Web広告

リスティング広告の注意点!代理運用を検討する際の業者選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リスティング広告の注意点!代理運用を検討する際の業者選び

リスティング広告の運用を代理運用を検討しているWeb担当者は、外注に依頼する際の運用についての注意点を知りたいことでしょう。特にリスティング広告を取り扱う業者の選び方などは運用に役立つポイントになります。

この記事では、自社のリスティング広告の運用と外注にリスティング広告を依頼する際の注意点について詳しく取り上げていきましょう。リスティング広告で失敗しない業者を選ぶ時の参考になれば幸いです。

自社でリスティング広告を運用する

自社でリスティング広告を運用するということは、リスティング広告を扱うGoogleやYahoo!への登録から始まる一連の取り組みを全て行うことになります。

取り組むべきことは、Google提供のGoogle広告やYahoo!提供のYahoo!プロモーション広告へ広告出稿のためのアカウントの開設です。また、アカウントを開設したらアカウント構成を考えていきます。

  • キャンペーン
  • 広告グループ
  • 広告
  • キーワード

これらすべての要素を構成していくことで出稿の準備ができるのです。この段階を経てから、ようやく広告出稿の予算を設定して、GoogleやYahoo!の審査が入ります。ガイドラインに反していない広告内容であれば、配信開始になるのです。

ここまでの流れが広告掲載完了までの自社で行うべき運用手順になります。中には、単純な作業もありますが、広告の構成などは知識と経験を必要とするでしょう。また、自社でリスティング広告を運用する際の検討ポイントと注意点を見ていきましょう。

検討するポイント

自社でリスティング広告を運用するときに検討するポイントは、自社のWeb担当者がリスティング広告の運用に必要な一連の流れをひと通り経験してみたい場合や自社に専任のWeb担当者がいて、人的リソースが十分な場合です。

このような場合は、企業に人材がいるケースになります。ただし、人材と効率は別の見解になるのでリスティング広告の運用にかかる費用対効果を算段してから検討することも必要でしょう。

また、はじめてリスティング広告を運用する場合は、代理店に任せて成果を出せるようになってから、自社でリスティング広告運用について検討するほうが結果的に効率が上がる場合もあります。

運用する際の注意点

自社でリスティング広告の運用をする際の注意点を2つ取り上げてみましょう。

  • 広告運用についての業界最新情報の入手
  • 内製で失敗したときのリスクヘッジ

自社で取り組むには、リスティング広告の運用について、耳寄りな業界最新情報を自ら入手していく必要があります。それは、競合他社がリスティング広告運用で代理店に依頼している場合、専門業者として常に業界最新情報を踏まえたうえで取り組んでいるからです。

「素人だからできない」では、済まされないことを念頭に自社で取り組む必要があります。また、自社でリスティング広告の運用を始めた場合、リスティング広告だけに注力していたら大変なことになります。それは、リスティング広告が必ずしも成功するわけではないからです。

入札したキーワードにコンバージョンが期待できない場合もあるでしょう。実際にやってみないと見えてこないケースのほうが多いため、集客経路をリスティング広告だけに集中させてしまうとリスクが高くなります。広告出稿以外の集客方法も常に調査して用意しておくことが必要です。

外注でリスティング広告を運用する

次に外注に依頼してリスティング広告を運用する場合について見ていきましょう。代理店にリスティング広告の運用を任せることは、外部人的リソースを活用することになります。自社にリスティング広告の運用経験やWebの知識に長けた人材が不足している場合は、結果的に手堅い近道になることでしょう。

検討するポイント

先ほどもふれましたが、企業がリスティング広告の運用を外注に依頼する際の検討するポイントは、リスティング広告の運用管理に自信がない場合です。または、リスティング広告の運用にかける時間が取れない場合も外注に依頼することをおすすめします。

結果的には、自社運用でリスティング広告に取り掛かって、本来やるべき業務の合間にやれるほど単純に成果は出ません。必要なことは、専門業者に依頼をして、「リスティング広告の運用でどのように成果が出るのか?」という点を外注に依頼している期間に学び吸収する姿勢が重要ではないでしょうか。

運用する際の注意点

リスティング広告の運用を外注に依頼する際の注意点を解説します。

  • 広告掲載=売上ではない
  • データ分析と調整は必須
  • アカウント管理まで代理店に任せない

リスティング広告の運用を外注に依頼して、広告が出稿されたからと言ってすぐには売上は上がりません。最初は検索キーワードの最適化を目指して、出稿後のデータからキーワード分析と調整をしていく必要があります。これは自社で取り組むにしても外注に依頼しても取り組む必要のある作業となります。

さらに、アカウント管理については自社のアカウントで行うべきです。外注に依頼する場合、自社のアカウントを利用してもらい将来的に自社でリスティング広告の運用をする際の移行が簡単にできます。そのため、自社のアカウントは自社登録のものを利用してもらうことがおすすめです。

指標の確認

引き続き、リスティング広告の運用を外注に依頼するときの注意点を見ていきましょう。リスティング広告の成果指標は、広告指標となる効果測定で見ていきます。広告の目的は、認知と誘導、そして獲得です。この3つを効果として、広告によりどのようなデータになったかを判断していきましょう。

基本用語の認識

外注に依頼する際の注意点として、依頼主がWebに情通していない場合、専門業者はリスティング広告で使われる専門用語で打ち合わせてきます。こちらが専門用語に戸惑っていると、リスティング広告の運用について全て業者任せになってしまうのです。

依頼主の要望も加味できるように、基本用語の認識は必要になるでしょう。

具体的なブランディングの教示

専門用語も重要ですが、企業としての具体的なブランディングの教示をしてくれる専門業者であるか?も判断材料になります。広告によって、自社のビジネスがどのように展開されていくか?さらに業界での存在やユーザーにとってどのような企業に受け止められるか?という企業価値についてブランディングの提案は重要です。

