コンテンツマーケティング

不動産紹介で成功できるWeb集客とは?必要な取り組みと3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産紹介で成功できるWeb集客とは?必要な取り組みと3ステップ

不動産の紹介では、大手のポータルサイトがWeb上に君臨しています。そんなWebにおける不動産業界に地元の不動産紹介サイトは勝つことができるのでしょうか?この記事では、地元の不動産紹介サイトがWeb集客に成功するために必要なことについて、詳しく解説していきます。さらに、不動産紹介サイトの具体的な3段階ステップも案内してきましょう。

地元の不動産紹介サイトのWeb集客方法について調べている企業のWeb担当者に向けたヒントとなれば、幸いです。

大手ポータルサイトに負けない地元不動産サイトを目指す

不動産業界において、SUUMOやLIFULL HOME’S、アットホームなど大手ポータルサイトにより、「物件探し」の利用ユーザーを集めています。そのため、不動産を扱う企業は、大手ポータルサイトと連動した顧客獲得の選択が少なくないでしょう。

もちろん、大手ポータルサイトと連動して顧客を獲得することは悪くありません。ただし、ポータルサイトは、広告の掲載料によって成り立っていることから、成約時の手数料もかかってくるのです。

それならば、自社の不動産紹介サイトを起ち上げてWeb集客を目指すことはできないのでしょうか?結論を言ってしまえば、地元の不動産サイトでもWeb集客はできます。それは、大手ポータルサイトが施せないWeb集客を目指すことです。

地域密着型の不動産サイトがWeb集客に成功するために必要なこと

では、地域密着型の地元の不動産紹介サイトにより、Web集客で成功するために必要なことを紹介します。

ローカル・エリア情報を正確かつ詳細に発信していること

まず、地元の不動産サイトならではのローカルなエリア情報をできる限り、詳細に情報発信していくことが必要です。詳細情報も大手ポータルサイト以上に詳しく、かつ正確に発信していく必要があります。

物件ページの情報を網羅して大手との差別化を図る

大手ポータルサイトは、物件数の多さが強みとなり、地元の不動産サイトに対して情報量で優っているのです。ただし、物件数が多いとしても全国的にエリアを拡大していることから、地域に密着した最新情報となっている点は、行き届かない部分でもあります。

地元ならではの詳細な情報を物件ページに徹底的に反映するのです。その情報が、地域に関わっているからできる部分であれば、直接的に関わることができない大手不動産紹介サイトとの差別化を図ることができます。

ローカル検索を意識したSEO内部施策

不動産紹介サイトのWeb集客で重要になる取り組みは、地域の物件を探すユーザーが、「検索するであろう」ローカル検索キーワードを意識したSEO内部対策です。SEO内部対策とは、検索キーワードの需要に沿ったコンテンツを作っていくことになります。

さらに、SEO対策の内部施策として、内部ページを関連するページと連携していくのです。それら、ローカル検索を意識して作っていきます。たとえば、地元が「埼玉県本庄市」の場合、「庭つき1戸建て 駐車スペースあり」と検索されたとしましょう。Googleマイビジネスによって、地域密着情報の更新頻度が高ければローカル検索の上位に紹介されることが期待できます。

あくまでもSEO対策の1部となりますが、地域密着型という利点が検索エンジンの評価を上げる要素となるのです。

オフライン集客のメリットデメリット

いかがでしょうか?地元の不動産紹介をWebで集客するためには、大手ポータルサイトと差別化できる点をアピールする必要があります。「それでは、Web集客ではない従来の宣伝方法では無理なのか?」という疑問もわいてくることでしょう。

それでは、Web集客ではなくて、オフラインによる不動産紹介をする場合のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

折り込み・投函チラシ

オフライン集客で取り組みやすいのが、折り込みチラシや投函チラシです。新聞に折り込まれている広告や、各家庭のポストに投函されているチラシなどを指します。

メリット

折り込みチラシは、新聞を愛読する層に向けては効果があるでしょう。年齢的に50代~60代以上に対してのアプローチになります。また、新聞への折り込みの場合は、事前に配布エリア数を把握できるため、費用コントロールができます。つまり、想定した費用以上に経費がかからないのです。

