Seo対策

WEB集客をコンサルタントに代行する3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WEB集客をコンサルタントに代行する3つのメリット

「Webで集客するのはコンサルタントに代行してもらったほうががいいのか?」

Webサイトや広告を活用していてもWeb集客で思うような成果が上がらない状況は少なくありません。「どうしたらWeb集客が上手くいくのか」と悩んでいるサイト運用者は多いのではないでしょうか。Web集客広告運用やSEOなど学ばなくてはいけないことが多くて大変です。

「ただでさえ本業の時間を削れないのに、Web集客にかける時間がない」
Web集客は専門知識を必要とします。そこで、お勧めするのが、コンサルタントへWeb集客を代行することです。Web集客の専門家に依頼することで成果を最大限に高められます。

例えば、アクセスデータの解析や効果測定など、専門的な知識やスキルを必要とする作業を代わりに実施してもらうことも1つのメリットになるでしょう。

しかし、Web集客を外部に委託することは自社のビジネスを任せることになるのです。いくらプロの専門家に任せるとしてもビジネス(商品の売り方)を任せるのは、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。そのような疑問に答えていくために、この記事ではWeb集客をコンサルティングに代行するメリットについて解説していきます。

Web集客のコンサルティングとは

まずWeb集客のコンサルティングとは何でしょうか。それは、自社で行っているWeb集客に対して、Web集客の専門家からアドバイスや具体的な施策の指導を受けることです。さらに、受ける指導内容も実務的で有効なことが特徴になります。

通常のサイト運用者では持っていない知識や技術を持ったWebコンサルタントから指導を受けることで、集客率の改善を行い、結果的に集客による売上を上げるのが目的です。

コンサルティング+Web集客の代行

しかし、サイト運用者が専門家からのアドバイスを受けたとしても、それを実行できるWeb担当者がいなければ意味がありません。そこで、お勧めするのがWeb集客の代行です。自社にWebの知識と経験に長けている人材がいなくても実現できる方法になります。

つまり、自社で行っているWeb集客を専門家に委託するのです。プロの専門家に任せることで、コンサルタントからのアドバイスや指導を確実に実行していくことができます。

もちろん、アドバイスを受けたコンサルタントにWeb集客の代行を依頼するのが理想です。そうすることで、Web集客の施策の立案から実行までを一貫できるからです。実際に指導を受けながら自分で実行することは、経験値が少ない分「失敗が許されない状況」では、遠回りになってしまうことが考えられます。専門家に任せて時間効率を重視するのも大きなメリットになるでしょう。

Webサイト制作のコンサルまたは制作代行

Webサイト制作のコンサルティング業者もしくは、制作代行をサービスとする業者について、どのような業務内容を委託できるのか?解説します。Webサイト制作のコンサルティング内容は、次の通りです。

  • USPの発掘:顧客ビジネスの強みとなる特徴を発掘
  • USPの確立:競合にない差別化できるWebコンテンツを企画
  • SEO設計
  • USPに沿って各ページの制作
USPとは?

USPとは、ユニーク・セールス・プロポジションの略語になります。USPは、企業独自の強みや特徴を活かした販売方法で商材を売るための施策です。また、自社の強みとなる競合にはない部分を差別化できます。
基本的に、Webサイト制作のコンサルティングの依頼の場合は、取り組むべき実行内容をアドバイスすることが主流です。依頼されるお客様はどこまでを自分で実行し、どこまでを制作会社に依頼するか?を判断します。

たとえば、Web制作のコンサルティングだけであればアドバイスまで関わることで完了となるでしょう。コンサルタントから受けたアドバイスに沿って、他の制作会社に制作を依頼することも可能です。一般的には、アドバイスを提供したコンサルタントにそのまま制作も依頼するケースがほとんどでしょう。その理由は、提供されたアドバイスを他の業者に共有すること自体、相当な手間が生まれるためです。

