Seo対策

ホームページを活用して売上を上げるための5つの施策とその理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページ売上アップ

多くのサイト運用者が頭を悩ませるのがホームページによる集客です。コストをかけてホームページを運用しているのであれば、しっかりと売上に繋げたいですよね。

実際に、費用をかけてサイト制作会社に作ってもらったのに、ホームページが活用できていない企業は少なくありません。そこで、今回の記事ではホームページで売上を上げるための5つの施策について解説していきます。

さらに、ホームページの活用が売上アップに繋がる理由についても説明していきます。ホームページによる集客に悩んでいるサイト運用者は、ぜひ参考にしてみてください。

ホームページで売上を上げるための5つの施策

まず、ホームページで売上をアップさせるための具体的な5つの施策について解説していきます。

  • ターゲットに向けたWebコンテンツの作成方法
  • Seo対策で上表示させる方法
  • Web広告を出稿して認知拡大させる方法
  • Snsと連携して認知拡散させる方法
  • メールマーケティングで顧客を育てる方法

以上の5つの施策をそれぞれ詳しく解説してきましょう。

ターゲットに向けたWebコンテンツ作成

5つの施策の中で、最も大切なポイントは、ターゲットに向けたコンテンツを作成することです。あなたが扱っている商品やサービスの対象となるお客様の属性を特定して、属性に合ったお客様に向けたコンテンツをホームページに用意するのです。そのためには、事前調査や市場の動向、ターゲットの環境や動向を詳しく調査していく必要があります。

ターゲットを絞ってターゲットに響くWebコンテンツを作ることで、ホームページに来たお客様の購買意欲が高まり、売上アップに繋がるのです。当たり障りのない万人受けするコンテンツよりも、ターゲットを絞ったコンテンツの方が、より強いメッセージを送ることができます。このターゲット設定によるWebコンテンツの作成こそ、ホームページの売上に大きな影響を与える施策になるでしょう。

Seo対策による上位表示

また、ホームページで売上を上げるためには、Seo対策も非常に重要です。Seoとは、Search Engine Optimizationの略称になります。GoogleやYahoo!などの検索結果ページで上位に表示されるための対策のことです。

弊社では、Seo対策についてコツコツと継続していく施策を取り入れています。Seo対策をやるべき理由は、御社のホームページが検索結果で上位表示されることで、自然とアクセスが増えて売上アップに繋がるためです。ホームページは一朝一夕ではアクセスが増えてきません。コストをかけて作成したホームページを自社の集客ツールとして活用できるように、しっかりとSeo対策をしましょう。

Web広告による認知拡大

ホームページで売上を上げるための施策として3つ目に挙げるのが、Web広告による宣伝で認知拡大させることになります。Web広告とは、他のインターネット上の媒体の広告枠に、自社の商品やサービス、もしくは自社ホームページの広告を出すことです。

自社のホームページの運用だけでは、なかなかターゲットとするお客様を集めることは難しくなります。さらに、Seo対策で上位表示されるまでに時間がかかるのです。そのような状況に効果的なWeb広告は、ターゲット顧客が数多く集まる媒体に広告を出す方法になります。

アクセスの多い媒体に広告を出稿することで、ターゲットとする顧客に対して高い確率で認知させることができるのです。しかも短期間で商品やサービスを認知拡大させ宣伝することができます。Web広告は、時間と労力をお金で買う仕組みですね。

SNSとの連携で拡散

また、ホームページをSNSと連携させることも売上アップの大きなポイントです。SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(social networking service)のことを指しています。

具体的にSNSとの連携は、FacebookやTwitter、Instagram、Lineなどのサービスの個別アカウントと自社のホームページを連携させることです。それぞれのSNSの特徴で拡散され、新たにSNSのユーザーをホームページに呼び込むことができ、さらなるアクセスアップに繋げることができます。SNSの相互的コミュニティ感が濃い関係を築く役割を持っているからです。

メールマーケティングによるナーチャリング

そして、ホームページで売上を上げるための施策として最後に挙げるのが、メールマーケティングによるナーチャリングになります。ナーチャリングとは、教育という意味です。

具体的に言うと、メールで必要な情報を発信しながらお客様の購買意欲を高め、商品やサービスの購入に至るように教育していくマーケティングになります。ホームページとメールマーケティングを併用することにより、売上を大きく伸ばすことが可能になるのです。

