Seo対策

整骨院の集客にはWebが重要!現状の課題とお客の傾向の変化について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
整骨院の集客にはWebが重要!現状の課題とお客の傾向の変化について

「技術だけは負けないのに、患者が来ない」「患者が安定してこないことで毎日が不安だ」昨今の接骨院の経営者の悩みは、開院したが予想したほど患者が来ないことではないでしょうか?それは、整骨院の施術担当者の技術が不足していることが原因とはなりません。

いくら整体の技術や資格を保有していても、伝わらなければ「ない」ことに等しくなります。この記事では、整骨院における集客課題やこれまでの整骨院が行ってきた集客方法の変化の説明を解説していきましょう。

さらに、これからの整骨院の集客方法はweb集客が重要になる理由を紹介していきます。整骨院を経営されて集客に困っている担当者に役に立ててもらえれば幸いです。

整骨院の集客にWebが重要になる理由

はじめに、整骨院の集客にはWebが重要になる理由から説明していきましょう。整骨院を構えて、患者を待っていてもなかなか思い通りに訪れてきません。それは、整骨院の立地場所が原因だからでしょうか?それとも施術料が高いからでしょうか?

両者ともに原因の1つにはなるかもしれませんが、集客への大きな影響にはつながりません。また、技術力の高さも自己認識になるため、大きな集客ポイントにはならないのです。

整骨院の集客にWebが重要な理由は、次の2点になります。

  • ターゲティングとポジショニングの明確さ
  • コミュニティ形成と拡散力を発揮できること

上記の2点を理解して、Web集客を活用することで現状のリソースのままで集客効果を高めることができるでしょう。それでは、詳しく解説していきます。

ターゲティングとポジショニングを明確にできること

はじめに、整骨院とWebの仕組みが相性が良いことにより、現状の整骨院の運営状況のままでも集客の効果を上げることが可能です。それには、自社の整骨院を利用して満足してもらえるターゲットユーザーを絞り込むことと、自社の整骨院の特徴を生かした業界でのポジショニングを明確にすることが重要になります。

ターゲットを絞り込んだ集客が可能

整骨院の集客はWeb集客を活用することにより、ターゲットを絞り込んだ潜在意識の強い見込み客を獲得することが可能です。それは、自社の整骨院ブランドを宣伝する行為ではありません。

自社の整骨院により、「どのような体の悩みが解決できるのか?」を具体的に求めている見込み客に伝えることです。チラシやポスターではターゲットを絞り込むことができませんが、Web集客を活用することで、患者となる見込みユーザーに見つけてもらうことができます。

具体的には、体の悩みや整体施術の必要性を感じている検索ユーザーの行動を想定したWeb上での仕組みを作ることです。その仕組みができることにより、ターゲットを絞り込むことができます。絞り込まれたターゲットに対して、求められるサービスは提供できるため、施術後の満足度も評価も獲得できることになるのです。

自社の特徴を生かしたポジショニングが可能

もう1つは、自社の特徴を生かすことです。この施策は、自社整骨院を競合相手といなる整骨院と差別化するポジショニングとなります。整骨院を検索するユーザーは、潜在意識の中で「具体的に解決したい悩み」を抱えているのです。

その「具体的に解決したい悩み」を整骨院の施術担当者が解決できる術を持っているならば、堂々と解決策として伝えることができます。たとえば、「20代女性のスマホ疲れによる肩こりに効果的なマッサージ方法と姿勢の保ち方」を施術経験や技術的にもサービス提供が可能ならば、「この悩みを解決したい」と思っている20代女性にとって見逃せない情報になるでしょう。

施術担当者が20代女性にとって安心できる女性整体師であったり、通院しやすい環境であったりすれば、「20代女性の肩こりならば当院」というポジショニングを確立することができます。

コミュニティ形成と拡散性に期待できること

2つ目のWeb集客が重要な理由が、コミュニティ形成と拡散性への期待です。Webの2次的効果ともなる拡散力は、Web集客の大きな効率の高さとなります。

SNS活用によるコミュニティ形成

コミュニティ形成には、SNSを活用することが必要です。SNSの種類の中でも、LINEやフェイスブックなどを活用することにより、潜在顧客に共感を強く持ってもらうことができます。また、LINEのチャット連絡機能を活用することにより、整骨院とユーザー個人との親密なコミュニケーションを構築することができるのです。

