介します。ホームページの運用を業者に依頼するメリットは、知識と経験と作業時間などをゆだねられる点です。

インターネット事情はリアル社会以上に環境変化が激しく、ホームページ運用担当者にとって必要とされる分析や対応が多くなります。日頃からWebに関する専門知識が求められるため、ホームページの運用業務にかかる作業時間の確保が必要となるでしょう。

そのため、ホームページ運用を業者に任せることで、運用業務にかかる作業時間が不要になることがメリットです。

業者依頼によるデメリット

次に業者に依頼した際のデメリットについて見ていきましょう。業者依頼でホームページを制作、運用してもらった場合のデメリットは、依頼内容に沿って費用がかかる点です。

特に、既に業者が用意しているテンプレートを活用したホームページであれば費用を抑えられますが、依頼主がオリジナル性を求めるとその分の追加費用が必要になります。ただし、専門業者に依頼することで本格的なホームページを運営できます。自社内製で試行錯誤することもなく、効率の良いホームページ運用が可能です。

ホームページ運用を外注する際の注意点

ホームページ運用を外注する際は、3つの注意点に気を付けなければなりません。それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

運用内容と費用について確認する

ホームページ運用を外注する際は、依頼する内容とそれに伴い発生する費用について詳しく確認しましょう。業務開始前に詳細までしっかりと確認しておくことで、スムーズに業務に移ることができます。理想通りのホームページ運用を実現するためにも、イメージのすり合わせは重要です。

外注に必要な費用について、大まかな相場感について紹介します。簡単なコンテンツ修正や月に数回の更新など、負担の軽い業務であれば、2万円程度で依頼できるでしょう。

コンテンツの更新回数が増えたり、アクセスなどの月次レポートや集客アドバイスなど担当する業務が増えれば、その分価格も高くなるため5万円程度の費用が必要となる場合が多いです。

さらに、本格的な集客支援や施策の実施など、ホームページ運用を丸ごと外注するのであればさらに高額な費用がかかります。

ホームページの運用はどこまでも果てしなくこだわることが可能です。どのような方法で自社の製品やサービスを宣伝するのが最適なのか把握し、必要以上にコストをかけることなく効率的に運用していくことが大切です。

契約書を用意する

ホームページ運用を外注する場合は、契約書を作成することがおすすめです。業務開始前に契約書を作成しておくことで、業務内容や費用に関する認識のズレが生じるのを防げます。外注業者とのトラブルを未然に防ぐためにも、契約書を作成しておくことは大切です。

契約書には、「業務内容」「対応頻度」「費用」などの内容を明記すると良いでしょう。これらを明確にすることで、プラン提案や業務の遂行をスムーズに行うことができます。

実績を確認する

ホームページ制作業者の実績を確認しましょう。Webサイト上で実績が確認できない場合は、必ず問い合わせで実績数を聞いてみてください。

ホームページ制作をしてきた実績の数だけでなく、専門家がホームページ制作を開始した時期も確認しておくことがおすすめです。年間で行ってきた作業量が把握できます。

過去に自社サービスの業界に対して実績があり、業界に関する理解が深いほどスムーズな依頼が可能です。事前に実績をリサーチすることで、どんなホームページの制作が得意な業者なのか判断できます。自社の制作したいイメージと近い実績があれば、一度相談をしてみると良いでしょう。

また、自社が依頼したい内容の実績を確認するだけでなく、ホームページ運用以外にどういった作業が対応可能か、得意分野は何なのか把握しておくのも良いでしょう。事前に把握しておけば、外注する作業の幅が広がった場合にも、追加依頼が可能だったり、横の繋がりで他の外注先を紹介してもらえる可能性があります。再度外注先を検討する手間も省けるため、事前に確認しておくと効率的です。

