コンテンツマーケティング

webサイトはブランディングツールとなる!これからの時代に向けた可能性と成功ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
webサイトはブランディングツールとなる!これからの時代に向けた可能性と成功ポイント

「Webサイトでブランディングすることは可能でしょうか?」

答えは、イエスです。Webサイトには、ブランディングツールとしてインターネットユーザーにブランドイメージを認知させる力を持っています。従来ならば、企業がWebサイトを公開することはインターネット上の名刺代わりとなるくらいの存在価値ではないでしょうか?企業としてみれば、「とりあえず、インターネット上に会社のホームページを掲載しておこう」程度の認識を持っていることも少なくありません。

実際に、Webサイトをインターネット上に公開しているだけでは、自社の認知度を上げることは難しいでしょう。さらに、集客ツールとなると従来のWebサイトのままでは不十分になります。そのため、Webサイトは企業のブランディングツールとして集客に活用できるように、施策を施す必要があるでしょう。

このページでは、これからの時代webサイトをブランディングツールとして活用するために「何をすればいいのか?」具体的な取り組みやポイントなど紹介していきましょう。さらに、ブランディングツールとしての今後のwebサイトの可能性もあわせて紹介していきます。自社の認知度向上に悩む企業のWeb担当の方に役立てれば幸いです。

これまでのWebサイトの役割

これからの時代にWebサイトがブランディングツールとして活用されることについて解説する前に、従来のWebサイトの役割について取り上げていきます。これまでのWebサイトは、インターネットユーザーにとってどのような役割を持っていたのでしょうか?

いままでのWebサイトの役割は、コーポレートサイトとして“企業の紹介”の要素がほとんどでした。多くの企業は、Webサイトが集客に活用できるツールという認識がなかったのです。そのため、実際の営業活動は人的な営業担当にゆだねる形になります。

その結果、営業担当への負担は増すばかりで実質的な顧客訪問、ヒアリングに限界が出るようになったのです。しかし、インターネット環境の改善とスマートフォンをはじめとするモバイル端末の普及により時代は変化してきました。そのような時代の変化により、Webサイトは従来の“会社紹介”的な役割から、さらに顧客との接点を拡大できるツールとしての可能性が高くなったのです。

テレビCMのような斬新さ・派手さで競う「印象」

これまでのWebサイトは、テレビCMのような斬新さや派手さでユーザーに印象づける方法が主流でした。ときには、斬新さも過剰になり、エンターテイメント性を重視した奇抜なトップページを設置するWebサイトも多かったのです。

たとえば、flashを使ってページ内で派手な動きを展開するWebサイトなどがあげられます。派手なWebサイトは、強烈なイメージをあたえますが、ページコンテンツにたどり着くまでの時間がかかるデメリットもあるでしょう。中には、閲覧者にflashの導入を求めるWebサイトもありました。

このような斬新で派手なWebサイトは、インターネットユーザーの目線ではなく、企業の自己満足的な主張を伝えるだけとなります。ジャンル的に「新作映画の紹介」や「新作ゲームソフトの紹介」など、ビジュアルを訴求するWebサイトは例外として、調べものをしているユーザーに対しては、サイト表示まで時間のかかるWebサイトと認識されてしまうでしょう。

企業が一方的に自社の情報を伝える

従来のWebサイトは、Webサイトの在り方を「自社の紹介ページ」、「インターネット上の名刺代わり」と認識している企業が多く、自社の主張ばかりを全面に出しているだけでした。企業が一方的に自社の情報を伝えているだけのWebサイトでは、顧客の願望を無視した「会社紹介チラシ」で終わってしまいます。

たとえば、一方的な自社都合の情報を発信するWebサイトの場合は、自社の過去の栄光や社長の生い立ち、事業紹介など会社目線だけの情報だけで成り立っていました。そのため、企業のホームページを見て問い合わせたり、注文依頼が合ったりすることはなかったのです。具体的には、インターネットで検索エンジンを活用する検索ユーザーを無視したWebサイトということです。

これからの時代のWebサイトの役割

これからの時代のWebサイトは、インターネット環境の整備とスマートフォンの普及により、企業が発信する情報提供ツールにとどまらなくなりました。そのうえ、検索ユーザーはより個人的で具体的なキーワードで検索するようになったのです。