デメリット

新聞折り込みの場合は、一度に多くの家庭に向けた宣伝にはなります。ただし、新聞の場合は属性を明確にした施策ではないため、無駄な折り込みも多くなるのです。商談の発展までは難しい取り組みとなるでしょう。

また、投函チラシの場合は、ある程度の配布先の選定ができます。しかし、配布する労力の割には、枚数を配ることに限りがあるのです。さらに、望まない家庭に配ることにより、クレームを受けることがあります。

広告看板

次に広告看板による集客効果を見ていきましょう。地元の道路沿いや目に付く場所に広告看板を設置した場合の集客になります。

メリット

広告看板のメリットは、看板を見かけた人にイメージを与えることができます。「地元にこんな不動産業者がいる」という認知の役割を果たすでしょう。また、看板は作ってしまえば、壊れない限り長期的に使える点がメリットになります。

デメリット

広告看板を設置して、「実際に見てもらえているか」は別問題です。よほど、魅力的で強いイメージを与えられなければ潜在層へのアプローチは難しいでしょう。さらに、看板の効果を測定しにくい点と、看板の経年劣化によるイメージダウンが逆効果となることがあげられます。

ダイレクトメール

郵送によるダイレクトメールもオフライン集客の1つです。送付先となる個人情報リストを入手して、個人あてに送る案内になります。

メリット

ダイレクトメールのメリットは、折り込みや投函チラシに比べたら、個人に向けた訴求になるため、開封されやすいでしょう。顧客心理をふまえることを前提として、内容やデザイン次第では読んでもらえることができます。

デメリット

ダイレクトメールは、個人情報リストを入手してあることが前提の方法です。そのため、個人情報リストがなければ、購入する必要もあります。さらに、ダイレクトメールのコンテンツを企画したり、制作したり、発送の手続きをしたり手間や費用もかかるのです。

いかがですか?オフライン集客では労力やかけた費用の割には、得られる効果が大きくないことが考えられます。

Web集客のメリットデメリット

では、Web集客の場合はどうでしょうか?不動産の紹介をWeb集客で取り組んだ場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ポータルサイトの場合

まず、ポータルサイトを活用した場合です。ポータルサイトは、掲載に費用がかかる場合と顧客獲得成果に対しての手数料を支払うケースなどがあります。

メリット

ポータルサイトに掲載した場合、すでに保有している読者からのアクセスが期待できるでしょう。さらに、掲載する内容はポータルサイトのテンプレートに沿って行えばいいので、手間がかかりません。開業間近の不動産業者ならば、ポータルサイトの集客効果も取り入れることにより、すぐにアクセスが期待できます。

デメリット

あくまで、ポータルサイトに掲載することは、ルールの範囲の情報しか出せません。さらに、ポータルサイトの事情に左右される部分が大きく、掲載する業者の意向と合わない内容になることもあるのです。また、掲載をやめるとともに問い合わせが途絶えてしまうことも考えられます。

リスティング広告の運用

次にWeb集客をリスティング広告の運用で取り組んだ場合はどうでしょうか?リスティング広告は、検索結果ページの広告枠に掲載する見込み客になりやすい層に向けた施策となります。

メリット

リスティング広告のメリットは、掲載する検索キーワードにより、見込み客になりやすい層に訴求することができるでしょう。また、効果をすぐに確認することもできます。検索キーワードの実質の流入結果も確かめることが可能です。

デメリット

リスティング広告の運用は、費用がかかります。広告の運用を上手く管理できないと費用対効果も悪くなるのです。そのため、リスティング広告の運用は、経験と知識が必要になります。

自社Webサイト

自社のWebサイトの場合は、どうでしょうか?自社のWebサイトとは、企業が独自で運営する情報発信となります。

メリット

自社で運営するWebサイトのため、掲載内容に制限がありません。さらに、初期制作に必要な費用以外は、広告の運用と比べて費用がかからない点がメリットとなります。

デメリット

自社Webサイトのデメリットは、サイトに訪問するアクセス数を増やすまでに時間と手間が必要な点です。Webサイトは、育てていく感覚で運営をしていきます。そのため、効果が出るまで長期的なスパンで取り組んでいく必要があるのです。

