Seo対策

WEB集客をコンサルタントに代行する3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
web集客コンサルティング

Webサイトや広告を活用していてもWeb集客で思うような成果が上がらない状況は少なくありません。「どうしたらWeb集客が上手くいくのか」と悩んでいるサイト運用者は多いのではないでしょうか。Web集客は広告運用やSeoなど学ばなくてはいけないことが多くて大変ですよね。

そこで、お勧めするのが、コンサルタントへWeb集客を代行することです。Web集客の専門家に依頼することで成果を最大限に高められます。例えば、アクセスデータの解析や効果測定などの専門的な知識やスキルを必要とする作業を代わりに実施してもらうことも1つのメリットになるでしょう。

しかし、Web集客を外部に委託することは自社のビジネスを任せることになるのです。いくらプロの専門家に任せるとしても一体なにが良いのでしょうか。そのような疑問に答えていくために、この記事ではWeb集客をコンサルティングに代行するメリットについて解説していきます。

Web集客のコンサルティングとは

まず、Web集客のコンサルティングとは何でしょうか。それは、自社で行っているWeb集客に対して、Web集客の専門家からアドバイスや具体的な施策の指導を受けることです。さらに受ける指導内容も実務的で有効なことが特徴になります。

通常のサイト運用者では持っていない知識や技術を持ったWebコンサルタントから指導を受けることで、集客率の改善を行い、結果的に集客による売上を上げるのが目的です。

コンサルティング+Web集客の代行

しかし、サイト運用者が専門家からのアドバイスを受けたとしても、それを実行できるWeb担当者がいなければ意味がありません。そこで、お勧めするのがWeb集客の代行です。自社にWebの知識と経験に長けている人材がいなくても実現できる方法になります。

つまり、自社で行っているWeb集客を専門家に委託するのです。プロの専門家に任せることで、コンサルタントからのアドバイスや指導を確実に実行していくことができます。

もちろん、アドバイスを受けたコンサルタントにWeb集客の代行を依頼するのが理想です。そうすることで、Web集客の施策の立案から実行までを一貫できるからです。実際に指導を受けながら自分で実行することは、経験値が少ない分「失敗が許されない状況」では、遠回りになってしまうことが考えられます。専門家に任せて時間効率を重視するのも大きなメリットになるでしょう。

コンサルティングで期待できること

企業のWebサイトを裏側からすべて解析して、経営内容まで把握する場合もあります。つまり、Webコンサルティングだけど、経営コンサルティングにも影響のある施策や業務改善の提案にもなるのです。

Webコンサルタントは、Web上の施策が中心になりますが、提供するサービスや商品を「いかに訴求できれば集客に繋がるか」についてもクライアント様のWebサイトの運用と共に考えていく場合もあります。つまり、クライアント企業の目的が集客ならば、集客に繋がるWebサイトの構築が結果的に訴求改善になっていくからです。

Web集客で改善されること

先述の専門家による指導と実行までを委託した場合、Web集客で改善されることは「広告の最適な運用」と「Webサイトの検索エンジン最適化」これら2つの施策を管理しながら売上の上がる集客を安定させることです。少し長くなりましたが、どれも大切なWeb集客の改善事項なので覚えていただければ幸いです。特にWeb集客でコンサルタントの技量ともいえるのが、広告の最適な運用になります。

Seoの場合は、時間的なゆとりがない切羽詰まった状態のクライアント様ですと、結果が出る前に挫折してしまう恐れがあるからです。その点、リスティング広告などは、短期間で集客効果を見込めるのでクライアント様にも理解してもらいやすい施策になるでしょう。

Web集客をコンサルタントに代行する3つのメリット

それでは、ここからはWeb集客をコンサルタントに代行した場合の3つのメリットについて解説していきます。Web集客をすべてコンサルタントに代行してもらうので一切の施策と実行を委託することになります。自社のWeb集客で思うような成果が上がらずに悩んでいるサイト運用者は、ぜひ参考にしてみてください。