より個人的で具体的な検索需要に応えるため、企業のWebサイトは「自社にできること」を明確に伝えていく必要があります。それがWebサイトによるブランディングなのです。

Webサイトはブランディングツールとして活用される

Webサイトは、次の3つの効果を引き出すためのブランディングツールとして活用することができます。

  • 認知拡大
  • 信頼性向上
  • 共感と拡散

認知拡大

Webサイトによるブランディング効果は、自社のサービスや商品を必要とする顧客に向けて認知を広げていくことができるでしょう。従来のコーポレートサイトでは、企業のブランドをアピールしにくかったことがあげられます。その理由は、コーポレートサイトで発信する情報コンテンツが企業目線による内容が多いからです。

そのため、従来のコーポレートサイトとはちがうWebサイトをブランディングツールとして検索ユーザー目線で発信することが必要になるでしょう。これからの時代のWebサイトは、企業目線ではなく、自ら情報を入手して取捨選択する検索ユーザーの視点を大事にしていくことで認知拡大される可能性が高くなります。

信頼性向上

さらに、Webサイトをブランディングツールとして活用することにより、顧客への信頼性を向上できます。その理由は、検索ユーザーの視点を重視したサイトコンテンツを提供することにより、情報の信ぴょう性や具体性などから、ユーザーの信頼を高めることができるのです。

また、Webサイトの更新頻度が高かったり、記事コンテンツの品質や量が多くなったりすれば専門性が高くなります。専門性の高いWebサイトに対しては、信頼が高くなることでしょう。

共感と拡散

Webサイトをブランディングツールとして活用した場合の効果として、認知度と信頼度の向上以外にユーザーに共感されることも期待できます。ブランディングツールとしてのWebサイトは、ビジネス色を抑えたユーザーとのコミュニティの場にもなるのです。そのため、ユーザーはビジネス色を感じさせないWebサイトに対して、共感を持ちやすくなります。結果的に、共感されるWebサイトはユーザー自身が勝手に拡散することになるのです。

Webサイトで共感を得るためには、サイト訪問ユーザーと同じ目線でユーザーの考えることを先読みしたコンテンツを用意する必要があります。自社の都合ではなく、ユーザーがどのような気持ちで自社Webサイトにたどり着いたのか?深掘りして考えることが大事です。

コロナによるインターネット需要に向けた情報発信

コロナ時代の今、インターネット環境の整備やスマホの需要拡大の追い風となり、インターネット利用者はますます増えています。コロナによる外出自粛や三密回避が世界的に生活の中で浸透して、実店舗での購買活動が減少しているからです。そのため、ECサイトの需要やオンラインコミュニケーションの需要が増してきました。

ECサイトやビデオ会議ツールなどオンラインコミュニケーションが活発となるコロナ時代のインターネット需要に向けた情報発信では、どのような点を重視するのでしょうか?これからの情報発信について解説していきます。

パーソナライズ性を意識した情報発信

コロナ時代のWebサイトによる情報発信は、パーソナライズ性を意識することが大事です。インターネットユーザーは、“あるひとりの個人”となります。たった1人の個人に向けた情報発信をするためには、その個人を特定した最適な情報を提供する必要があるでしょう。従来のテレビCMのように、不特定多数に呼びかける訴求では、インターネットユーザーが“自分ごと”として受け止めてくれません。

これからのWebサイトによる情報発信は、特定の誰かに向けたパーソナライズ性が重要です。パーソナライズ性を高めるためには、自社のビジネスを届ける相手を“あるひとりの個人”まで明確に設定する必要があります。具体的には、ペルソナを設定したターゲティングを施した情報発信のことです。ターゲティングのためにペルソナを設定したWebサイトの訴求は、ユーザーのニーズも明確となります。ターゲット設定により、Webサイトの訪問ユーザーを明確にして、自社の商品やサービスを提供する相手のニーズも具体化できるのです。