あわせて読みたい

ホームページ運用によるコストパフォーマンスについて

ホームページの運用を開始して、軌道に乗った場合のコストパフォーマンスを解説します。ホームページの制作費は別として、運用費だけで見れば年間50,000円〜300,000円ほどです。

ただし、ホームページ運用は社員を雇う必要がありません。インターネット上にアップした瞬間から自動的に24時間365日、営業活動ができるからです。結果的にホームページを運用することで、営業にかかる人的コストの削減に繋がります。

ホームページ運用を外注するメリット

ここでは、ホームページ運用を制作業者に外注するメリットを5つご紹介します。自社でホームページ運用を行う場合と、専門家に外注する場合それぞれのメリットとデメリットを明確にし、どちらが効率的に集客できるホームページ運用が可能か算出することが大切です。

人員コストの削減

ホームページ制作業者に依頼することで、人員コストの削減が可能です。Webサイト専任の担当者へ依頼することで、人員コストを固定できるため経費削減に繋がります。自社のホームページ運用にかかる人員コストを、ほかの重要な社内業務に充てることが可能となります。

高品質なホームページ作成

自社のサービスや事業形態に合った高品質なホームページが短期間で作成できます。自社内でホームページ作成のスキルがないけれど、高品質なホームページを作成したい場合に外注すると良いでしょう。自社のホームページに関する明確な希望やイメージがあれば、高いクオリティのページ制作が可能です。ホームページの専門家に依頼することで、トレンドに合わせたデザインや機能の提案が期待できるでしょう。自社サービスのブランディングにも大いに役立ちます。

SEO対策しながら運用管理を代行

運用を管理しながらSEO対策ができます。SEO対策を一から勉強すると膨大な時間がかかるでしょう。専門的な知識を持った自社スタッフがいない場合は、外注すると運用だけでなくSEO対策も同時に行ってくれるため効率的です。ほとんどのホームページ制作業者はSEOの知識を蓄積しているため、検索順位の向上に繋がるでしょう。また、ホームページ運用のノウハウやSEO対策を含めた実用性の高い知識のコンサルを受けられる場合もあります。

業務負荷の軽減

専門家に依頼することで、依頼者の手間や時間などのリソースを削減できます。ホームページの方針や運用定義を明確にしておけば、実務だけでなく施策検討も踏まえてサポートしてもらえる場合もあります。もし、自分で成功するか失敗するかわからない施策を何度も修正しながら取り組んだ場合、相応の時間と労力が必要でしょう。

専門家への依頼は、それら負担をすべて任せられるため本来のコア業務に集中できるメリットもあります。

トラブル発生時のサポート

ホームページ制作業者に依頼すると、トラブル発生時のサポートもしてもらえます。ハッキングやウイルスは常に進化するため、最新のセキュリティ対策を実施しなければなりません。自社でホームページを運用する場合、万全なセキュリティ対策ができずウイルスに感染してしまう恐れがあります。

専門家はセキュリティ対策について最新情報を持っているため、Webサイトへのサイバー攻撃に対処できる適切なセキュリティ体制も提案してもらえます。トラブルが起こった際にも、専門的な知識と経験を活かして対処方法を検討してもらえるため、制作後も安心安全のホームページ運用が可能です。

あわせて読みたい

ホームページ運用にお困りならめぐみやの無料相談へ

めぐみやではホームページ制作や運用だけでなく、集客に強いWebサイト構築が可能です。自社サービスの強みを活かしたコンテンツの企画提案や、制作後の改善提案を踏まえた運用方針をサポートします。これまでの実績を活かし、ホームページの運用を効果的に行えるノウハウを提案いたします。まずはお気軽にご相談をお待ちしております。

めぐみやのWeb集客コンサルティング

Webサイトを活用して売上と利益向上を目指しませんか?
めぐみやが集客からサイト運営まで一貫してサポート致します。

まとめ

この記事ではホームページの運用について、運用における作業・注意点・費用を紹介しました。ホームページを運用するにあたって集客をしていくポイントはいくつかあります。集客のできるホームページを運用するために、業者に依頼をするのも一つの方法です。

