Seo対策

コンテンツSEOとは?集客効果を最大限に伸ばすためのWebテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツSEOとは?集客効果を最大限に伸ばすためのWebテクニック

WEBマーケティングの成果の鍵を握っているのは、コンテンツの運用です。WEBサイトにアクセスを集めるためには、コンテンツを効果的に運用することが不可欠になるでしょう。

しかし、自社サイトのコンテンツをどのように運用すれば、集客の成果があがるのかを判断出来ない方も多いのが現状です。そこで、今回はサイト運用者に向けて、WEBマーケティングで成果を上げるためのコンテンツの運用術について解説していきます。

コンテンツSEOとは、どのような取り組みか?集客効果を向上できずに悩んでいるサイト運用者は、ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツSEOとは

インターネットを利用する消費者を対象に、集客効果を最大限に伸ばすためのWebテクニックこそがコンテンツSEOだと考えられます。コンテンツSEOは、コンテンツの品質を高めること自体が検索エンジンへの評価につながる対策となります。

品質を保ったコンテンツを発信していくことで検索エンジン検索結果の上位に表示するため、検索エンジン経由で流入してくるユーザーの集客を期待できる施策です。

そもそもコンテンツとは

最近では、SEOの評価要素がコンテンツ重視となっているため、コンテンツというキーワードをひんぱんに使われています。コンテンツとは、デジタル上のやり取りで使われる情報のことを指します。たとえば、次の情報はすべてコンテンツに該当するでしょう。

  • Webサイトに書かれた文章
  • Webサイトで公開している画像や動画
  • Webサイトのデザインやレイアウト・ボタンなど
  • SNS上で発信する情報
  • Web上に掲載するすべての広告

コンテンツは、その情報を受け取れる相手が確認できるあらゆる部分が該当します。Webサイトのデザインひとつにしても、読み手に配慮すれば読みやすい配色を考えるでしょう。ボタンにしても押されやすいボタンを配置することが考えられます。

このように、情報と触れる相手のことを意識した部分をまとめてコンテンツとして捉えます。また、そこまで捉えないとGoogleやYahoo!などの検索エンジンの評価を高める際に落ち度ができてしまいます。

コンテンツを重視する理由

コンテンツが重視される理由は、インターネット環境の進化とインターネットを利用するユーザーの行動や意識が変わってきたからです。まだインターネット利用がパソコンユーザーだけの頃は、どこでも使えるアイテムではない環境でした。

スマートフォンやモバイル端末、Wi-Fiの普及によりどこでも手軽に利用できるようになってから個人が触れる情報量の多さが格段に増えました。

消費者の行動は、「自分の思ったままの言語で検索すること」や、「SNSでつながるユーザー同士で情報を共有すること」などが主体となってきました。企業が発信する広告は、利用者によるクチコミなどの影響を受けて、信ぴょう性や正確性がないと低品質とみなされ施策としてハードルが高くなりました。

検索エンジンの評価基準もテクニック的な要素からコンテンツへと傾き、広告の効果に課題を抱えた企業の解決策として、コンテンツの品質が評価基準として重要となった次第です。

Googleがコンテンツの品質を重視している状況

Googleがコンテンツの品質を重視ている状況は、インターネットの利用者の安全性や利便性などを考慮した結果です。インターネットの世界は、匿名性が高く健全なビジネスだけではなく、犯罪に利用される可能性も考えられます。

広告の運用にしても、悪質な広告主が誇大表現で消費者をだますこともが可能な状況でした。コンテンツの品質を意識しないと、一部の悪質なユーザーによる被害も横行します。そのような状況を改善するために、Googleでは、コンテンツの表現に制限を設定しました。

すべては、Googleグループによるコンテンツポリシーでくわしく定められています。

参考ページ:Googleグループによるコンテンツポリシー

とくに低品質とみなされるコンテンツは、Googleにより検索結果から削除されます。そのため、Web上でビジネスを行う企業は、コンテンツを重視することが不可欠となりました。ちなみに低品質とみなされるコンテンツは、次の要素を持ったコンテンツです。

  • コンテンツの自動作成
  • 内容の薄いアフィリエイトページ
  • 無断複製されたコンテンツ
  • 誘導ページ

参考ページ:質の低いコンテンツ

メディアの長期戦略を立てる

WEBサイトを運用するにあたり、最初にメディア(WEBサイト)の長期的な戦略を立てる必要があります。

戦略とは、WEBサイト活用の目的を達成するために、企業の経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の運用方法を定めることです。長期的で、なおかつ明確な戦略がなければ、WEBサイトの目的を達成させることは難しいからです。

