Web集客事例

小規模事業だからこそ出来るコストを徹底的に削減したWeb集客法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小規模企業Web集客

小規模事業者様の場合、Webサイトの運営に対して「余裕を持った予算や社内リソースを割けない」というケースが多いと思います。そんな小規模事業者様だからこそ出来るWeb集客法があります。

「大手企業では出来ないが、小規模事業者だからこそ出来る」そのようなコスト削減によるWeb集客です。Webサイトの運営力と限られた予算、リソースをどう効率的に配分するかが要となる小規模事業者のWeb集客法について、本コンテンツでじっくりと解説していきましょう。

Web集客とは

はじめに、Web集客とは具体的に何を指すのでしょうか?Web集客は、インターネット上で扱えるツール(Webサイト・広告・SNS・Youtubeなど)を使った集客行動を指します。 Web集客により、24時間365日休みなく自社の商品やサービスを潜在ユーザーから見込み客に至るまで提案できるようになるのです。

このように魅力的な集客方法のため、競合他社も多いのが現実になります。そのためにWeb集客についてポイントを押さえていく必要があるのです。本コンテンツでは、Web集客のポイントを小規模事業者のWebサイトを対象にして見ていきます。

集客できるWebサイト運営内容

WebサイトのWeb集客法は、意外にもやる事はシンプルなのです。それだけに理解してしまえば、小規模事業者の担当者様でもWebサイトの運営ができるようになります。シンプルなやるべき事をコツコツと積み重ねていけば、集客できるWebサイトの運営も可能になるでしょう。

webコンテンツ企画と制作

まず始めに行うWeb集客法は、非常に大きな役割となるWebコンテンツ企画と制作です。最近のGoogleの動向は、コンテンツの中身を非常に重要視するようになっています。コンテンツSEOと呼ばれているほどWebコンテンツの評価が検索順位に直結するようになっているのです。コンテンツが充実していれば、検索ユーザーのサイト滞在時間も長くなります。その為、コンテンツのクオリティ次第で、多くの見込み客を獲得する事が可能です。

日々のサイト解析・評価・改善

Webコンテンツは企画段階からがスタートになります。さらにコンテンツを公開した時が、もう一つのスタートとなるのです。ここで理解していただきたいことは、「Webコンテンツは作って終わりではない」ということです。

せっかく企画し制作したコンテンツも育てなければ宝の持ち腐れになってしまいます。自社のWebコンテンツは日々の改善が重要なのです。その積み重ねが大きなWebマーケティング資産へと成長する、大切な集客資源となります。Webサイトは、実店舗と同じように毎日の店舗レイアウトの変更や清掃、お手入れと同じく改善が必要です。その為、日々の解析と評価、改善はWebサイトの必須作業になります。

Web集客の事例と仮説検証で施策

Web集客の事例を参考にすることは重要です。ただし全てが事例どおりに当てはまることは考えにくく、あくまでも参考データとして見ていく必要があります。さらにWeb集客については、いつまでも同じ方法が続けられるほど簡単ではない変化の激しい世界なのです。

そのため、日々のサイト解析や評価、改善による施策の中で得られた事例を次の施策へと活用していきながら仮説検証をしていきます。この仮説検証は、Web集客で欠かせない取り組みになるのです。つまり、Web集客は運用しながら改善が必要な取り組みと言えるでしょう。

Webサイト運営にかかる費用

続きまして、Webサイト運営に掛かる費用ですが、大きく分けて以下の二つになります。

  • サイト制作・保守費用
  • サイト運用費用

どちらも掛け方次第で内容と費用は大きく変わりますが、現在では、昔に比べてWebサイトの制作費用は安くなっている傾向です。それと比較して、販促費を含むサイト運営費用は、年々高くなってきている傾向になります。

Webサイトの制作はコストをかけずにある程度のレベルのサイトができますが、サイト運用のために必要なコストは、経験やスキルがないと膨れ上がる恐れもあるのです。弊社では、その辺りのご相談も承っております。