検索エンジンの評価を高める情報発信

これからのWebサイトは、検索エンジンの評価を高める情報発信であることが必要となります。いままでのWebサイトでも検索エンジンの評価は重要でした。ただし、上位表示されているWebサイトは企業サイトが少なく、公平な目線で作られていることが特徴です。

従来であれば、企業サイトが上位表示されるのは、企業名で検索したときだけとなるため、潜在ユーザーに認知されない状況でした。また、従来の企業サイトは、費用をかけて検索連動型広告に掲載することにより、アクセス流入を集めていました。ただし、インターネット需要が拡大した現在、広告運用に参入する競合他社の増加により広告費が高騰しています。広告費の高騰により費用対効果も期待できなくなっている現状では、純粋に検索エンジンの評価を高める情報発信が必要となるのです。

検索エンジンの評価を得る情報発信に取り組むには、検索エンジンに最適なWebサイトを運営することが必要となります。検索エンジンに最適な施策とは、SEOのことです。SEOを施すことにより、検索結果ページの上位表示を目指す取り組みとなります。

スマホユーザーを優先した情報発信

これからのWebサイトは、スマホユーザーを優先して情報発信することが大事です。現状では、PCユーザーよりもスマホユーザーが多くなり全体の70%以上を占めています。PC表示でWebサイトの表示状態をチェックするのではなく、最終的に「スマホで見やすく表示されているか」が重要なのです。スマホユーザーを優先するには、Webサイトがレスポンシブ対応している必要があります。いくらPCで表示したときにデザイン性が高くキレイなWebサイトを作っても、スマホ表示に対応していなくて文字が読みづらかったり、ボタンが押しづらかったりすれば、ユーザーが離脱してしまうでしょう。

コンテンツマーケティングを軸とした情報発信

検索エンジンの評価を得て、ユーザーに見やすく役立つ情報を発信する施策のことをコンテンツマーケティングと言います。コンテンツマーケティングとは、品質の高いコンテンツを最適なターゲットに向けて提供する戦略です。コロナ時代のWebサイトの在り方は、自社ビジネスの市場価値を理解して、価値に共感するユーザー層を集客する戦略が必要となります。

コロナにより、今後インターネットでのビジネスが盛んになるでしょう。さらに、ビジネスが展開されていくにつれ、顧客を無視したWebコンテンツは淘汰されていきます。Webサイトでビジネスを展開するには、サイトを閲覧する相手となる“見込み客”を意識したコンテンツマーケティングが重要です。コンテンツマーケティングを軸として、Webサイトにより情報発信をすることがブランディングにつながるでしょう。

Webサイトのブランディングとは

Webサイトをブランディングツールとして活用することにより、期待できる効果についてふれてきました。それでは、具体的にWebサイトのブランディングについて詳しく見ていきましょう。

ブランディングとは

ブランディングとは、自社のブランドイメージを確立して、そのブランドに対して顧客の好感や共感を向上させていく活動のことです。経営の観点では、自社の強みとなる特徴をブランドとして、競合他社と差別化した市場をつくり独自の価値でビジネスを展開することを指します。

Web集客では、企業の強みとなる特徴を同一の検索キーワードで競合する他社と差別化して、独自の検索キーワード市場で独占的に集客することです。ブランディングでは、自社ブランドを顧客に認知してもらうことが目的となります。ブランディングを実行するには、3つの手順で進めていくことが大事です。

  • 自社ブランドのヴィジョンを決める
  • 自社理念にそったコンセプトを決める
  • ブランドの発信方法を決める

自社ブランドのヴィジョンを決める

自社ブランドのヴィジョンとは、Webサイトの方向性と目的を決めることを指します。Webサイトをどのように育てていくか?目的は何か?明確に決めることが必要です。具体的であればあるほど、ブランドの独自性は高くなります。

自社理念にそったコンセプトを決める

先ほど紹介したターゲティングペルソナ設定ができれば、自社ビジネスの対象となる相手が明確になっているでしょう。その明確な顧客に対して、自社理念にそったブランドコンセプトを決める必要があります。コンセプトは、Webサイトの方向性とあわせて「顧客にどのような価値をあたえられるか?」明確にした言葉を設定することが大事です。