Webサイト運用のコンサルまたは運用代行

Webサイトの運用のコンサルティングもしくは、運用代行業者について解説します。Webサイトの運用は、日々の管理やメンテナンス部分がほとんどです。一般的な会社紹介となる企業ホームページの場合は、企業ホームページで集客する目的がないため、運用面の手間がかかりません。ただし、Web集客を目的にした場合は、SEOによるアクセス流入が必要となり、運用において分析や改善、更新などが必要となります。

Webサイトの運用においても、コンサルティングを受けた専門家に依頼するケースが少なくありません。その理由は、運用に必要なサイト解析、改善、更新に専門的な知識や経験による判断が必要となるからです。

コンサルティングで期待できること

企業のWebサイトを裏側からすべて解析して、経営内容まで把握する場合もあります。つまり、Webコンサルティングだけど、経営コンサルティングにも影響のある施策や業務改善の提案にもなるのです。

Webコンサルタントは、Web上の施策が中心になりますが、提供するサービスや商品を「どのように訴求できれば集客に繋がるか」についても、クライアント様のWebサイトの運用と共に考えていく場合もあります。つまり、クライアント企業の目的が集客ならば、集客に繋がるWebサイトの構築が結果的に訴求改善になっていきます。

プロの視点によるアドバイス

Webサイトによる集客は、クライアント企業の目的が集客であれば、必要不可欠となります。Webサイトによる集客を実行するには、プロの視点でのアドバイスが効果的です。その理由は、ビジネスや目的によって独自の戦略を立てる必要のあるWeb集客の対応範囲が広いことがあげられます。

Web集客は、経験による部分が大きいため本業をかかえている場合、すべてに手が行きとどかなくなるでしょう。また、Web集客の多くは実行しなければ見えてこない部分が多いため、ABテストの必要性も出てきます。もし、本業をかかえている経営層がWeb集客を担当する場合、施策に手が回らなくなることでしょう。そのような理由から、プロ視点によるアドバイスを活用して、効率よく集客の基盤を作ることが大事です。

Web集客で改善されること

先述の専門家による指導と実行までを委託した場合、Web集客で改善されることは「広告の最適な運用」と「Webサイトの検索エンジン最適化」これら2つの施策を管理しながら売上の上がる集客を安定させることです。少し長くなりましたが、どれも大切なWeb集客の改善事項なので覚えていただければ幸いです。特にWeb集客でコンサルタントの技量ともいえるのが、広告の最適な運用になります。

SEOの場合は、時間的なゆとりがない切羽詰まった状態のクライアント様ですと、結果が出る前に挫折してしまう恐れがあります。その点、リスティング広告などは、短期間で集客効果を見込めるのでクライアント様にも理解してもらいやすい施策になるでしょう。

コンバージョンの改善

Web集客での改善では、コンバージョンの改善が必要です。コンバージョンを改善するには、検索エンジンGoogleが提供する無料解析ツール「Googleアナリティクス」を活用した改善となります。

解析ツールを活用することにより、コンバージョンに向けてどのような改善が必要となるか?具体的な方向性を見つけ出すことができるでしょう。多少、地道な作業になりますが数値的な分析となるため、解析ツールに数値目標を明確に設定することが必要です。

企業のWeb集客におけるコンバージョン改善は、おもに次の2つを見なおすことになります。

  • LPOランディングページ最適化→ファーストビューの改善が重要
  • EFO:エントリーフォーム最適化→問い合わせなどフォーム入力の利便性の改善

LPOEFOは、コンバージョン改善において、重点的に確認すべき部分となるでしょう。

検索エンジン対策に向けた改善

検索エンジン対策は、SEOのことです。SEOは、Webサイトを検索結果ページの上位に表示させるために施す取り組みになります。

Web集客による改善部分は、検索エンジン対策に向けた部分も重要です。Webサイトの露出や認知拡大には、都度費用のかかる広告運用と検索エンジンの評価が必要です。検索エンジンより評価を受けるための対策は、費用よりも時間と手間がかかる施策です。時間と手間がかかる分、成果が出てくれば費用対効果の高い結果となるでしょう。