ホームページの運用にかかる費用などは、コンサルに依頼して相談が可能です。専門業者に依頼することで効率よくホームページを運用できるでしょう。依頼するコストと自社リソースを使って内製するコストを算出したのち、最適な方法を選択することが大切です。

この記事のまとめ
  • ホームページはフロントエンドとバックエンドの運用業務が重要
  • ホームページを通じて自社の情報を発信し販売チャネルとしての機能を強化することが大切
  • ホームページを利用すれば顧客の満足度を高め自社サービスの認知度を広げることが出来る

ホームページの運用に関するよくあるご質問

最後によくあるご質問をいくつかご紹介致します。
みなさまのWeb集客にお役に立てば幸いです。
その他、ご不明な点がございましたら以下のリンクよりお気軽にご相談下さいませ。
無料オンライン相談はこちらからどうぞ。


Q

ホームページの運用に何が必要ですか?

A

ホームページの運用には、定期的なコンテンツ更新、セキュリティ対策、バックアップ、アクセス解析のチェックなどが必要です。

Q

ホームページの更新頻度はどれくらいが良いですか?

A

更新頻度は業種や目的によって異なりますが、少なくとも月1回は更新することが推奨されます。

Q

運用中のホームページでのトラブルを防ぐための方法は?

A

定期的なバックアップ、セキュリティアップデートの適用、SSL証明書の取得などがトラブルを防ぐための基本的な方法です。

Q

アクセス解析を取り入れるメリットは何ですか?

A

アクセス解析を利用することで、訪問者の動向や効果的なコンテンツ、改善点などを把握することができます。

Q

ホームページの運用におけるSEO対策の重要性は?

A

SEO対策を行うことで、検索エンジンからの自然な訪問者を増やすことができ、ビジネスチャンスを拡大することが可能です。

Q

モバイル対応のホームページ運用のポイントは?

A

レスポンシブデザインの採用や、モバイルユーザー向けのUI/UXの最適化が重要です。

Q

ホームページのバックアップはどれくらいの頻度で行うべきですか?

A

サイトの更新頻度や内容にもよりますが、最低でも月1回はバックアップを取ることが推奨されます。

Q

SNSとホームページ運用の連携のメリットは?

A

SNSの投稿をホームページに組み込むことで、訪問者とのエンゲージメントを高めたり、新しい情報を迅速に伝えることができます。

Q

ホームページ運用での画像の扱いに注意すべき点は?

A

画像のファイルサイズやフォーマットを適切に選ぶことで、ページの読み込み速度を早めることができます。

Q

ホームページ運用時のユーザーフィードバックの取り入れ方は?

A

フィードバックフォームの設置や、SNSでの意見収集などを通じて、ユーザーの声を直接取り入れることが有効です。

Q

ホームページ運用の外部委託のメリットとデメリットは?

A

メリットとしては専門知識が必要なタスクを委託できる点。デメリットとしてはコストやコミュニケーションの課題が挙げられます。

Web集客無料オンライン相談
  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない…。
  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない…。
  • Web業者の選定基準が分からない…。
  • Web担当者を社内に雇う余裕がない…。
     

Webサイト運営・Web集客でお困りのご担当者様は是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。
Google Partner認定・Googleアナリティクス認定のめぐみやが、プロの視点で貴社の集客課題に無料でお答え致します。
まずは下記のフォームからお気軽にご相談くださいませ。1営業日以内で返信させていただきます。

    コメントを残す


    CAPTCHA


    目次

    めぐみやのサービス

    SERVICE

    Web集客・運用・構築でお悩みの方
    事業成長に向けてさらにWebサイトを活用したい方

    めぐみやは、御社のWebサービスの成長にお役にたてるよう誠心誠意努める事をお約束致します。
    まずはお気軽にお問い合わせください。