Webコンサル費用の相場

自社にWebに詳しい担当者様がいない場合の選択肢として、全面的にWeb集客を外部の業者に任せる場合の費用の相場を見ていきましょう。その前にWebコンサルタントにお願いする部分を明確にしておくと次のようになります。

  • Webサイトを含めたデータの分析
  • クライアント様の業界市場調査と競合調査
  • Webコンテンツ制作コストによる施策
  • Webコンテンツ制作に向けての指示書作成
  • Webコンテンツ制作中のアドバイスやフィードバック
  • Webサイトの解析・効果の検証
  • SEO対策の提案
  • 記事執筆のアドバイス
  • 制作の外注化に向けたアドバイス
  • 広告の運用の提案とサポート

Webコンサルタントの費用は、月10万円~50万円ほどです。内容や追加事項があれば、それ以上になるかもしれません。あくまでもコンサルティングなので、Web集客の結果を出すための具体的な施策を提案が依頼範囲です。実際に施策に沿った作業の取り組みについては、コンサルティング費用の範囲外になります。

中には、作業まで請け負う業者もあるかもしれません。Webコンサルティングについては、実際に依頼をする前に詳しい内容の確認をしておく必要があるでしょう。契約してから、「これって頼めないの?」と誤解を招くことも考えられるからです。

Webサイト制作・保守費用

Webサイトの制作と保守費用だけのお申し込みになると次の取り組みが主になるでしょう。

  • Webサイト構築
  • 新規ページ追加
  • バナー制作
  • サーバー管理など

その他、サイト保守については、Webサイトの規模や構成で異なります。相場では月に1万〜5万円位になるでしょう。これらWebサイトの制作と保守費用を含めて、プロに任せることで作業負担を軽減できるのです。

社内スタッフの人件費

Webサイトを担当する社内スタッフの方が、Webマーケティングの経験者であるケースは稀なケースでしょう。小規模事業者の場合、他の業務と兼任することが考えられますので、専任のWebサイト運営担当者を設置することは難しくなります。その為、Webサイトの運営について、適切な業務とそれに対する時間の配分の判断が出来ないことも少なくありません。

Webマーケティングは目には見えないコストが掛かる事が多いのも事実です。社内だけのリソースでのWebサイト運営は人件費が多く掛かってしまう事も考えられます。そのようなリスクに対応していくために、第三者からの視点と的確な意見を取り入れる事が効率的なサイト運営に繋がっていくのです。業務成果を明確にできない社内リソースと比較すれば、外部の専門家に委ねることでWeb集客にかかる費用が明確になることが大きなメリットになります。

Seo対策費

Web集客の取り組みの一環になるのが、Seo対策です。Seo対策と一言で言っても、多くの技術の種類や各事業者による考え方があります。基本としてSeo対策は、長期的に施策を行なうことが必要になるでしょう。そのため、長期間の業務提携になる点からもSeo対策を検討する際は、予算はもちろんですが、御社のビジネスの考え方に近い業者を選定する事をおすすめ致します。この考え方につきましては、Web集客のプロの業者との最初の相談の段階で「自社の求める目標や業界での在り方」などを具体的に理解してもらうことが大事です。

また、昨今の短期的なWeb集客戦略では、ほとんどのケースで実を結ぶ事はございません。一時的に効果が出る場合もありますが、短期的な戦略では長続きしないことがほとんどです。その為、安さや即効性だけをウリにする業者とお付き合いする際は、慎重に進めた方が良いです。Seo対策は、短期的に成果を出せるほど簡単ではなく、ある程度の労力と時間をかけて成り立つ戦略と理解しておきましょう。

Seo対策費用につきましても、各業者で異なります。相場では、月10万円〜50万円位になるでしょう。めぐみやでは、長期的に安定して見込み客を獲得出来るSeo対策として、コンテンツマーケティングの運用をおすすめ致しております。

