Web広告

Web集客に欠かせないリスティング広告とSEOの違いとは?メリット・デメリットをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web集客に欠かせないリスティング広告とSEOの違いとは?メリット・デメリットをご紹介

Webでビジネスを展開していくためには、Web上に施策をしていく必要があります。企業のWeb担当者にとっては、自社の状況を判断して施策を決めていかなければいけません。

この記事では、広告運用とメディア媒体運用で迷われているWeb担当者に向けて、リスティング広告Seo対策の違いとそれぞれの特徴やメリット・デメリット、どちらを選ぶかのポイントをご紹介していきます。自社のWeb戦略の参考にしてみてください。

リスティング広告とSeoの違いとは?

それでは、リスティング広告Seo対策の違いについて、詳しく解説していきましょう。
まず、リスティング広告とSeoの違いについて解説する前にリスティング広告とSeoについて定義の確認です。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などが提供する検索エンジンのキーワード検索結果に表示される有料で掲載できる広告のことを指します。

スマホやパソコン、タブレット端末などでGoogleやYahoo!などのアプリを開いて、検索窓に調べたいキーワードを打ち込むことで、検索結果ページが表示されるでしょう。その検索結果ページの上段にあたる広告枠に表示されるページタイトルとテキストと誘導リンクアドレスで構成された広告のことをリスティング広告と言うのです。

リスティング広告は、キーワードによる検索結果と連動して表示される広告になります。リスティング広告は、コストをかけて行う有料広告の出稿となるため、準備さえできれば誰でも始められる広告運用になるでしょう。

Seoとは?

続きまして、Seoとは、リスティング広告と同じ土俵になるGoogleやYahoo!の提供する検索エンジンのキーワード検索結果ページの広告枠の下に自然検索結果として表示されます。検索エンジンの評価基準を満たしたWebサイトとして掲載されるための一連の施策となるでしょう。

Seoは、検索エンジンからは全てが公表されていない「検索順位の上位表示基準」を定期的なアップデートや取り組みの公表の意図を読み取って、分析しながら最適化していく地道な取り組みになるのです。

また、一連のSeoに必要な取り組みをまとめて、Seo対策といいます。Seo対策は、取り組みの1つ1つを取ってみると難しいことはありませんが、修正や調整を常に要することや、更新やコンテンツの追加を必要とするため片手間ではできないほど実行することが多くなるのです。

そのため、企業や個人が本業の片手間で行うことは、効率を向上するツールなどを活用する以外は手間がかかります。それだけにSeoは、手間のかかる地道な施策になるのです。

リスティング広告とSeoの共通点

上記で説明したリスティング広告とSeoの特徴の中で、共通する点があります。それは、どちらもGoogleやYahoo!が提供するキーワード検索結果ページで表示される点です。

さらに両者で共通することは、同じ目的のユーザーが見つける点になります。リスティング広告か、Seoで評価された上位ページか、どちらかを選ぶ場所が同じ検索ページなのです。

ただし、リスティング広告は有料の広告のため、Seoで評価の高いWebページよりも先にユーザーの目に止まります。GoogleやYahoo!の検索結果ページにおいて、広告枠のWebページが優先されて表示されるのです。

リスティング広告の特徴

それでは、リスティング広告の特徴について詳しく解説していきましょう。リスティング広告のメリットやデメリットを取り上げながら特徴を見ていきます。大きな特徴はクリック課金型の広告出稿という点です。

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットは、調べものをしているユーザー、自分の意思で知りたい情報に近いキーワードで検索してくるユーザーに真っ先に表示できることでしょう。

特にスマホで検索するユーザーにとって、リスティング広告枠で掲載されたWebページと広告の下に表示される自然検索結果による上位のWebページとの区別がつきづらいのではないでしょうか。

実際は、広告枠のテキスト文の一定の場所に「広告」と表示されていますが、「早く調べたい」ユーザーの場合、広告とか関係なくクリックしてしまうことが考えられます。

そのようなシステム上の理由からもリスティング広告のほうが表示とクリック率の優位性を持っているでしょう。

広告表示開始タイミングの速さ

さらにリスティング広告のメリットは、Seoと違い開始してからの広告表示タイミングの速さになります。Seo対策で検索結果ページの上位に表示されるまでには、相当な時間と取り組みが必要です。

そのため、早い段階で自社のWebページにアクセスを集めるには、費用は掛かりますがリスティング広告を活用することが最適な選択になります。さらに、自社の戦略に対して、スピード感を持って対応ができるため、現時点での効果を分析することができるのです。

また、リスティング広告は有料広告になりますが、広告出稿費用をコントロールすることもできます。しかも、複数のキーワードに出稿していても、キーワード単位で出稿を調整することが可能です。

リスティング広告のデメリット

続きまして、リスティング広告のデメリットについて見ていきましょう。リスティング広告は、あくまでも検索キーワードの検索結果ページに表示される広告のため、幅広い層へ向けての認知拡大にはなりません。

テレビや雑誌など不特定多数に発信する広告とは違い、検索を通した目的のあるユーザーへの訴求になるのです。もし、自社のブランドを広めたい場合は純広告などの運用を考えたほうがいいでしょう。

さらにリスティング広告のデメリットは、Seoに比べたら早く出稿ができますが、効果を上げていくとなると調整が必要になります。リスティング広告の調整とは、キーワード選定や広告文の修正のことです。リスティング広告の出稿は、速さはあるけれど売上を上げる効果となると一長一短ではないということです。