任せきりではなく進捗状況を常に確認

最後の注意点として、専門業者にリスティング広告の運用を依頼したからと言って、任せっきりはお勧めしません。専門業者も他の顧客を抱えています。任せっきりで進めてしまうと、クライアントの求める内容とずれてくる可能性もあるのです。

リスティング広告の運用を外注に依頼したとしても、定期的に進捗状況を確認することは怠らないようにしましょう。

代理店利用のメリット

それでは、リスティング広告の運用を外注に依頼することで得られるメリットについて見ていきましょう。

  • キーワードの初期設定を任せられる
  • 広告の原稿設定を任せられる
  • 広告管理を継続的に任せられる<
  • リスティング広告運用の最新動向を持って運用される
  • GoogleやYahoo!の代理店であれば尚、情通している
  • 知識や経験により良きアドバイスをもらえる

上記にあげた点が、リスティング広告の運用を専門業者に依頼した場合のメリットになります。

リスティング広告の運用で失敗しない業者の選び方

次にリスティング広告の代理運用を開始する前の重要な専門業者選びの方法を紹介しましょう。リスティング広告の運用を扱う業者は多く、他のWeb施策や広告掲載など多彩なサービスを提供しているケースが多いです。

複数の代理店と打ち合わせる

まず、リスティング広告の運用をはじめにコンタクトを取った業者で決めないことがポイントになります。中には、最初に打ち合わせをした業者が自社のビジネスとの相性に合っているケースもあるでしょう。

しかし、通常は何社か相談してみて、打ち合わせの上「この業者に任せてみたい」と判断することをおすすめします。リスティング広告の出稿を代理で行ってくれる業者は少なくありません。判断材料の1つとして、他のWeb戦略についてもコンサルを行ってくれるWeb集客の経験豊富な業者をおすすめします。

運用手数料の目安と相場

また、リスティング広告の運用を外注に依頼する際に業者の手数料の相場は事前に調べておいたほうがいいでしょう。広告主として、リスティング広告の出稿費用の手数料相場を理解していないとリスティング広告による効果についても曖昧なままになってしまいます。

それは、リスティング広告の運用手数料が安いからいいとか、高いからいいという事では、ありません。適切な費用とその費用に見合った成果を得られた場合の目安を理解しておく必要があるからです。

先ほど取り上げた複数の業者と打ち合わせることで、「どのくらいの費用があれば、ここまでの範囲を任せられる」という目安を自社で認識することができます。この段階で業界の最適な価格にて、企業の目標となる成果の出せる業者を選んでみましょう。

Web集客の具体的な目標設定で判断

続いて、Web集客は具体性が大事になります。単純に「リスティング広告が掲載できればアクセスが期待できますよ」程度の業者では、具体性がなく安心できません。

やはり、Web集客に知識と経験が豊富な業者は、具体的な施策に対しての回答があるのです。また、Webに詳しくないクライアントに対して、具体性のある丁寧なアドバイスを施してくれることも重要な業者選びのポイントです。

さらに、自社で行うリスティング広告を活用したWeb戦略に具体的な目標を一緒に考えてくれて、最適な提案をしてくれる業者であれば、具体性もあり安心して任せることができます。業者選びは、具体的な目標設定にいかに寄り添って、進めてもらえるかです。

LP制作を受注しているか

もう1つの業者選びの判断材料として、リスティング広告の掲載と運営管理までの依頼ではなく、リスティング広告で出稿した広告からの誘導先になるランディングページの制作も受注が可能な点も大きな判断材料になります。

リスティング広告で大量のアクセスを集められたとしても、最終的にコンバージョンをしてもらうランディングページがなければビジネスは成り立ちません。また、従来のホームページ制作の感覚で決済ボタンだけを設置したランディングページでは、コンバージョン率は期待できないでしょう。

やはり、リスティング広告の運用と同時にランディングページ制作にも力を入れている業者であれば、同時に追加依頼もでき、打ち合わせによりクライアントの事情も理解している点が大きくなります。業者選びのポイントとしては大きな要素ではないでしょうか。

リスティング広告以外の集客方法も用意されている

リスティング広告の運用を依頼する業者が、先ほど案内したランディングページ制作以外にも他のWeb集客方法に熟知していることは大きな選択理由になります。その理由は、リスティング広告の運用だけでWeb集客が万全ではないからです。

競合他社の参入の多い需要の高い検索キーワードで広告運用をする場合、入札単価の高騰により、断念せざる終えない状況もあるでしょう。また、出稿完了した需要の高いキーワードのはずが、実際に売上につながらないケースもあります。

このような状況に対応していくために、リスティング広告の運用だけではWebでの集客が難しくなってきます。リスティング広告以外のWeb集客を提案できるWebに情通した業者であれば、臨機応変に状況に合わせて提案と対応を期待できるでしょう。

代理店を乗り換える場合

「一度、任せてしまったら業者を乗り換えることはできないのではないか?」など不安もあることでしょう。リスティング広告の運用はアカウントをそのままで代理店の乗り換えが可能です。もしも、代理店の担当者やサービス内容に満足いかなかった場合、契約期間を更新しなければ、他の業者への乗り換えはできます。それらも踏まえて、気軽に相談してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?リスティング広告の運用について、自社で取り組むことも悪くはありませんが、人件費や手間を考えたら最初に業者に依頼することへのメリットを理解できたでしょうか。リスティング広告の運用は、専門業者に依頼して一連の取り組みから結果までを書かう人してから自社で取り組むべきか判断することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*