Seo対策

見込み客はWebコンテンツを活用して獲得すべきである2つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見込み客獲得

商品を買ってくれるお客様には、必ず目的があります。「生活や暮らしをもっと豊にしたい」や「仕事で効率化を図りたい」といった明確な目的があるのです。

目的なしに商品を買ってくれることはありません。お客様が必要とするタイミングで、あなたの商品を知っている、見込み客を増やすことはWebマーケティングにおいてとても重要な課題です。

今回の記事では、Webコンテンツを活用した見込み客を獲得する効率的な方法を紹介します。より売り上げを伸ばすためにも、コストが比較的低い集客方法を見ていきましょう。

見込み客とは御社の商品・サービスを知っているユーザー

あなたが販売している商品やサービスを買う可能性がある人を、見込み客と呼びます。商品を買ってくれるのではなく、あくまでも興味がある段階です。

例えば、あなたが発行しているメールマガジンに登録して、運営するSNSアカウントを見てくれるのであれば、その人は見込み客といえます。

自分が無関心な商品や企業をわざわざ見ようとする人は少ないです。自らあなたの情報を見ているからこそ、商品の購入を見込める客となります。

潜在顧客に比べて見込み客はアプローチしやすい

見込み客と似たような言葉に潜在顧客があります。マーケティングを担当している人の中には、2つの言葉が似たような意味合いで使われることも。

ですが潜在顧客と見込み客には決定的な違いがあります。見込み客はあなたの商品やサービスを知っている一方で、潜在顧客はあなたの商品やサービスをまだ知らないのです。

潜在顧客はあなたが売っている商品を知れば、見込み客になる可能性があるユーザーを指します。商品を知ってくれないと、いつまでも見込み客にはなりません。

あなたの扱っている商品やサービスを知っている見込み客のほうが、まだ知らない潜在顧客よりもアプローチがしやすいです。潜在顧客は見込み客よりも、離れたユーザーであることが分かるでしょう。

見込み客を効率的に獲得する

見込み客を増やすには、Webコンテンツでの集客が効果的です。今ではスマホやPCでインターネットを見る人が増えているため、効率的にユーザーへのアプローチが行えます。

Webコンテンツ集客において、意識すべきポイントが4つあります。商品をコンテンツで知ってもらうためには、以下のポイントを理解しておく必要があるのです。

  • コンテンツによりユーザーとの関係を構築
  • ランディングページ(LP)で商品を宣伝
  • Webサイトに長く滞在してもらう
  • Webサイトのリピート率を増やす

売り上げにつながらないWeb集客を避けるためにも、それぞれ細かく見ていきましょう。

コンテンツによりユーザーとの関係を構築

スマホが普及して誰もがWebにアクセスするようになった今では、ユーザーはコンテンツをよく消費しています。インタビューやニュース、ノウハウ記事と人によって見るコンテンツは違うでしょう。

ユーザーはなぜコンテンツを見るのか?理由としては自分が欲しい何かを満たすためです。

美味しい食事を近くのお店で食べたいときや、スキルを身につけたいときにも、ユーザーは検索して情報を探します。情報によってユーザーは様々な商品を認識します。

Webコンテンツを通してその情報を伝えることで、潜在顧客へあなたの商品を知ってもらえるのです。ですが重要なのは潜在顧客を見込み客へと変えていくこと。

どのようにして見込み客をコンテンツで獲得するのか?答えは潜在顧客との関係を構築することです。

潜在顧客にあなたの商品の魅力や使い方を伝えると、商品に対する知識が増えます。潜在顧客が商品を理解するため、商品を買うべきか判断するための材料となるのです。その一連の活動の結果、見込み客の獲得につながります。

ランディングページ(LP)で商品を宣伝

コンテンツにより集客できたら、次に商品やサービスを宣伝する必要があります。注意すべき点は集客を目的としたコンテンツに宣伝する部分を、直接入れないことです。

先述しましたように、今回ご説明のコンテンツは潜在顧客を見込む客に変えるのが目的です。その為、興味が無い段階で商品やサービスを売り込むと、逆効果にもなりかねません。

効率的に成果を出すためにも、商品をLPで宣伝するようにしましょう。LPとはランディングページの略称であり、商品やサービスをユーザーに購入してもらうために作られた単一ページのことです。

コンテンツで集客してLPで商品を宣伝する。コンテンツの管理や効率のためにも、コンテンツと宣伝は分けましょう

Webサイトに長く滞在してもらう

お店に長く滞在しているユーザーの方が、少ししか滞在していないユーザーよりも商品を購入してくれる可能性が増えます。滞在時間と商品を購入してくれる確率は比例するのです。

現実の世界だけではなく、インターネットでも同じこと。10ページも読んでくれたユーザーの方が、1ページしか読んでいないユーザーよりも顧客になってくれる確率は高いです。

コンテンツに内部リンクを貼ったり、コンテンツの情報量を増やしたりして、ユーザーに長く滞在してくれるようにしましょう。

Webサイトのリピート率を上げる

滞在時間と同じく、リピーターを増やすことでも売り上げに繋がります。1度しか見てくれない人よりも、何度も見てくれる人の方が商品を購入してくれるでしょう。

コンテンツの更新頻度を上げたり、質の高いコンテンツを発信することでリピーターは作れます。ユーザーに愛されるためにも、発信するコンテンツの質と量には最大限の気を配りましょう。

Webコンテンツによる見込み客獲得のメリット

見込み客に商品を買ってもらうだけなら、Webコンテンツではなくても可能です。安売りをしたりユーザーに試供品を送ったりすれば、商品を購入してくれる顧客を増やすのは難しくありません。

しかしWebコンテンツによって見込み客を獲得することにより、2つのメリットが得られるのです。

  • 信頼性を得られる
  • 長期的には宣伝費用が安い

Webコンテンツ集客における独自のメリットを知るためにも、それぞれ詳しく見ていきましょう。

信頼性を得られる

最近ではネットを通して、ユーザーを騙す形で商品を売りつけた事が事件となり、テレビなどで報道されます。そういった事が増えると同時に、ネットに対して不信感を持つユーザーも増えてきました。広告をブロックする人やブログで警告する人もいるのです。

そんな中、信頼性のあるコンテンツを発信している企業がいるとどうでしょうか?
ユーザーにとって価値のある情報を提供しているし続けている企業は、質の高いコンテンツによって見込み客から信頼されることとなります。

ユーザーとしては信頼のない企業よりも、信頼のある企業から商品を購入したいもの。信頼はお金では買えません。不信感がただようネット社会では、信頼性は最大の武器となるのです。

長期的には宣伝費用が安い

商品を宣伝して見込み客に商品を購入頂くことは可能です。しかし広告の場合は出稿するたびにコストがかかるのです。

比較的安いリスティング広告であっても、クリックされる度に料金が発生します。短期的に費用が安くても、長期的にはかなりのコストになることも多々あります。

コンテンツであれば一度制作することで、後は運用・保守するだけで済みます。最終的な費用で見ればコンテンツの方が安くなるのです。

Webコンテンツで見込み客を獲得すると、ユーザーの貴社に対する信頼性が増えて、長期的な宣伝コストを下げることができます。商品を多くのユーザーに買ってもらうためにも、まずはWebコンテンツで集客してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*