ブランドの発信方法を決める

Webサイトのコンセプトから、ブランドの発信方法を決定します。具体的には、Webサイトの「ロゴ」や「キャッチコピー」、「タイトル」などターゲットを意識した設定です。あくまでもブランドコンセプトが「売り込み」でないことが前提となります。

Webサイトのブランディングによるメリット

Webサイトのブランディングによるメリットについて紹介しましょう。

広告よりコストがかからない

Webサイトのブランディングは、広告によるブランディングよりもコストがかからない点がメリットです。広告の場合、大手ポータルサイトの広告枠に出稿して、認知を拡大するには、表示課金やクリック課金などの費用が発生します。さらに広告経由でのアクセス流入は、広告出稿をやめるとともになくなってしまうため、費用をかけなければブランディングできないこととなるでしょう。

Webサイトのブランディングは、先述したコンテンツマーケティングによるものです。コンテンツマーケティングにより、自然検索の意識の高い潜在ユーザーを集客できます。コスト面でも、制作段階を過ぎて運用段階になれば、コストもあまりかからなくなり、長期的な集客が可能になるのです。

広範囲への訴求が期待できる

Webサイトでのブランディングは、チラシや看板などのリアル広告以上に広範囲への訴求ができます。広範囲での訴求は、インターネット上の自社ビジネスに価値を共感する見込み客に向けた広範囲です。自社ブランドのターゲットが明確になっていれば、対象相手となるターゲットが検索するキーワードも明確になります。

明確なキーワードは、地域を限定しないで、広範囲の同じ属性に向けた訴求が可能です。Webサイトでブランディングができれば、広範囲の訴求を長期的に続けることができます。

情報だけが掲載されたコーポレートサイトとは何が違う?

Webサイトのブランディングが企業情報だけが掲載されたコーポレートサイトとどのようにちがうのでしょうか?コーポレートサイトとブランディングサイトが明確にちがうのは、ブランドコンセプトにあります。

ブランドコンセプトへの共感

ブランドコンセプトとは、自社の持つ市場でのブランドイメージが実施していく使命や目的のことです。たとえば、掃除機メーカーのダイソンのブランドコンセプトは「変わらない吸引力」があげられます。そのため、競合他社の製品以上に「吸引力が落ちない」製品を提供していく使命と目的に沿った取り組みが必要になるのです。

つまり、Webサイトはブランドコンセプトを重視することにより顧客との約束を交わすことにもなります。結果的に、ブランドコンセプトを重視した情報の発信が検索ユーザーの共感を生むことになるのです。

ブランドコンセプトを統一されたビジュアルで視覚化

また、ブランディングされたWebサイトではコンテンツとなるデザインや情報など、1つ1つがブランドコンセプトにより統一されている点がちがいます。

Webサイトは、ユーザーが最初の段階で「このサイトは自分にとって読む価値があるか」第一印象で判断されることが多いのです。そのため、ブランドコンセプトが統一されたビジュアルで視覚化できれば、ユーザーに共感されやすくなります。

Webマーケティングとの関係性

では、WebサイトによるブランディングとWebマーケティングは同じなのでしょうか?答えは、WebサイトのブランディングとWebマーケティングはちがう役割を持った施策といえるでしょう。Webサイトのブランディングは、企業の商品やサービスをブランドイメージとして訴求していく施策です。

一方のWebマーケティングはブランディングにより得た顧客行動を分析して、新たなWeb集客の施策に展開していく活動になります。つまり、Webマーケティングを展開していくためには、Webブランディングは欠かせない施策の1つとなるのです。

ブランディングとしてのWebサイトの可能性

ブランディングとしてのWebサイトの可能性

次にブランディングを目的としてWebサイトを活用する場合、期待できる部分を取り上げていきましょう。

中小企業にとってWebサイトの可能性

Webサイトをブランディングツールとして活用した場合、中小企業にとっては従来のマスメディア広告宣伝費以上にコストを抑えることができます。その理由は、スマートフォンユーザーの増加から、顧客のWebサイト閲覧機会が増えたからです。