Web広告費

Web広告につきましては、AdwordsやYahoo!をはじめとするアドネットワーク広告が存在するのです。メディアの規模としても大きく、競合他社も多く参入される運用になるでしょう。それだけにWeb広告費は年々上昇傾向になってきています。その理由は、サイトに集客力がまだついていない初期段階の運用に対して有効だからです。さらにWeb広告は、多くの活用法があるので、専門家に相談をして自社に合った広告出稿を考えてみることが必要になります。

Web広告費の相場ですが、自社だけの取り組みで広告配信を行なえば広告費のみになります。その場合、広告運用の知識や技術の理解が必要です。自社でなく、広告代理店に広告運用を依頼すると手数料が掛かります。その手数料の相場は、広告費用の20%になるのです。

リソースを社内外に分散した効率的なサイト運営

また、Web集客を社内で組織化して共有する場合、多くのサイト運営スタッフを雇い、スキルアップの為の勉強会や評価制度などを社内だけで整備するのは、難しくなります。

Web集客の専門業者ならともかく、時間やコストが膨大に掛かってしまいます。そのような理由から、自社でしか出来ない作業は自社で行い、その他の作業はアウトソーシングして作業全体を効率良く分散してサイト運営するのが、このWeb集客法の最大のポイントになります。

アウトソーシングしない方が良い作業

サイト運営のノウハウが自社に蓄積されていけば、より良いサイト運営に繋がると思います。その為にアウトソーシングしない方が良い部分は、「Webコンテンツ企画」になります。極端な話しですが、こちら以外は全てアウトソーシングに任せてしまうことで問題ありません。

しかし、Webコンテンツ企画だけは、自社で行うことが理想です。優秀なアウトソーシングに依頼しても、事業やブランドのコンセプトなどを、深く認知していないと良い企画は生まれてきません。Web集客による自社の特徴は自社内の判断を軸に考えていくことをお勧めします。

Webマーケティングは外注すべきか

今まで、Web集客について「自社で取り組むべき事」と「アウトソーシングに任せても良い事」などについて詳しく見てきました。それらを参考にして判断してみると、Webマーケティングの内製化と外注化の決断が、Web集客の最初に行うポイントになります。では、結論としては、Webマーケティングは外注化したほうがいいでしょう。その理由は、Webマーケティングを内製化した場合の流れで判断すると見えてきます。

  • 自社でWebマーケティングをするために優秀な社員を採用する
  • 社内のWeb関連の仕事が優秀な社員に集中していく
  • 社員の業務量が予想以上に増える
  • 社員1人では仕事が回らなくなり、新しく社員を採用する
  • 優秀な社員は独立する可能性があり、やめることも考えられる
  • 新しい社員を雇用する必要が大きくなる
  • 結果的に外注化を決断・実行

Webマーケティングにかける費用を「妥当である」と判断できないため、自社で取り組んでみたところ、上手く回っていかないことに気づくケースは少なくありません。結局、Webマーケティングを外注化することになり、Web集客に費用をかけることの正当性を感じるようになるのです。

つまり、Web集客は本業を抱えた状態により、片手間でできる取り組みではないことを理解しておく必要があります。それだけに優秀なWebコンサルティングサービスを選択することが大きなポイントになるのです。

弊社では、クライアント企業のWeb担当者様の状況に応じたWeb集客のご提案を用意させていただいております。「こんなこと相談できないのでは?」とご遠慮なさらず、まずは具体的に困っていることをご相談ください。

まとめ

今回は弊社でお付き合いの多い、小規模事業様向けのWeb集客法をご紹介させて頂きました。具体的に事業者様の分担とWeb集客の業者に任せる部分がご理解いただけたのではないでしょうか。「これならば、うちも導入したい!」というサイト運営のご担当者様、是非お気軽にご相談下さいませ。弊社はお客様との打ち合わせに基づいた施策を大事にしております。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*