Web集客のコンサルティング業者の費用相場

Web集客のコンサルティング業者の費用相場について紹介します。Web集客のコンサルティング費用相場は、次のタイプに分けられるでしょう。

  • Webコンサルティング会社:月額相場15万円~50万円
  • 広告代理店・SEO会社・Web制作会社:月額相場10万円~30万円
  • フリーランス・個人:月額相場5万円~20万円

最も理想的なのがWebコンサルティング会社に依頼することです。その理由は、コンサルティング自体を専門としているため、判断や対応に一貫性があり全面的に委託することもできます。コンサルティング会社以外への依頼は、専門とする分野にかたよる傾向もあるため若干、相場も低くなるでしょう。

また、Web集客のコンサルティングは、大きく2つの契約の形があります。

  • プロジェクト単位での契約
  • 顧問契約

プロジェクト単位での契約の場合は、1つの成果目標を設定して、その目標に達成するまでの契約となるでしょう。たとえば、Webサイトの開設までがゴールの場合は、Web上にサイトを公開した時点で完了となります。顧問契約の場合は、月額または年額の固定報酬額を設定して、顧問として契約が続く限りアドバイスを提供する形式です。

参考URL:WEBコンサルにかかる費用は?【WEBコンサルタントのぶっちゃけシリーズ③】

Web集客をコンサルタントに代行する3つのメリット

それでは、ここからはWeb集客をコンサルタントに代行した場合の3つのメリットについて解説していきます。Web集客をすべてコンサルタントに代行してもらうので一切の施策と実行を委託することになります。自社のWeb集客で思うような成果が上がらずに悩んでいるサイト運用者は、ぜひ参考にしてみてください。

専門家に任せることで集客率アップ

まず、最も大きなメリットが専門家のコンサルタントに任せることで集客率がアップできるという点です。Web集客やSEO対策には常に最新の知識が必要です。そのため、通常のサイト運用者の知識ではWeb集客の成果を最大限に高めるのは大変です。

そこで、Web集客の専門家であるコンサルタントに代行してしまうことで知識や経験を吸収する必要がなくなります。専門家であるコンサルタントに任せることで、最新の知識や技術でサイトの改善を行うのです。その結果、アクセス数コンバージョン率を高めて売上アップを実現させていく流れになります。

専門家であるコンサルタントがクライアントのWeb集客を全て代行することは、言い訳の効かない状況に追い込まれた中での取り組みになるのです。本来ならば、クライアント企業のサイト運用者様に指示を出して実行していただくことでWeb集客の責任を軽減させることもできます。しかし、Web集客の全てを代行するコンサルタントは、最新の知識や経験を活かして自信をもってWeb集客の改善に取り組んでいく姿勢と言えるでしょう。

自社のWeb担当者が不要

また、クライアント企業様にとってWeb集客をコンサルタントに代行することで、自社に専任の担当者を採用する必要がなくなることも大きなメリットです。

現在では、企業がWebやネット広告を活用して集客を行うことが当たり前の時代になりました。しかし、多くの中小企業では、専任のWeb担当者を採用するのが資金的に難しい状況なのです。優秀な人材が不足しているうえに事務職専任の担当者を雇用する資金の余裕がない企業が増えてきています。そのような状況から判断しなくてはなりません。

ただ、Web集客の代行であれば必要なときに依頼することができるので、Web担当者を採用するよりも費用対効果に優れているのです。

本業に集中できる

Web集客をコンサルタントに代行する3つ目のメリットが、本業に集中できるという点です。これは少数精鋭でビジネスを展開している個人や中小企業のクライアント様にとって大きなメリットになるでしょう。

例えば、SEOやネット集客の技術は日々進化しています。通常のサイト運用者がこの最新のトレンドを取り入れるためには、膨大な時間の勉強が必要になります。そのため、本来やるべき仕事に多くの時間を割くことができません。