専門家に任せることで集客率アップ

まず、最も大きなメリットが専門家のコンサルタントに任せることで集客率がアップできるという点です。Web集客やSeo対策には常に最新の知識が必要です。そのため、通常のサイト運用者の知識ではWeb集客の成果を最大限に高めるのは大変です。

そこで、Web集客の専門家であるコンサルタントに代行してしまうことで知識や経験を吸収する必要がなくなります。専門家であるコンサルタントに任せることで、最新の知識や技術でサイトの改善を行うのです。その結果、アクセス数やコンバージョン率を高めて売上アップを実現させていく流れになります。

専門家であるコンサルタントがクライアントのWeb集客を全て代行することは、言い訳の効かない状況に追い込まれた中での取り組みになるのです。本来ならば、クライアント企業のサイト運用者様に指示を出して実行していただくことでWeb集客の責任を軽減させることもできます。しかし、Web集客の全てを代行するコンサルタントは、最新の知識や経験を活かして自信をもってWeb集客の改善に取り組んでいく姿勢と言えるでしょう。

自社のWeb担当者が不要

また、クライアント企業様にとってWeb集客をコンサルタントに代行することで、自社に専任の担当者を採用する必要がなくなることも大きなメリットです。

現在では、企業がWebやネット広告を活用して集客を行うことが当たり前の時代になりました。しかし、多くの中小企業では、専任のWeb担当者を採用するのが資金的に難しい状況なのです。優秀な人材が不足しているうえに事務職専任の担当者を雇用する資金の余裕がない企業が増えてきています。そのような状況から判断されるのです。

ただ、Web集客の代行であれば、必要なときに依頼することができるので、Web担当者を採用するよりも費用対効果に優れているのです。

本業に集中できる

Web集客をコンサルタントに代行する3つ目のメリットが、本業に集中できるという点です。これは少数精鋭でビジネスを展開している個人や中小企業のクライアント様にとって大きなメリットになるでしょう。

例えば、Seoやネット集客の技術は日々進化しています。通常のサイト運用者がこの最新のトレンドを取り入れるためには、膨大な時間の勉強が必要になります。そのため、本来やるべき仕事に多くの時間を割くことができません。

しかし、Web集客をコンサルタントに代行してしまえば、その分の時間が生まれます。そのため、サイト運用者は本業に集中して取り組むことができるのです。

Web集客をコンサルに代行するデメリット

先述した通り、Web集客を専門家であるコンサルタントに代行してもらうメリットは、企業のサイト運用者が本業に専念できることになります。では代行によるデメリットはないのでしょうか?Web集客の代行を全般的に委託するといっても、集客後のお客様とのやり取りは本職のクライアント様の領域です。商品やサービスについての諮問店への詳しい受け答えや購入後のアフターフォローなどは、コンサルタントの業務外になります。つまり、集客までが代行してもらえる範囲と認識しておく必要があるのです。

さらにもう一つのデメリットがあります。それは、クライアント企業のサービスが専門性の高い業種業態だった場合、コンテンツ作成についての知識不足が考えられるでしょう。Web集客の専門家であるコンサルタントは、あくまでWeb関連の知識は豊富ですが、全く範疇外の専門席の高い業種業態の知識については、企業様のフォローが必要になるでしょう。

Web集客をコンサルに代行するときの注意点

さて、ここまでWeb集客をコンサルタントに代行した際の具体的なメリットやデメリットまで話をしてきました。特に3つの具体的なWeb集客代行のメリットを解説してきたので、実際に外部のコンサルタントに代行したときのイメージが持てたのではないでしょうか。

ただ、専門家に任せることで多くのメリットがあると分かっていても、初めてコンサルタントに依頼するとなると不安な点もありますよね。そこで、ここからは実際にコンサルタントに代行する際の注意点について解説していきます。

確かな実績があるか

まず、最も注意しなければいけないのが、そのコンサルタントに確かな実績があるかどうかです。Web集客は結果が全てです。そして、その結果が全て数字で表される世界です。具体的には、アクセス数や問い合わせ件数、コンバージョン率というような数字です。