ホームページの全体的なメッセージの配信イメージとメールによる個人に向けた配信イメージの併用により、個人に向けた訴求効果も高められます。つまり、メールをクスすることにより、ホームページで全体的に告知した内容をさらに個人に向けた特別な提案で購買意欲を高めさせることができるのです。

ホームページが売上アップに繋がる理由

さて、ここまでホームページで売上を上げるための5つの施策について解説してきました。ホームページで売上を上げていくためには、どれも重要な役割を持っているのです。次に5つの施策についての必要性を考えてみましょう。ここからは何故ホームページを活用することが売上アップに繋がるのかを説明していきます。

エリアを超えて宣伝できる

ホームページが売上アップに有効な理由として非常に大きいのが、エリアを超えて宣伝できるというポイントです。これこそホームページの大きなメリットになるでしょう。

例えば、チラシを配って商品を宣伝するとします。この場合、当然ながらチラシを配ったエリアにしか商品を宣伝することができません。そのため物理的に作ったチラシの枚数とチラシを配った人数により、範囲が限定されてしまうのです。

しかし、ホームページであれば、インターネットを経由した電子媒体になります。地域や場所が限定されることはありません。またチラシを印刷する必要もない無制限に発行できる宣伝手法なのです。まさに、日本中のお客様に自社の商品やサービスを宣伝することができるのです。

集客コストが一定

また、ホームページはコストが一定であるという点も大きな魅力です。何十人、何千人の人に宣伝したとしても、ホームページ運用にかかる費用は変わらないのです。

例えば、先ほどと同じように、チラシで宣伝するケースのコストを考えてみます。チラシを多く印刷すれば印刷会社に支払う費用が増えるでしょう。さらにチラシを配布するエリア拡大のためチラシを配る人の労働費用も掛かってくるのです。当然ながら、チラシの数が増えるほど費用が膨らみますよね。つまり、多くの人に宣伝しようとすると、膨大な広告費が発生してしまうのです。

以上のようなコストが増える心配は、ホームページではありません。長期間に渡って運用しなければいけないホームページに関して、コストが常に一定であるということは、非常に大きなポイントではないでしょうか。

24時365日間宣伝が可能

また、ホームページは24時間365日休まずに宣伝することができます。一度、ホームページを作成してインターネット上にアップしてしまえば、常に自動的に宣伝し続けてくれるのです。

それこそ、サイト運用者が別の仕事をしていても、夜寝ている間でもホームページは宣伝を続けてくれるのです。このホームページの仕組みからも、実際にチラシを配って宣伝する場合と比べれば、どれほど効率的であるかが理解できるでしょう。

宣伝内容の修正が容易

さらに、ホームページには、「宣伝内容の修正が簡単にできる」というメリットもあります。例えば、商品の価格を修正したい場合でも、ホームページの情報を書き換えればよいだけですので簡単です。

これも同様に、チラシを配って宣伝するケースと比較してみましょう。もし、何百枚ものチラシを印刷した後に、商品の価格を修正するとなると一体どうなるでしょうか。その都度、価格を修正して印刷し直さなければいけないのです。

当然ながら、修正前のチラシは無駄になります。印刷して修正し、また診察して修正を繰り返していく事で余計なコストが発生してしまうことになります。これを考えれば、ホームページによる宣伝が、どれほど効率的であるかを理解していただけるはずです。

宣伝効果の詳細を測定できる

また、宣伝の効果測定という観点でも、ホームページは非常に優れています。なぜなら、アクセス解析ツールを利用することで、ホームページへのアクセス数やページ滞在時間、クリック数などのデータを細かくチェックできるからです。

例えば、自社のホームページではなく、他の媒体にWeb広告を出したとします。このとき、アクセス解析を使えば、どのWeb広告からホームページに来たのかを数字で確認することができるのです。この一連の分析の流れが、Web広告の効果測定を実施することになるのです。

チラシによる宣伝では集客に繋がったかどうかを確認するのは難しくなります。しかし、ホームページであれば、宣伝効果の詳細を測定できるという大きなメリットがあるのです。このメリットは、競合他社や自社の強み、顧客の行動などを知ることに繋がる重要なデータ分析となるでしょう。

売上が上がる施策と理由から集客のコツ

ホームページは、目先の売上を上げるための施策ではなく、積み上げの継続によるものになります。そのため、長期的なスパンで売上を上げる施策を行う必要があるのです。売上を上げるために「どうしてこのような施策をとるのか?」理由も併せて紹介していきましょう。また、ホームページによる集客のコツも解説していきます。サイト運用担当者様の参考にしてみてください。