しかし、Web集客をコンサルタントに代行してしまえば、その分の時間が生まれます。そのため、クライアント様は本業に集中して取り組むことができるのです。また、クライアント様はコンサルタントに依頼することにより、最初から実績の上での施策を知ることができます。もし、自分で取り組んでしまうと、余計な時間もかかるでしょう。そのような理由からも、コンサルタント依頼は有効です。

Web集客をコンサルに代行するデメリット

Web集客をコンサルに代行するデメリット

先述した通り、Web集客を専門家であるコンサルタントに代行してもらうメリットは、企業のサイト運用者が本業に専念できることになります。では代行によるデメリットはないのでしょうか?Web集客の代行を全般的に委託するといっても、集客後のお客様とのやり取りは本職のクライアント様の領域です。商品やサービスについての質問などへの対応や購入後のアフターフォローなどは、コンサルタントの業務外になります。つまり、集客までが代行してもらえる範囲と認識しておく必要があるのです。

さらにもう一つのデメリットがあります。それは、クライアント企業のサービスが専門性の高い業種業態だった場合、コンテンツ作成についての知識不足が考えられるでしょう。Web集客の専門家であるコンサルタントは、あくまでWeb関連の知識は豊富ですが、全く範疇外の専門席の高い業種業態の知識については、企業様のフォローが必要になるでしょう。

Web集客をコンサルに代行するときの注意点

さて、ここまでWeb集客をコンサルタントに代行した際の具体的なメリットやデメリットまで話をしてきました。特に3つの具体的なWeb集客代行のメリットを解説してきたので、実際に外部のコンサルタントに代行したときのイメージが持てたのではないでしょうか。

ただ、専門家に任せることで多くのメリットがあると分かっていても、初めてコンサルタントに依頼するとなると不安な点もありますよね。そこで、ここからは実際にコンサルタントに代行する際の注意点について解説していきます。

確かな実績があるか

まず、最も注意しなければいけないのが、そのコンサルタントに確かな実績があるかどうかです。Web集客は結果が全てです。そして、その結果が全て数字で表される世界です。具体的には、アクセス数や問い合わせ件数、コンバージョン率というような数字です。

そのため、Web集客の代行を考えているときは、そのコンサルタントの実績を数字でしっかりと確認するようにしましょう。逆に過去の実績を数字で表していないコンサルタントに依頼することは、リスクがあるのです。Web集客の専門家を見極めるには、シビアに実績の数字で判断しましょう。

代行の範囲を明確にする

また、Web集客の代行の範囲を明確にすることも、非常に大切なポイントです。これから依頼する内容は、自社でやるべき事か、それともコンサルタントの仕事なのかが曖昧になるケースが多いからです。

例えば、Web解析ツールからデータをダウンロードするのは自社の仕事、そのデータを加工して分析するところからがコンサルタントの仕事、というような範囲決めです。Webで実行する施策は、細かい作業が多いだけに、しっかりと役割分担をすることが求められます。

実際に、作業範囲や仕事の割り振りに関して、クライアントと揉めるWeb集客のコンサルタントは少なくありません。契約後にコンサルタントと揉めることがないように、代行の範囲は明確にしておきましょう。経営面まで期待してしまえば、経営判断まで代行してもらうことになります。それはWeb集客の専門家の業務外の範囲になるので、過度な期待は禁物なのです。

コミュニケーション能力は高いか

3つ目の注意点として挙げるのが、コンサルタントのコミュニケーション能力です。なぜなら、コンサルティングや集客代行で成果を上げるためには、高いコミュニケーション能力が求められるからです。

例えば、どんなに高い知識を持っているコンサルタントでも、お客様のニーズを掴んでいなければ、成果を上げることはできません。当然ながら、お客様のニーズを把握するためには、お客様とのコミュニケーションが必要になるのです。つまり、Web集客のコンサルタントの知識やスキルは、コミュニケーション能力があって初めてその価値を発揮するのです。

