Seo対策

Web集客におけるコンテンツマーケティングの手法とその種類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツマーケティングとは?

多くの人々がネットにつながったスマートフォンを操作する今、Webマーケティングにおいて効果が高い手法が現れました。それは、webコンテンツを軸としたマーケティング手法のため、コンテンツマーケティングと呼ばれています。短期的な広告戦略よりも長期的に効果が見込めて、かつコストが低いためコンテンツマーケティングを取り入れる企業が増えてきています。どのようにしてコンテンツマーケティングを行っていくのか見ていきましょう。

コンテンツマーケティングとは何か?

コンテンツとは情報のことを指し、コンテンツマーケティングは情報を発信することでユーザーをWeb集客します。ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供することで、企業はユーザーを惹きつけることができるのです。

Webが発達してから出てきた比較的新しいマーケティングのように見えますが、コンテンツマーケティング自体は昔からあります。新聞は世間のニュースをコンテンツにすることで成り立ちましたし、テレビでは面白いコンテンツを放送して宣伝を流すことで収益を得ているのです。昔からある戦略的なマーケティングの1種であることが分かりますね。

コンテンツマーケティングが必要な理由

ユーザーのメディアサイトに対する口コミを調べていると、たまに広告に対する批判を見ることがあります。企業側からしたらメディアサイトに広告を流して商品を売りたいのに、広告が嫌われているせいで商品が売れないのです。広告を活用しても商品が売れない以上、マーケティングを変える必要があります。

広告に頼らないWeb集客として効果が高いのがコンテンツマーケティングです。ユーザーは自社サイトに検索エンジンや企業のSNSアカウントを通して見に来るため、商品に対して興味を持っている可能性が高くなります。

コンテンツはWeb上に残しておけば、いつまでも活用することが可能です。広告は出稿するためにお金を払い続ける必要がありますが、コンテンツは一度作ればサーバーの維持費程度で済みます。ユーザーに知ってもらうために低コストで済むのが、コンテンツマーケティングの魅力です。

コンテンツマーケティングで出来ること

宣伝とは違ってコンテンツマーケティングではユーザーとの信頼関係が必要であるため、発信するコンテンツが重要となります。企業の取り扱っている商品やサービスに関係のないコンテンツを発信すると、逆効果になることがあるからです。クリーニング店が「美味しいカレーのレシピ集」という記事を発信しても、あまり売り上げにつながりません。

さらなるユーザー獲得のためにも、しっかりとした方向性を決めるべきです。効果的なコンテンツの発信として以下の3つが挙げられます。

  • 見込み客のニーズを満たすコンテンツを提供出来る
  • 検索エンジンにコンテンツを適切伝える構成で多くの集客を実現
  • コンテンツによりファンを生み出す

コンテンツマーケティングを理解するために、それぞれ細かく見ていきましょう。

見込み客のニーズを満たすコンテンツを提供出来る

クリーニング店が「白シャツについたシミの落とし方」という記事を発信していたら、汚れを気にしていた近所の住民は喜ぶはずです。情報化社会の今ではわざわざクリーニング店の記事を見なくてもシミの落とし方は分かりますが、ユーザーとしては役に立つコンテンツを発信しているため信頼できます。ユーザーの疑問や困りごとを解決することで、集客することが見込めるのです。特にライフスタイルやインテリアを取り扱っている企業は、見込み客が知りたいことを教えると売り上げにつながる可能性が高くなります。

検索エンジンにコンテンツを適切伝える構成で多くの集客を実現

ユーザーの困りごとを解決するコンテンツを発信しても、ユーザーによってはアクセスしてくれない場合があります。Webサイトのアクセスは検索エンジンからがメインなので、検索結果の上位に表示されていないとWebでの集客がしにくくなるからです。検索結果の上位に表示されるためには、SEOを意識したコンテンツを作る必要が出てきます。検索エンジンに適応したコンテンツを発信することで、ユーザーをよりWeb集客することが可能です。

SEO対策をすれば困りごとだけでなくても、コンテンツで集客できます。クリーニング店が他のおすすめ店舗を紹介するように、独自の目線でコンテンツを作成すれば集客ができるからです。もちろん扱っている商品やサービスと全く関係のないコンテンツだと、あまり売り上げに繋がらないこともあるので気をつけましょう。

長期的なコンテンツ戦略で見込み客のファン化

最近では企業がTwitterアカウントを運営して、ユーモアあふれるツイートをすることがあります。「自社ブランドが下がる可能性があるのに、なぜ面白いコンテンツで客を引き寄せるのか?」と疑問に思う方もいるはずです。理由としてはユーザーと企業の距離間を近づけることで、将来見込みのある客をファンにするためです。

インターネットが発達した今では誰もが情報を発信します。あらゆる人たちが1日中スマートフォンによりSNSを使っているため、コミュニケーションの価値が増えているのです。小学校のころを思い出してください。小さい頃は面白い子が人気だったでしょう?ユーザーをもてなすことで売り上げに繋がるのです。

コンテンツマーケティングの手法

コンテンツの種類によるマーケティングの違いを見たところで、次にユーザーへのアプローチ法を説明します。ユーザーがあなたの企業で扱っている商品を購買するには、必ず目的が必要です。人を動かすことができなければ、商売は成り立ちません。多くの人を動かすために、コンテンツマーケティングの手法が4つあります。

  • バイラルコンテンツ
  • ユーザー目線型コンテンツ
  • 情報コンテンツ
  • 体験型コンテンツ

それぞれ細かく解説していきます。

バイラルコンテンツ

ウイルス性を持つことを「バイラル」と言います。ユーザーが思わず誰かにシェアしたくなるようなコンテンツが、バイラルコンテンツです。記事においてバイラルコンテンツを作るためには、多くのユーザーが持っている気になることを書く必要があります。ターゲットを縛らずに誰においても当てはまるようなコンテンツが、バイラルコンテンツになる可能性が高いです。

ユーザー目線型コンテンツ

最近はネット通販や口コミサイトが普及してきたため、ユーザー目線のコンテンツであるレビューが増えてきました。商品を実際に使用したことある人が発信するため、ユーザー目線型コンテンツは信頼性が高くなる傾向です。著名人をあるダイエット教室に通わせて、痩せられることをコンテンツとして宣伝した企業もあります。他のコンテンツと比べても一番ユーザーに寄り添っていると言えるでしょう。

情報コンテンツ

ユーザーの困りごとに役に立つ記事やユーザーが感動するような記事を発信して、アクセスを集めるのが情報コンテンツの手法です。他にもSEOライティングを活用することで、検索結果の上位に記事を表示させてアクセスを得る方法もあります。あまり検索エンジンを気にしすぎると質の低いコンテンツとなることもあるため、お客様目線(ユーザーファースト)でコンテンツを作成するといいでしょう。

体験型コンテンツ

ユーザーが直接体験できるコンテンツを発信する方法です。例えばゲームソフトメーカーは体験版を配信することで、ユーザーにゲームソフトを一部体験できるようにしています。ゲームを買う前にどんなゲームか分かるため、ユーザーがゲームを買うときの心理的なハードルを下げることができます。ユーザーは無料で体験できると喜ぶ場合が多いので、可能なら体験型コンテンツを発信したいところです。

目的にあったコンテンツマーケティングをしよう

コンテンツといえども、間違った方向性で発信すると逆効果になる可能性があります。企業の売り上げにつながらないコンテンツや、ユーザーを不快にさせるよなコンテンツは淘汰されるのです。お客様に寄り添ったコンテンツを発信することで、より多くのWeb集客につながるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*