目的を明確にする

そこで、WEBサイトを活用する目的を明確にしなければいけません。何のためにWEBサイトを運用していくのか、という目的です。例えば、「SEO対策によりアクセスを集め、メールマガジンの登録を促すことにより見込み客のリストを取得する」というような目的です。

このように、「何のためにWEBサイトを運用していくのか」という目的が明確でない限り、その目標を達成することはできません。

マイルストーンを設定する

WEBサイトを活用していく目的を明確に定めたなら、次にマイルストーンを設定しなければいけません。マイルストーンとは、プロジェクトの進捗を管理するために節目に設定されたチェックポイントのことを指します。

例えば、「WEBサイトを集客のために活用するという目的であれば、6ヶ月後にユーザーアクセス数を一日あたり30アクセス集める」というような目標です。

このように、プロジェクトの節目節目にマイルストーン(目標)を設定しておくことで、プロジェクトを正しい方向へ導いていけるのです。

KPIを設定しPDCA環境を整える

そして、この「6ヶ月後にユーザーアクセス数を一日あたり30アクセス」という目標のことをKPIといいます。KPIとは、key performance indicatorの略称で「重要業績評価指標」と訳されます。

最終的な目標を達成するために、プロジェクトの進捗を評価するために設定した中間指標です。この中間指標に達成しているかどうかで、そのプロジェクトの進捗の良し悪しを判断する訳です

さらに、プロジェクトの進捗が思わしくないときに、PDCAにより改善できる体制も整えておく必要があります。PDCAとは、「Plan」「Do」「Check」「Action」の略称で、プロジェクトにおける「計画」「実行」「評価」「改善」を意味します。

プロジェクトの進捗が思わしくないときに、それを軌道修正できる環境がなければ、当然ながら最終的な目標に辿り着くことができないからです。

運営体制を整える

そこで、必要になるのがWEBサイトの運営体制を整えておくことです。ここからは、WEBサイトの運営方法について解説していきます。

一人で運営する

まずは、WEBサイトの運営を一人に任せるという方法です。一人で全て決める事が出来る為、任された担当者は自由度が高くなるというメリットがあります。

しかし、コンテンツの企画から作成というように仕事量が非常に多いため、負荷が大きくなるというデメリットがあります

チームで運営する

次に、社内でチームを組んで運用していく方法です。例えば、コンテンツのアイデア出し担当、ライティング担当というように役割分担するのです。複数人によるチームで運用することで、誰か一人に負荷が集中することがなくなり、プロジェクトを円滑に進められるというメリットがあります

外注を活用する

また、サイト運用の外部の業者に任せるという方法もあります。例えば、コンテンツの企画は社内のメンバーが実施して、実際のライティングを外注するというような運用です。

特定の運用を専門の業者に任せることで、プロジェクトの成功率を高めてくれます。コストは掛かりますが、社内のリソースが限られているときには、とても有効な施策と言えるでしょう。

アクセス解析を活用する

最終的な目標を達成するために設定したKPIを確認するには、WEBサイトのアクセス状況を把握しなければいけません。そこで、必要になるのがアクセス解析です。

アクセス解析とは?

アクセス解析とは、運用しているWEBサイトに訪れるユーザーの行動を分析することです。そうすることで、WEBサイトの課題を発見するのです。

例えば、以下のようなチェックポイントです。

  • どのようなユーザーがサイトに訪れているか?
  • ユーザーがよく見ているページは?
  • ユーザーが入力しているキーワードは?

このように、WEBサイトに訪れるユーザーの特性や行動を把握することで、運用に役立てていくのです

具体的な解析は、アクセス解析ツールを使って実施していきます。そこで、把握するべきチェック項目について説明していきます。

アクセス解析の目的

アクセス解析を使う目的は、どのような点にあるのでしょうか。アクセス解析は、Webサイトに訪問してくるユーザーの行動や属性データを分析指標として活用する目的があります。アクセス解析を使うことで、把握できることは次の要素です。

  • Webサイトに訪問してきたユーザーの情報
  • 訪問ユーザーを集客できた流れ
  • 訪問ユーザーのウェブサイト滞在中の行動状況(ページ遷移など)
  • Webサイト経由でコンバージョンしたユーザーの行動
  • 現時点におけるWebサイトの解析状況

Webサイトのアクセス解析では、上記にあげた指標を確認できます。そのため、アクセス解析で得たデータを参考にサイトのコンテンツを改善することが目的にできるでしょう。