SNSによる拡散の可能性あり

さらに、SNSの種類の中でもツイッターを活用すると、整骨院のブランドイメージの大きな拡散につながることも考えられます。その理由は、具体的なターゲットを絞り込んだポジショニングが明確になっている情報発信により、リピーターの評判が大きく拡散されることが期待できるからです。

整骨院が抱える現状の課題

では、整骨院が抱える現状の課題について、見ていきましょう。現状、整骨院が抱える課題は冒頭でも紹介した「技術力の向上と集客は無関係」なことをはじめとする集客への間違った考え方を持っていることです。

整骨院は技術力の向上だけでは集客につながらない

過去の整骨院の在り方は、施術を担当する整体師の経歴や資格、技術力の向上ばかりに重点を置いていました。確かに技術力や業界での権威性は大事ですが、より重要視されるのは施術を受けた患者の満足度と問題解決性になります。

いくら技術力が高くても、実際に施術処置される患者に対して問題が解決されなければ、「効果のない施術」となってしまうのです。つまり、前評判の施術力や資格などは実際の患者にとって、あまり重要視されません。重要なのは、具体的に施術を受けて得られる状態なのです。

やってはいけない!整骨院の集客でNGな考え方

整骨院では、技術力よりも具体的な解決策と案内しました。それでは、整骨院の集客において、やってはいけない集客の考え方を紹介していきましょう。

施術に自信があるから患者が来るという考え方

「施術に自信があるから黙っていても患者は来る」という自信は、集客につながりません。いくら施術経験が豊富でも、対応した患者の後日談や評判を無視した運営を続けていると、本当の施術効果を把握することはできないからです。常に患者の状態を把握できるように、施術後のケアもサービスの一環として捉えていくことが必要になります。

誤解している患者まで対応し続ける考え方

患者の数=売上という観点から、自社の整骨院には不向きな患者まで施術することはお勧めできません。それは、歯科医が内科の診療範囲である風邪を診察することと同じです。

よくある「やるべきことはひと通りやりました」というような、マニュアルに沿った施術だけに頼った取り組みでは、患者に対して不信感と不安を抱かせることになるのです。つまり、自社の整骨院でできる施術を明確にして、不向きな患者が訪問してこない集客を目指すことが重要になるでしょう。

人伝えの口コミに淡い期待を持ち続ける考え方

さらに、従来の整骨院にある集客の考え方として、「患者が患者を呼んでくれる」という人伝えの口コミへの淡い期待をする考え方は、現状では通用しにくい集客方法といえます。

その理由は、人伝えの口コミは、文章や音声などで記録されたものではなく、人から人へ口頭で伝わっていく際に口コミ内容が自然と変化していく危険性があるからです。たとえば、「20代女性のスマホ疲れによる肩こりを解消するマッサージに定評」という口コミが、人伝えだけで伝わっていく際に「20代女性が長時間スマホを使用しても肩こりしないマッサージが受けられる」と施術結果に誤解を持たれる伝わり方になるかもしれません。

整骨院の風評被害も正確な情報が公開されていないことが原因ともいえるのです。

整骨院の集客で準備しておくべき3つの基本概念

それでは、整骨院の集客をするために準備しておきたい3つの基本概念を案内していきましょう。

  • 自社の整骨院で満足される明確なターゲット
  • 自社の整骨院でWebに公開すべき情報
  • 複数のWeb集客経路を持つこと

自社の整骨院で満足してもらえるターゲットを明確にする

先述したように、整骨院での集客はターゲットを明確にすることが大事です。さらに付け加えると自社の整骨院で提供できる施術サービスに満足してもらえるターゲット層を明確に絞り込むことがWeb集客における重要な基本概念になります。

