Web集客事例

サイト運用者のための上手なWebサイトの育て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
webサイトを育てる

自社のWebサイトを使って集客を行うためには、集客という目的に合わせてWebサイトを運用していかなければいけません。一度、Webサイトを構築したら終わりではなく、目的に合わせて育てていくという考え方が大切なのです。

それでは、Webサイトを育てるとは、一体どういうことなのでしょうか。そして、どのように運用していけば、Webサイトを育てることができるのでしょうか。

そこで、ここではサイト運用者のための上手なWebサイトの育て方について解説していきます。自社のWebサイトで思うような成果が上がらずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

Webサイトは育てるもの

まず、「Webサイトを育てる」とは、どういう意味でしょうか。これは、野菜に肥料や水をあげて育てていくのと同じように、Webサイトを育てていくということを表しています。

Webサイトを育てるとは?

例えば、野菜を育てるためには、栄養素の含まれた土や肥料を用意します。さらに、コツコツと水をあげ続けることで、美味しい野菜を育てることができます。

Webサイトの運営も一緒です。集客がWebサイトの目的であれば、アクセスを上げるための施策を行ったり、必要な改善を加えたりすることで集客の成果を高めていきます。

このような運用をコツコツと続けることで、「集客できるWebサイト」に育てていきます。Webサイトは一度作ったら終わりではなく、作ってから育てていく必要があるのです。

Webサイトが順調に育つと

それでは、Webサイトが順調に育つと、どのようなメリットがあるのでしょうか。集客がWebサイトの目的であれば、サイト運用者がそれほど手をかけなくても自動で集客を行ってくれるようになります。

そのため、社内のリソースに余裕ができたり、サイト運用者が他の業務に集中できたりするといったメリットが考えられます。

完全にWebサイトを放置する訳にはいきませんが、Webサイトが順調に育ってくれれば、より少ない労力で運用していくことができるのです。

Webサイトを上手に育てる5つのポイント

それでは、具体的にどのようにしてWebサイトを育てていけば良いのでしょうか。ここからは、Webサイトを上手に育てるための5つのポイントについて解説していきます。

Webサイトの目的を明確に

まずは、Webサイトの目的を明確にすることが大切です。目的をハッキリさせておかないと、成果が出ているのかの判断ができないからです。

例えば、「自社の知名度を上げるため」「ネット上で商品を販売するため」「メールマガジンに登録してもらうため」というようなWebサイトの目的です。

このように、Webサイトの目的が明確に定まっていれば、改善の方向性が見えてくるため、成果に繋がりやすくなります。

長期的な視点が大切

2つ目のポイントが、長期的な視点で取り組むことです。野菜が短期間で育たないのと同じように、Webサイトを育てるためには時間がかかります。

そのため、長期的な視点でWebサイトの育成に取り組む必要があるのです。企業として時間とリソースをしっかりかけて、中長期的な計画を立てなければいけません。

育てるには効果測定が必要

また、Webサイトを育てるためには、効果測定が必要です。効果測定とは、Webサイトが目的の成果を上げているかを測ることです。

例えば、集客が目的のWebサイトであれば、「アクセス数や訪問ユーザー数」「お問い合わせの件数」「メルマガ登録者数」というような数字です。

成果が思わしくなければ、Webサイト上の問題点を見つけて、それを改善していきます。一度、Webサイトを改善したら終わりではなく、改善した後に再度、効果測定を実施します。

PDCAサイクルを回す

このように、Webサイトの効果測定を行い、問題点があれば修正し、改善を加えていく、という流れを繰り返し続けます。いわゆる、PDCAサイクルを回すのです。

例えば、一度のWebサイト改善で、成果が大幅に良くなることは稀です。ですので、小さな改善を何度も繰り返しながら、Webサイトをコツコツと育てていくという考え方が大切になるのです。

だからこそ、Webサイトを育てていくためには、長期的な視点で取り組まなければいけないのです。

運用のための環境作り

Webサイトを上手に育てるポイントとして最後に挙げるのが、運用のための環境作りです。長期的にWebサイトを運用していくためには、そのための環境を社内に構築しなければいけません。

例えば、Webサイト運営のチームを社内に編成して、きちんと体制を整えるのです。また、チームのメンバーの教育や育成も、Webサイト運営のためには欠かせません。もちろん、そのための予算や人的リソースが必要になります。

このように、Webサイトを運用していくための環境を社内に構築するのです。そうすることで、長期的にWebサイトの運営にあたることができ、成果に繋がりやすくなるのです。

育て方に悩んだときは?

さて、Webサイトを上手に育てるための5つのポイントについて解説してきました。Webサイト運用の方向性が見えてきたのではないでしょうか。

しかし、実際にWebサイトの運営にあたっていると、分からないことや悩みごとが出てくるものです。それでは、Webサイトの育て方に悩んでときは、一体どうすれば良いのでしょうか。

プロに相談する

解決策のひとつに、Webサイト運用のプロフェッショナルに相談するという方法があります。プロフェッショナルとは、Web集客のコンサルタントや専門家のことを指します。

例えば、Web集客のコンサルタントによっては、Webサイトの診断サービスを提供しているところもあります。現状のWebサイトの状態を詳しくチェックしてもらい、改善点を提示してもらうのです。

もちろん、コストはかかりますが、専門家の目でチェックしてもらうことで、社内のメンバーでは見つけることができなかった問題点を発見することもできるのです。社内のリソースで行き詰まった場合は、ぜひプロフェッショナルに相談してみましょう。

運用をアウトソースする

また、Webサイトの育成に悩んでときは、運用をアウトソースするのも有効です。自社で運用するのではなく、外部に委託してしまうのです。

Webサイトを自社で運用していくためには、膨大な時間と労力が必要になります。そこで、アウトソースをうまく取り入れることで、自社の負担を軽くするのです。

Web集客のコンサルタントや、Webサイトの作成から運用までのアウトソーシングサービスを提供している企業などがありますので、色々と探してみましょう。

もちろん、Webサイト運用の全てをアウトソースする必要はありません。コストとの兼ね合いを見ながら、必要な部分だけをアウトソースすれば良いのです。

あくまでも、Webサイトで成果を上げるのが目的です。そのための手段のひとつとして、アウトソースという選択肢を考えてみてください。

まとめ

さて、ここではサイト運用者のための上手なWebサイトの育て方について解説してきました。実際にWebサイトを運用している方にとっては、参考になったのではないでしょうか。

Webサイトは一度構築したら、それで終わりではありません。日々の運用を続けながらWebサイトをコツコツと育てていく必要があるのです。ここで解説した内容を実践して、ぜひ成果の上がるWebサイトを育ててみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*