アクセス解析で使うツールGoogleアナリティクス

アクセス解析で使うツールは、一般的にGoogleが無料で提供するGoogleアナリティクスが考えられます。Googleアナリティクスは、Webサイトに関する訪問ユーザーの情報をチェックできます。その情報範囲は、充実していてユーザーが利用しているデバイス情報や地域まで特定します。

また、関連する解析ツールサーチコンソールをはじめとするビジネスで活用するシステムツールとの連携が可能です。

もっとも使われている機能は、リアルタイム解析です。Googleアナリティクスのトップ管理画面でWebサイトにおけるリアルタイムの状況を把握できます

アクセス解析でチェックする項目

Googleアナリティクスなどアクセス解析でチェックする項目は、次のとおりです。

アクセス解析によるチェック項目は、すべて今後の施策に役立つデータです。最初から品質の良いコンテンツを作成できることは簡単ではありません。ただし、コンテンツを追加したり改善したりすることで反応の差が生まれてきます。

さらにコンバージョンまで到達できた際は、コンバージョンとなったユーザー行動をベースに他のコンテンツの参考に役立てるイメージです

具体的なチェック指標を次に紹介します。

ページビュー

ページビューとは、WEBサイト内にあるページが開かれた回数を表しています。ページビュー(Page View)の頭文字をとって「PV」と表記される仕組みです。WEBサイトを評価するにあたりもっとも一般的な指標であり、Webサイトがどのくらい閲覧されているのかを把握できます。

ページビューは、アクセス解析に慣れていない場合の最初に意識する指標です。毎日チェックする際は、まずPVがどのくらいか?1週間でどのくらいの変化があるか?などから興味を持つことから始めてみましょう。

訪問者数

訪問者数とは、WEBサイトに訪れた訪問者の数を表しています。どれ位の人達がアクセスしているのが分かります。先ほどのページビューと同様に、WEBサイトを評価する際の重要な指標となります。ページビューは、ページの閲覧数です。訪問者数は、人数を対象としています。どちらもかけ合わせて判断することが必要です。

検索キーワード

検索キーワードとは、サイトに訪れたユーザーが検索エンジンに入力したキーワードのことを指しています。このキーワードを確認することで、ユーザーがどのような意図を持って特定のページに訪れたかを想定することができます

この検索意図を理解することは、Seo上もっとも重要な考え方です。ユーザーの行動をユーザーの立場になって考えることで、コンテンツの改善ポイントが見えてきます。

参照元

参照元とは、サイトに訪れたユーザーの流入元を指しています。例えば、「検索エンジンから来たユーザー」や「広告をクリックして来たユーザー」というようなWEBサイトへの流入元が該当します。

オーガニック検索

オーガニック検索は、自然検索のことを指します。ユーザーが検索エンジンの検索窓を使って検索結果に表示され訪問となった際の指標です。

掲載順位

掲載順位とは、ある特定のキーワードで検索された際ときの、WEBサイトの検索結果の掲載順位です。

上位に表示されるほどGoogleに評価されているため、ユーザーからのコンテンツに対する評価を確認する指標になります。掲載順位が低ければ、ユーザーのニーズを満たしていない可能性が高いため、コンテンツを改善しなければいけません。

ランディングページは、広告から誘引されてコンバージョンへと導く成約ページのことを指します。Webサイトの検索流入の場合は、サイトのトップページや作成した成約ページなどをランディングページとして設定します。

コンテンツSEOに最適なWebメディア「オウンドメディア」

Googleの評価基準となるコンテンツSEOは、Webサイトによる検索上位表示を目的にした場合、オウンドメディアが最適な施策と考えられます。オウンドメディアとは、企業が自社Webメディアとして所有・運営する媒体のひとつです

コンテンツSEOが重要となった背景で紹介した広告運用のハードルが上がったことで、多くの企業がオウンドメディア戦略に取り組んでいます。

オウンドメディアはコンテンツマーケティングの王道

オウンドメディアは、コンテンツマーケティングの手法のひとつです。コンテンツマーケティングの中でもWebサイトに反映できる王道の手法といえます。コンテンツマーケティングは、コンテンツを提供する対象者を特定して、対象となるユーザーに向けたコンテンツを作成・公開・運用する一連のマーケティング活動をあらわします。

Webマーケティングの中でも、コンテンツSEOへの取り組みとしてコンテンツマーケティングが存在するといっても過言ではありません。コンテンツマーケティングでは、顕在層に向けた単発的な施策ではなく、これから顧客になる可能性のある潜在層に向けたアプローチを展開します