高い専門知識が目立ちがちですが、お客様と二人三脚で仕事を進めていくためのコミュニケーション能力がコンサルタントには求められます。このコミュニケーション能力は最初の段階で見抜くことが可能です。最初の相談の段階で意思の疎通が図れない一方通行な会話になりがちなコンサルタントには注意が必要でしょう。

コストパフォーマンスは高いか

コンサルタントに依頼したときのコストパフォーマンスのバランスは高いでしょうか?
Web集客によりお客様が増えて、売上が上がれば支払ったコンサルティング料の意義が高まります。逆にWeb集客の結果、売上が思ったほど上がらなかった場合は経費のかけすぎにもなるのです。この部分でコンサルティングを頼む側も頼まれる側も相談の段階で必要な費用と「どこまで代行してくれるのか」と「どのような結果を期待できるか」など事前に確認しておきましょう。

コンサルタントに依頼する具体的なWeb集客とは

コンサルティング会社に依頼する具体的なWeb集客とは、戦略立案とWebサイトの制作および運用です。ここでは、より具体的なWeb集客の形について解説します。

Web集客に必要な戦略立案のための分析

コンサルティング会社に依頼するWeb集客は、Web集客に必要な戦略立案のための分析です。戦略立案のために必要な分析とは、ビジネスの環境分析からターゲティング、集客のために必要となる適切な媒体の選定などが中心となります。環境分析により具体的となる部分は、次の通りです。

  • 自社の特徴(強み部分・コンセプト)
  • 自社にとって最適な顧客層・その顧客の現状や課題
  • 自社にとってライバルとなる競合他社
  • 自社の商材が含まれる市場動向など

これらを明確にしたうえで、具体的な方向性となる戦略を立てます。戦略によりWeb集客を展開する媒体を決めて実行できる段階まで計画を整備するイメージです。

SEOを駆使したWebサイト制作運用

戦略が整ったら、Webコンテンツの制作を開始します。ここでは、Webサイトを例に案内しましょう。Webサイトの制作段階から重要になるのがSEOになります。Webサイトは、検索エンジンの検索結果で上位表示される必要があります。上位表示のためには、SEOにより検索エンジンの評価を上げることが大事です。

SEOは、Webサイトの制作段階だけではなく、運用においても重要な役割を持ちます。SEOは、日々の分析の中から、最適な状態にする必要があるからです。

オウンドメディア制作運用

Webサイトの制作や運用とは、具体的にオウンドメディアの制作運用となります。「なぜ、オウンドメディアなのか?」についての答えは、オウンドメディアが企業の集客を最大化する可能性を秘めているからです。

オウンドメディアは、企業が発信するメディアになります。オウンドメディアは、企業のメディアでも販売サイトではありません。あくまでも企業のビジネス(商材)に興味関心をもつ潜在層を獲得することが目的です。集客対象が潜在層となるため、すぐに成果が出ないのが特徴となります。その分、成果が出始めれば長期的な資産となる媒体に成長します。

Web集客コンサルティング業者の選び方

Web集客コンサルティング業者を選ぶ方法について解説しましょう。

自社ビジネスとおなじ業種のWeb集客実績があること

Web集客のコンサルティング業者は、自社ビジネスとおなじ業種の集客実績を持っている業者を選ぶことが大事です。Web集客コンサルティング業者も扱うビジネスは、多岐にわたります。おそらく、すべてのジャンルを得意とする業者はいないでしょう。その理由は、コンサルティング業者にもリソースの限界があるからです。

自社のリソース内で最大の成果を引き出すためには、あらゆるジャンルのコンサルティングを請け負うより、同じジャンルを磨いていく方が効率的となります。そのような理由から、コンサルティング業者が実績として公開している事業に近いことが集客成功への近道になるのです。