そのため、Web集客の代行を考えているときは、そのコンサルタントの実績を数字でしっかりと確認するようにしましょう。逆に過去の実績を数字で表していないコンサルタントに依頼することは、リスクがあるのです。Web集客の専門家を見極めるには、シビアに実績の数字で判断しましょう。

代行の範囲を明確にする

また、Web集客の代行の範囲を明確にすることも、非常に大切なポイントです。これから依頼する内容は、自社でやるべき事か、それともコンサルタントの仕事なのかが曖昧になるケースが多いからです。

例えば、Web解析ツールからデータをダウンロードするのは自社の仕事、そのデータを加工して分析するところからがコンサルタントの仕事、というような範囲決めです。Webで実行する施策は、細かい作業が多いだけに、しっかりと役割分担をすることが求められます。

実際に、作業範囲や仕事の割り振りに関して、クライアントと揉めるWeb集客のコンサルタントは少なくありません。契約後にコンサルタントと揉めることがないように、代行の範囲は明確にしておきましょう。経営面まで期待してしまえば、経営判断まで代行してもらうことになります。それはWeb集客の専門家の業務外の範囲になるので、過度な期待は禁物なのです。

コミュニケーション能力は高いか

3つ目の注意点として挙げるのが、コンサルタントのコミュニケーション能力です。なぜなら、コンサルティングや集客代行で成果を上げるためには、高いコミュニケーション能力が求められるからです。

例えば、どんなに高い知識を持っているコンサルタントでも、お客様のニーズを掴んでいなければ、成果を上げることはできません。当然ながら、お客様のニーズを把握するためには、お客様とのコミュニケーションが必要になるのです。つまり、Web集客のコンサルタントの知識やスキルは、コミュニケーション能力があって初めてその価値を発揮するのです。

高い専門知識が目立ちがちですが、お客様と二人三脚で仕事を進めていくためのコミュニケーション能力がコンサルタントには求められます。このコミュニケーション能力は最初の段階で見抜くことが可能です。最初の相談の段階で意思の疎通が図れない一方通行な会話になりがちなコンサルタントには注意が必要でしょう。

コストパフォーマンスは高いか

コンサルタントに依頼したときのコストパフォーマンスのバランスは高いでしょうか?
Web集客によりお客様が増えて、売上が上がれば支払ったコンサルティング料の意義が高まります。逆にWeb集客の結果、売上が思ったほど上がらなかった場合は経費のかけすぎにもなるのです。この部分でコンサルティングを頼む側も頼まれる側も相談の段階で必要な費用と「どこまで代行してくれるのか」と「どのような結果を期待できるか」など事前に確認しておきましょう。

まとめ

さて、この記事ではWeb集客をコンサルタントに代行する3つのメリットについて解説してきました。実際に代行を依頼したときのイメージが持てたのではないでしょうか。

Web集客は長期的な視点にたって、様々な施策に取り組んでいく必要があります。さらに、その時代に合った最新の知識や技術が求められます。そのため、通常のサイト運用者とは別に、Web集客の担当者を専任でつけることが非常に望ましいのです。その対応が「企業にできるかどうか」非常に大きなカギを握っているでしょう。

しかし、専任のWeb集客の担当者を企業で雇ったとしても、Web集客で一人前になる迄には非常に多くの時間と労力が必要になります。Web集客の担当者のスキルアップのために研修や教材費まで用意する必要も考えられるのです。実績のないWeb集客の担当者を雇用することは予想以上に時間と費用がかかる可能性があります。だからこそ、専門家であるコンサルタントにWeb集客を代行する意味があるのです。

Web集客で思うような成果が上がっていないのであれば、コンサルタントにWeb集客を代行することを前向きに考えてみてください。集客以外の業務に打ち込めることは、本業にかける時間が多く取れることです。特に少人数で展開している企業様にとって、時間は大切ですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*