コンテンツマーケティングは、潜在層の興味関心や共感、信頼性などを高めるために、潜在層に役立つコンテンツを提供する仕組みです。潜在層は、見込み客と呼ばれ購買につながる見込み度を高めていくのがコンテンツマーケティングの役目になるでしょう。

中でも、オウンドメディアは見込み客の居心地を優先して、売り込みのないコンテンツで構成します。結果的に、育て上げたオウンドメディアのコンテンツがインターネットユーザーにとって必要不可欠な情報となることが目標です。

オウンドメディアが重要視される理由

オウンドメディアが重要視される理由は、ビジネス色の強い企業サイトに対して好意を持ってもらうためです。過去に広告運用が中心だったWebの事情から、広告に対して売り込みや誇大情報などを疑う傾向が強くなっています。そのようなユーザーに対して、長期目線で興味関心を高めていく戦略としてオウンドメディアが活用できます。

オウンドメディアは、Web媒体として企業の資産にもなります。長期的な運営を続けることで、検索エンジンよりコンテンツSEOの評価を受けて労力や費用と反比例して、コストを抑えた長期的な集客を実現できます。オウンドメディアは、作成時や運用途中ではなかなか成果を期待できません。それだけに挫折してしまう企業も少なくない施策です。

ただし、その状況から一歩抜け出し継続できたメディアが安定した成果を獲得できます。始めるには、そのあたりの意識を持って目標を明確にしたうえで取り組みましょう。

自社のブランディング確立

オウンドメディアは、自社のブランディングを確立させます。ユーザーに役立つ情報を配信し続けることで、検索エンジンから「〇〇といえば〇〇」という代名詞のような認知を広めてもらえます

一般的には、企業が認知拡大を目的にした場合は、テレビコマーシャルや雑誌、新聞などの広告掲載が考えられるでしょう。最近では、SNS広告や動画配信サイト、大手ポータルサイトなどの広告枠に掲載することでブランディングを構築する企業も少なくありません。

自社ブランディングは、広告を主体に取り組み場合、莫大な費用が掛かります。取り組んだ結果。「テレビCMでおなじみの○○」とか「SNSで話題の○○」と認知されるまでに投入する費用は計り知れません。

また、多様化の進む現代では顧客の意識も変わってきます。費用を投入した分を回収できるかどうかも不透明なまま広告だけに頼る行為はリスクが高くなるかもしれません。

その点、オウンドメディアの場合は積み重ねたコンテンツが無駄になることがなく、小さなコンテンツの積み重ねが大きな価値に変化します。ただし、コンテンツには、コンテンツSEOで求められる品質が求められるでしょう。自社ブランディングの形成であれば、コンテンツマーケティングのオウンドメディアの運営自体がそのものとなります。

競合との差別化

オウンドメディアの運用で実現できることは、ブランディングの形成と同時に競合との差別化ができる点です。ブランディングの形成は、自社ビジネスを代名詞として例えて「〇〇といえば〇〇」と市場から認知されます。その特徴部分が、自社ビジネスの強みであり競合他社と差別化できる部分です

たとえば、自社ビジネスの強みが「即日対応のエアコン修理」だとしましょう。競合他社にも即日対応でサービスする企業があった場合、さらに「全国エリア対応」を加えます。すると、「全国エリアを対象に即日でエアコン修理を依頼できる業者」として競合との差別化が生まれます。

このコンセプトを実行して実績を作れば、信頼性も獲得できて、ライバル不在の市場で独占的なビジネスを展開できるでしょう。あくまでも例なので、全国エリア対応と即日対応が実現できるかは状況にもよります。ただし、差別化を図るには、競合が介入できない点に着目することが重要です。

見込み客の共感と信頼の獲得

オウンドメディアの運用により獲得できるのは、見込み客の信頼と共感です。この2つを獲得したときに、成果度外視の状態とは真逆の効果を得られます。オウンドメディアは、広告運用とは全く異なる成果獲得となるため、長期的な継続が必要な点を十分理解しておきましょう。

まとめ

さて、ここではWEBマーケティングで成果を上げるためのコンテンツの運用術について解説してきました。サイト運用者の方は、具体的な運用イメージが持てたのではないでしょうか。

運用がしっかりしているWEBサイトは、やはり高い成果を上げています。ここで解説した運用方法を実践して、自社のWEBマーケティングの成果を高めてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*