Web公開するべき情報

続きまして、整骨院の情報をWebに公開しておくべき情報を紹介しておきましょう。

整骨院の店舗画像

整骨院の店舗画像は必要です。実際に訪問して施術を受ける患者にとって、実在しない店舗ほど不安なものはありません。可能であれば、周辺の有名な施設が映った店舗画像などがあれば、訪れる人の安心感を高めることができます。

施術担当者のプロフィール

施術を担当する整体師のプロフィールも公開しておきたい項目の1つです。過去の実績や経歴、どのような思いで整骨院を開業しているのか?患者に対してのメッセージなどあれば、施術担当者の人間性が伝わることでしょう。

整骨院の現住所

整骨院は患者が訪問しなければ、ビジネスが成り立ちません。そのため、整骨院のある住所を明確に記載することは必須です。特に引っ越しや店舗移転をして、過去の住所を記載したまま放置していたら、信用問題にも影響するので注意しましょう。

整骨院の連絡先

整骨院の利用を考えている人は、施術担当者が想定している不安以上に具体的な悩みを抱えています。そのため、Web上の情報にはない内容を知ってから施術の予約をする患者も少なくありません。

その際に必要となるのが、電話による連絡先の明記です。メールでの連絡も有効ですが、患者によっては、文章を打つのが苦手な人もいるのであらゆる連絡先を用意しておくことが必要でしょう。

整骨院までのアクセス案内

次に整骨院までのアクセス案内の公開になります。整骨院に訪れる人は、体に悩みを抱える人が多く、交通手段も様々な経路を紹介しておくことが望ましいです。

電車やバス、自家用車の場合は、最寄りの駐車場の案内、徒歩にかかる時間、タクシーを利用した場合の経路など具体的に掲載しておくことで、申し込む際の判断材料にもなるでしょう。

整骨院利用者の声

さらに、整骨院を過去に利用した患者の声を載せておくことは効果的です。いうまでもなく、実際に利用した生の声である必要があります。偽造した利用者の声を参考にして利用された場合、期待を損ねることになるので注意しましょう。

整骨院へのお問い合わせフォーム

さらに須保の普及により、Webサイトなどから整骨院へのお問い合わせができるフォームを設置することは重要なコンタクト経路になります。お問い合わせフォームは、スマホの画面からの入力がしやすく、具体的に判断できる入力項目であることがおすすめです。

複数のWeb集客経路を活用

3つ目のWeb集客に必要な基本概念は、1つの集客経路だけに固執しないことです。Web上には、多種多様なコニュニティや媒体がちりばめられています。可能性のある集客経路を連携させることで大きな集客の仕組みを構築することができるでしょう。

ホームページ・ブログ活用

Web集客経路の1つ、ホームページやブログを開設することです。ホームページは、自社の整骨院にまつわる情報を公開する場として向いています。ブログは、整骨院を運営する施術担当者の日々の思いを発信して、人間性をアピールすることに活用できるでしょう。

ホットペッパー広告

無料のクーポンマガジンのホットペッパーに掲載することも認知度を高める方法の1つとなります。地域名と合わせた訴求ができることで、自社の整骨院の存在をアピールできるでしょう。

業界比較サイトに掲載

整骨院に特化した業界の比較サイトへの掲載も、整骨院選びを検討している検索ユーザーに向けた有効的な集客方法となります。ただし、比較サイト上で露出度の高い上位にランクされるためには、実績と費用も必要になるでしょう。

Googleマイビジネスへ登録

地域性を重視した集客には、Googleマイビジネスへの登録が向いています。無料で登録できて長期間、「地域名+整骨院」という検索結果において、適切に表示されるからです。

リスティング広告掲載

最後に有料にはなりますが、自社のホームページやブログに需要のあるアクセスを流すために費用をかけて広告を出稿することも集客方法の1つとなります。特に需要の高い検索キーワードの広告枠に出稿するリスティング広告がおすすめです。

まとめ

整骨院の集客について、従来の方法ではなくターゲットを絞ってポジショニングされたWeb集客が有効的なことが理解できたでしょうか。技術力を向上すれば、黙っていても患者は来てくれるような時代ではなくなりつつある昨今、自社の整骨院で提供されるサービスに需要のある患者を集客できることがWebにより可能になったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*