Web集客のメリットとデメリットについて、紹介してきました。ただし、Web集客はオフライン集客に比べると、認知拡大や潜在ユーザーへの訴求など圧倒的に費用対効果が高くなります。その理由は、ユーザーの情報収集活動がスマートフォンの普及とネット環境の拡大による検索行動によるものだからです。

地元の不動産サイトのWeb集客方法3ステップ

それでは、地元の不動産サイトをWeb集客で取り組むための3つのステップを紹介します。

地元の特徴と自社の強みを明確にする

まず、地域密着型の不動産紹介サイトとして、地元の特徴を詳細に調査することが必要です。さらに、ポータルサイトにはできない「自社の強みの部分」を明確にアピールしましょう。

地域を意識した明確なターゲットユーザー設定

そして、自社の強みになる部分を明確にすることで、地元の特徴と融合できる部分を見つけます。それは、地域の特徴と自社の強み部分が合わさることで、強固になる必要があります。

たとえば、自社の強みが「神奈川県小田原市で生まれ育った社長が経営する不動産会社」と「神奈川県小田原市の特徴」が融合することにより、「神奈川県小田原市の地域情報に詳しい」という部分が強くなってきます。

さらに、融合された地域を意識した特徴は、明確にしたターゲットユーザーに向けて訴求していくのです。ここで重要なのは、ポータルサイトの規模が大きいことがターゲットユーザーの絞り込みを妨げる点になります。このターゲットユーザーの明確な設定では、地域密着型の不動産紹介サイトのほうが絞り込みやすくなるのです。

SEO対策を施した自社メディア制作

上記のステップをふまえて、地元を意識した自社メディアの制作に取り組みます。その際、SEO対策は必須です。SEO対策を施した自社メディアを運営していくことになります。

反響に繋がらないときの確認事項

自社メディアの制作は、長期的な取り組みとなるでしょう。そのため、運用開始から反響につながらないことも考えられます。そのような時の確認事項について紹介しましょう。

ポジショニング戦略の見直し

確認事項として、1つはポジショニング戦略の見直しは必要です。自社の強みとなる部分が「本当に競合よりも優っているのか?」または、地域の情報が実際の地域相場の「価格や質と合っているのか?」などを見直します。

ポジショニング戦略では、地域物件情報とポータルサイトによる全体的な物件情報と自社の位置づけを分析していくのです。

ユーザーの求める情報発信となっているか

さらに、自社メディアから発信している情報が、「ユーザーの求める内容になっているか」についても確認する必要があります。自社メディアで集客をする際は、発信する情報がユーザーに役立たなければいけません。業者事情による情報では、ユーザーの共感は得られないからです。

オウンドメディアの解析・改善

自社メディアを運営していくことは、オウンドメディアの運用となります。オウンドメディアは、長期的な施策となるのです。そのため、日々の解析や改善が必要になります。

ただし、オウンドメディアは継続による長期的に安定した集客を実現できるのです。そのためには、日々の時間と手間をかけた取り組みが必要になります。

不動産紹介サイトはブランディングが必要

不動産紹介サイトは、自社の強みと地域の特徴を上手く融合させた訴求になるでしょう。言いかえると、大手ポータルサイトと差別化できる部分を顧客に認知させていく活動です。この認知活動のために、ブランディングが必要になります。

専門業者への相談は必須

不動産紹介サイトにブランディング効果を取り入れていくためには、Web集客の経験と知識がないと、時間と手間がかかることでしょう。自社のオウンドメディア構築に向けた取り組みには、専門のWeb業者に相談をしてみることで、時間と手間を省くことができます。

まとめ

ここまで、地元の不動産紹介サイトを成功に導くためのヒントを案内してきました。即効性のある効果を期待している場合は、広告の運用を選択することになります。ただし、広告の運用は、経験がないと思った通りの費用対効果を得られません。

この記事では、費用対効果の面と長期的に安定した施策となることをふまえて、地元の不動産紹介サイトが大手ポータルサイトと差別化するために自社メディアの運用をおすすめします。現在のインターネット環境やスマートフォンの普及からも、より絞り込んだターゲットに向けた訴求が個人に伝わるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*