ホームページの表示の確認とドメインとサーバーについての基本知識

ホームページは、インターネット上にアップロードさせておくことが前提条件になります。いくらデザイン性に富んだ見るものをくぎ付けにさせる内容の素晴らしいホームページを持っていてもインターネット上にアップロードされていなければ意味がありません。よくありがちな自社のホームページが「表示されていない、削除された?」という事のないように最低限のサーバーとドメインについての知識を持つことも必要です。

独自ドメインを取得して、サーバー上にドメイン内のコンテンツを設置します。サーバー上にアップロードした記述に間違いがなければ、ホームページは表示されるのです。初歩的なミスにもなりますが、ホームページが表示されないで「404エラー」を返されてしまうと、ドメインの評価も下がってくるので自社のホームページの確認は小まめにされることをお勧めします。

集客に繋がるホームページの宣伝方法

集客に繋がるホームページの宣伝方法は、売上を上げる5つの施策で紹介させていただいた「Seo対策とWeb広告」の活用になります。ここでは、もう少し、具体的に説明をしていきます。Seo対策は、検索キーワードによる検索結果の上位表示を目指す方法です。Web広告につきましては、有料でキーワードを入札する検索連動型広告、リスティング広告のことを指します。

Seo対策は、ホームページを育てていくイメージで常日頃から意識して行う施策になるでしょう。ただし、Seo対策は自社の都合通りに上位表示されることは考えにくいのです。そのため、「このキーワードで自社の商品に興味を持つ集客に繋がるのか?」という疑問に対して、需要があるか調査をする必要があります。

この調査の役割にも活用できるのが、リスティング広告なのです。リスティング広告は、そのままホームページに訪問されたお客様が商品の購入まで行動をされることで、実際の売上が上がる宣伝にもなります。つまり、キーワードの需要調査も兼ねながら、売上も見込める宣伝方法と言えるのです。

自社の目指すキーワードで上位表示を目指している中で、リスティング広告を活用しながら売上を上げていく仕組みになります。

売上げをあげるホームページ作成のコツ

次の売上を上げる集客のコツとなるのが、ホームページの作成のポイントです。ホームページの作り方にもコツがあります。まず大事なことは、ドメイン直下のトップページは、ホームページの看板となるので、一番重要視するページだという事です。看板は第一印象を与える役割にもなります。

トップページの配色デザインや使われている画像により、ホームページに訪問されたお客様がページから、すぐに離脱してしまうことも多いのです。そのため、ホームページのデザインなどは、経験の浅いサイト運営担当者では少しハードルの高い業務になることでしょう。

このような場合、プロのホームページ制作会社に依頼することで簡単に解決することができるのです。トップページは、ホームページの玄関であり、全体のイメージを伝える役目もあります。ホームページ作成のコツとして、トップページだけは経験値のある業者に任せることが理想です。

ホームページの集客効果の判断

「自社のホームページの出来栄えと現在行っている施策は正しいのか?」判断をしないと、方向性が見えてきませんよね。そこで重要になるのが、「ホームページの集客効果の判断」です。

自社のホームページに「どのようなデバイスを使って、どのような時間帯にどの地域からの訪問者が多かったのか?」具体的なデータを分析することができます。そのデータ分析には、アクセス解析のGoogleアナリティクスなどを活用していくのです。アクセス解析を活用していくうえでの注意として、長期目線で分析していく事がコツになります。1日だけのアクセス解析データで一喜一憂しないで、「このページからの訪問者が多いのはなぜか?」という風に原因を仮説として追及していくイメージで次の施策を立てていくのです。

まとめ

さて、今回はホームページで売上を上げるための5つの施策について解説してきました。いずれも具体的な方法を上げて説明してきたので、サイト運用者の方のお役に立てたことでしょう。

さらに、ホームページの活用が売上アップに繋がる理由についても解説してきました。ホームページを活用することでこれだけのメリットがあります。このようにホームページによる集客が優れているのには、しっかりとした理由があるのです。

長期的な取り組みが必要になるホームページ運用ですが、正し戦略のもとに続けていけば必ず売上アップに繋がります。この記事で解説した内容を参考にして、サイト運用者はホームページの活用に取り組んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*