広告費の入札システム

さらに、リスティング広告のデメリット部分を上げると費用がかかる点になります。広告費の費用は、コントロールが可能ですが、その分効果もなくなるのです。リスティング広告は、広告費の入札システムを採用しているため、需要の高いキーワードの場合、入札単価が高騰します。

キーワード入札の上限を設定していても、下限の金額が入札により高くなることもあるので、実際に運用を継続するには、費用を掛けざる終えない状況も想定しておきましょう。

Seoの特徴

リスティング広告の特徴を解説してきました。続きまして、Seoの特徴も詳しく見ていきましょう。Seoの特徴は、検索エンジンの評価基準を満たした高品質なWebページが一定のキーワード検索結果ページの自然検索結果として表示されることです。

それでは、Seoの特徴についてもメリットとデメリット部分から解説していきます。

Seoのメリット

Seoのメリットとは、調べものをするときに活用されることが多いGoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って検索行為を行っているユーザーの流入が期待できることです。そのため、検索キーワードに対して行動(コンバージョン)を起こしやすい層のアクセスを期待できる点でしょう。

リスティング広告と比べると費用対効果の高さはSeoのほうが断然高くなります。リスティング広告は入札単価制により、需要の高いキーワードの場合はクリック単価も高くなるのです。

しかし、Seoを行う場合必要になってくるのは、Googleが発信するガイドラインを熟知することとユーザーに役立つコンテンツを作ることです。次に取り上げる確認すべき項目がGoogleの方向性に準拠したSeoに対しての捉え方になります。

  • 自然検索に役に立つオンラインサービスや回答の提供になっていること
  • 企業(Webサイト)の創業期間
  • 事例や試作品の紹介
  • 成功事例がある場合の紹介
  • Googleウェブマスターより提示されるガイドラインに準拠しているか
  • Seoに沿ったソースコード
  • 同じ業界での実績
  • 情報の信ぴょう性と情報に対しての訪問者の反応
  • 他の関連性の高いWeb媒体からの外部リンク
  • 訪問者のWebページ内の回遊状況

Googleから発信されるガイドラインは、その都度変更されていくでしょう。大枠で捉えるとGoogleの目指す状態は、検索キーワードに対して、検索ユーザーに最高のパフォーマンスが返せるWebサイトを評価して上位表示させることです。

Googleが評価をするコンテンツを提供できれば、広告運用のように費用を必要としないWeb集客を目指せるでしょう。

地道に正しく行えば資産化する

Seoは、自然検索結果ページで上位表示されることが目的となる取り組みになります。広告の運用は資金が不足してしまえば、継続することができません。その点、Seo対策を施したWebサイトは、かけた手間と時間によりインターネット上で評価され残るわけです。

細かく言えば、Webサイトを維持していくには、ドメインやサーバー環境の維持も必要になります。ですが、Seoを地道に正しく行うことでWebサイトは、資産化していくのです。

CTRの高さ

検索結果ページで優遇された表示になるリスティング広告よりもSeo対策を施した結果上位表示されたWebサイトのほうがCTRは高くなるでしょう。検索エンジンの意向に合った「検索結果となるコンテンツで答えることができているか?」に対して、Seoは評価基準をクリアして上位表示されているからです。

広告の場合は、キーワード入札単価で設定された料金を支払うことで表示できますが、広告からの誘導先コンテンツまでの評価は必要ありません。そのため、広告とリンク先のコンテンツの品質に対して察知しているユーザーは、検索ページを下へスクロールして「広告」表示のない自然検索上位表示のWebサイトを選ぶ傾向もあるからです。

Seoのデメリット

それでは、Seoのデメリットについて見ていきましょう。

効果を実感できるまで時間と手間がかかる

Seoのデメリットは、検索結果ページで上位表示される効果を実感できるまで時間と手間がかかる点です。Seo対策を行うことは、細かな修正点に対応していくことになります。さらに同時進行でコンテンツの追加や更新も行う必要があるのです。

Webサイトの規模にもよりますが、常に手を施していく必要があることを理解しておきましょう。本来やるべき業務を抱えた状態でSeoも内製で行うことは大変です。専門業者に相談してコンサルを受けることで時間や手間が省けることになるでしょう。

リスティング広告とSeoを選ぶポイント

続いて、リスティング広告を選ぶか?Seoで行うか?選択のポイントを3つ紹介していきます。自社のビジネスや状況に合わせて判断してみてください。

短期・中期目線か?

広告運用とSeoを選ぶポイントとして、「短期・中期目線であるか?」も大きな要因になります。もしも短期的な目線ですぐに反応を見ていきたい場合は、リスティング広告をおすすめします。

リスティング広告は、クリック入札単価により費用は掛かりますが、検索結果ページで優遇された広告枠に時間をかけないで表示されるのです。

中長期目線か?

中長期的な目線でWeb戦略を考えている場合は、Seo対策で自然検索上位表示を目指すことをおすすめします。時間や手間は必要ですが、Webコンサルティングを受けて相談の上、アドバイスを受けながら進めることも可能です。

コンテンツか広告か?

リスティング広告か、Seoか選ぶ際のポイントとして別な見方をすると、広告運用とSeoによるコンテンツ制作か?の選定になります。コンテンツ制作はこれからのWebでは重要になってくる取り組みです。企業は、オウンドメディアの運用に時間と手間をかけている傾向でもあります。

もしも自社のWebでの方向性に迷われているのであれば、専門業者に相談してみてお良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?リスティング広告とSeoについて、違いと特徴を解説してきました。どちらもメリットもあればデメリットもあります。どちらを選ぶかは、企業の状況判断にもよりますが、Webの動向の判断となると専門業者の見解を参考にしてみるのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*