直近のWeb集客取り組み事例を公開していること

Web集客のコンサルティング業者は、ホームページで直近のWeb集客の成功事例を公開していることが少なくありません。公開している取り組み事例は、特に得意とする分野となります。その分野とおなじ業種であれば、成功しやすい業者と判断できるでしょう。

集客のために必要な施策に対して説明がわかりやすいこと

Web集客のコンサルティングは、コミュニケーションが重要です。プロだからとやたらと専門用語ばかりで説明されては、イメージがつかず結果的に何にコストをかけているのか?判断がつかなくなります。そのため、コンサルティング業者の接客態度など対応も、わかりやすいかどうかで判断することが秘訣です。長期的な依頼となれば、なおさら重要になります。

Web集客コンサルティングの流れ

Web集客コンサルティングの流れについて紹介しましょう。ここでは、弊社のサービスを導入後のステップで解説します。参考にしていただき、気軽にご相談ください。

オリエンテーション

まず、オリエンテーションにより今までの状況や現状かかえている課題などヒアリングから始めます。課題をふまえたうえで今後の目標や集客に使うツールのチェックなどを行う流れです。初期段階では、お互いが納得するまで可能な限りヒアリングいたします。最大の成果を引きだせるのも、最初のオリエンテーションでお互いが共通認識を深められるからです。

サイト診断

続いて、お客様の現状公開しているWebサイトを診断いたします。具体的には、Webサイトの現状を軸にしたお客様のビジネス分析です。判断できる強み部分や競合サイトの状況などを明確に診断します。サイト診断により、今後の対策が明確になるでしょう。

戦略立案

企業分析や市場調査などから、Webサイトによる成果目標の設定が必要です。現状からWebサイトを活用してどのような結果を得られるのか?必要なプロセスと具体的な成果について、具体的に提案いたします。具体的な提案を有効的にするためにも、十分なデータが必要です。戦略を立てる段階では、お客様と2人3脚となって連係のとれた対応を目指します。

施策開始

いよいよ施策開始です。Web集客を現実化する作業に入ります。Web集客の施策は、それぞれの企業独自の内容となるでしょう。いままでかけた準備期間を有効的に反映させる取り組みです。施策のひとつ1つを実行していくことにより、準備でそろえたデータが活かされます。

具体的には、スケジュールを立てて予定に沿った施策を展開する方針です。お互いに方向性に差異がないか?定期的な打ち合わせも実施いたします。施策開始では、今まで聞きづらかった部分も遠慮なく質問していただければお互いの目線を同じにすることになるでしょう。弊社では、次のような方法で打ち合わせを行います。

  • 電話
  • メール
  • 必要であればWeb会議システム

サポートに関しても納得していただけるように、対応させていただきます。

まとめ

さて、この記事ではWeb集客をコンサルタントに代行する3つのメリットについて解説してきました。実際に代行を依頼したときのイメージが持てたのではないでしょうか。

Web集客は長期的な視点にたって、様々な施策に取り組んでいく必要があります。さらに、その時代に合った最新の知識や技術が求められます。そのため、通常のサイト運用者とは別に、Web集客の担当者を専任でつけることが非常に望ましいのです。その対応が「企業にできるかどうか」非常に大きなカギを握っているでしょう。

しかし、専任のWeb集客の担当者を企業で雇ったとしても、Web集客で一人前になる迄には非常に多くの時間と労力が必要になります。Web集客の担当者のスキルアップのために研修や教材費まで用意する必要も考えられるのです。実績のないWeb集客の担当者を雇用することは予想以上に時間と費用がかかる可能性があります。だからこそ、専門家であるコンサルタントにWeb集客を代行する意味があるのです。

Web集客で思うような成果が上がっていないのであれば、コンサルタントにWeb集客を代行することを前向きに考えてみてください。集客以外の業務に打ち込めることは、本業にかける時間が多く取れることです。特に少人数で展開している企業様にとって、時間は大切ですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*