Seo対策

集客効果を最大限に伸ばすためのWebコンテンツ運用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツ運用

WEBマーケティングの成果の鍵を握っているのが、コンテンツの運用です。WEBサイトにアクセスを集めるためには、コンテンツを効果的に運用することが不可欠だからです。

しかし、自社サイトのコンテンツをどのように運用すれば、集客の成果があがるのか判断出来ない方も多いと思います。そこで、ここではサイト運用者に向けて、WEBマーケティングで成果を上げるためのコンテンツの運用術について解説していきます。思うようにWEB集客ができずに悩んでいるサイト運用者は、ぜひ参考にしてみてください。

メディアの長期戦略を立てる

WEBサイトを運用するにあたり、最初にメディア(WEBサイト)の長期的な戦略を立てる必要があります。

戦略とは、WEBサイト活用の目的を達成するために、企業の経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の運用方法を定めることです。長期的で、なおかつ明確な戦略がなければ、WEBサイトの目的を達成させることは難しいからです。

目的を明確にする

そこで、WEBサイトを活用する目的を明確にしなければいけません。何のためにWEBサイトを運用していくのか、という目的です。例えば、「SEO対策によりアクセスを集め、メールマガジンの登録を促すことにより見込み客のリストを取得する」というような目的です。

このように、「何のためにWEBサイトを運用していくのか」という目的が明確でない限り、その目標を達成することはできません。

マイルストーンを設定する

WEBサイトを活用していく目的を明確に定めたなら、次にマイルストーンを設定しなければいけません。マイルストーンとは、プロジェクトの進捗を管理するために節目に設定されたチェックポイントのことを指します。

例えば、「WEBサイトを集客のために活用するという目的であれば、6ヶ月後にユーザーアクセス数を一日あたり30アクセス集める」というような目標です。

このように、プロジェクトの節目節目にマイルストーン(目標)を設定しておくことで、プロジェクトを正しい方向へ導いていけるのです。

KPIを設定しPDCA環境を整える

そして、この「6ヶ月後にユーザーアクセス数を一日あたり30アクセス」という目標のことをKPIといいます。KPIとは、key performance indicatorの略称で「重要業績評価指標」と訳されます。

最終的な目標を達成するために、プロジェクトの進捗を評価するために設定した中間指標です。この中間指標に達成しているかどうかで、そのプロジェクトの進捗の良し悪しを判断する訳です。

さらに、プロジェクトの進捗が思わしくないときに、PDCAにより改善できる体制も整えておく必要があります。PDCAとは、「Plan」「Do」「Check」「Action」の略称で、プロジェクトにおける「計画」「実行」「評価」「改善」を意味します。

プロジェクトの進捗が思わしくないときに、それを軌道修正できる環境がなければ、当然ながら最終的な目標に辿り着くことができないからです。

運営体制を整える

そこで、必要になるのがWEBサイトの運営体制を整えておくことです。ここからは、WEBサイトの運営方法について解説していきます。

一人で運営する

まずは、WEBサイトの運営を一人に任せるという方法です。一人で全て決める事が出来る為、任された担当者は自由度が高くなるというメリットがあります。

しかし、コンテンツの企画から作成というように仕事量が非常に多いため、負荷が大きくなるというデメリットがあります。

チームで運営する

次に、社内でチームを組んで運用していく方法です。例えば、コンテンツのアイデア出し担当、ライティング担当というように役割分担するのです。複数人によるチームで運用することで、誰か一人に負荷が集中することがなくなり、プロジェクトを円滑に進められるというメリットがあります。

外注を活用する

また、サイト運用の外部の業者に任せるという方法もあります。例えば、コンテンツの企画は社内のメンバーが実施して、実際のライティングを外注するというような運用です。

特定の運用を専門の業者に任せることで、プロジェクトの成功率を高めてくれます。コストは掛かりますが、社内のリソースが限られているときには、とても有効な施策と言えるでしょう。

アクセス解析を活用する

最終的な目標を達成するために設定したKPIを確認するには、WEBサイトのアクセス状況を把握しなければいけません。そこで、必要になるのがアクセス解析です。

アクセス解析とは?

アクセス解析とは、運用しているWEBサイトに訪れるユーザーの行動を分析することです。そうすることで、WEBサイトの課題を発見するのです。

例えば、以下のようなチェックポイントです。

  • どのようなユーザーがサイトに訪れているか?
  • ユーザーがよく見ているページは?
  • ユーザーが入力しているキーワードは?

このように、WEBサイトに訪れるユーザーの特性や行動を把握することで、運用に役立てていくのです。

具体的な解析は、アクセス解析ツールを使って実施していきます。そこで、把握するべきチェック項目について説明していきます。

ページビュー

ページビューとは、WEBサイト内にあるページが開かれた回数を表しています。ページビュー(Page View)の頭文字をとって「PV」と表記されます。WEBサイトを評価するにあたり最も一般的な指標であり、どのくらい閲覧されているのかが分かります。

訪問者数

訪問者数とは、WEBサイトに訪れた訪問者の数を表しています。どれ位の人達がアクセスしているのが分かります。先ほどのページビューと同様に、WEBサイトを評価する際の重要な指標となります。

検索キーワード

検索キーワードとは、サイトに訪れたユーザーが検索エンジンに入力したキーワードのことを指しています。このキーワードを確認することで、ユーザーがどのような意図を持って特定のページに訪れたかを想定することができます。

参照元

参照元とは、サイトに訪れたユーザーの流入元を指しています。例えば、検索エンジンから来たユーザー、広告をクリックして来たユーザーというようなWEBサイトへの流入元です。

掲載順位

掲載順位とは、ある特定のキーワードで検索された際ときの、WEBサイトの検索結果の掲載順位です。

上位に表示されるほどGoogleに評価されているため、ユーザーからのコンテンツに対する評価を確認する指標になります。掲載順位が低ければ、ユーザーのニーズを満たしていない可能性が高いため、コンテンツを改善しなければいけません。

まとめ

さて、ここではWEBマーケティングで成果を上げるためのコンテンツの運用術について解説してきました。サイト運用者の方は、具体的な運用イメージが持てたのではないでしょうか。

運用がしっかりしているWEBサイトは、やはり高い成果を上げています。ここで解説した運用方法を実践して、自社のWEBマーケティングの成果を高めてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*