従来のマスメディア広告の場合、中小企業よりも資金力のある大手企業に優位な状況でした。しかし、Webサイトによるブランディングでは広告以上に豊富な情報を発信することができます。さらに、Webサイトによるブランディングにより、具体的な需要の高い個人ユーザーに向けた訴求も可能です。

BtoB企業によるWebサイトの可能性

BtoB企業の場合、Webサイトによるブランディングを活用することにより、人的リソースの負担を軽減させることが可能になります。BtoB企業の人的リソースの負担とは、対面営業をはじめとする商談や打ち合わせに必要なデータなどがあげられるでしょう。

具体的には、企業の営業部門が用意できる顧客企業に向けた商談用のデータをブランディングされたWebサイトに託すことができるのです。たとえば、相手先となる顧客が「この商品を使って自社にどのようなメリットがあるのか」をWebサイト内のコンテンツによって理解してもらうこともできます。

企業サイトの場合、自社の売り込み色が強くなりがちですが、ユーザー目線を基準としたブランディングサイトは、BtoB企業の顧客に対して信頼性と共感を与えやすくなるのです。

BtoC企業によるWebサイトの可能性

BtoC企業におけるブランディングされたWebサイトの可能性は、顧客との距離感を近くすることではないでしょうか。従来の広告による訴求の場合、1つのページ内で購買行動まで誘導するような施策が多かったのです。

しかし、スマートフォンの普及による情報収集の利便性の向上により、個人の検索行動は増加しています。そのため、個人ユーザーは企業の販売ページのみで購入決定を判断しない傾向になりました。それは、1つの商品やサービスに対して、「類似品の確認」や「利用者の体験談」などをインターネット検索により比較検討しやすくなったからです。

そのような理由からも、ブランディングされたWebサイトによるユーザーに役立つ情報の価値がますます高くなっていくことでしょう。

Webサイトのブランディングを成功させるには

それでは、Webサイトをブランディングツールとして活用するには、「どのように取り組んでいくべきか」について解説していきます。成功できるWebサイトのブランディングには、いくつかのポイントがあるのです。

自社の特徴を知る

Webサイトのブランディングを成功させるために必要なことは、「自社の特徴」を明確に理解することでしょう。この「自社の特徴」とは、言いかえると「自社の強み」となる“売り”の部分となります。自社が得意とする“秀でた特徴”を理解していなければ、顧客に対して訴求ができなくなるのです。まずは、自社の特徴を明確に理解することが大切になります。

お客様のニーズを知る

自社の特徴と同時に知るべきことは、「自社の商品やサービスを使って満足する顧客層」を理解することです。ちがう言い方をすれば、「ウチの商品を使っているお客さんのニーズは何だろう」という視点になります。

つまり、商品ありきではなく自社の商品は、どのような属性の顧客に満足されるのか?を理解するのです。そして、商品を利用して満足する顧客が求めている目的を明確にすることが重要なポイントになります。

たとえば、自社の商品が英会話教材の場合、すでに利用している顧客の属性や感想などからニーズを判断するのです。もし、自社の特徴が「小学生にもわかりやすい英語教材」ならば、顧客ニーズは「学びやすい英語教材が必要」となります。

競合他社を知る

自社の特徴とお客様のニーズを明確にできたことにより、次に類似商品を扱う競合他社の調査が必要です。競合他社の調査は、できる限り抽出したほうがいいでしょう。その理由は、同じような商品やサービスを扱う企業が「どのようなブランディングをしているか」、「どのような販売戦略をしているか」参考データとなるからです。

競合他社を知るための方法として、競合と競い合う検索キーワードを選定することが必要となります。検索キーワードは、競合と共通した商材名ではありません。見込み客が検索する問題解決のためのキーワードです。

たとえば、自社の商材が「ブルーライトカットメガネ」だとします。この場合、直接的なキーワードとして「ブルーライトカットメガネ」で上位表示している企業を競合としてしまいがちです。ところが、見込み客が検索するキーワードが商品そのものの名前の場合、購買意欲の高い状態になります。

購買意欲の高い状態で競合と競う場合は、価格競争や付加サービスの充実さとなるでしょう。その場合、競合に勝ったとしても、コスト割れを起こすことが考えられます。

先ほど紹介した「見込み客が検索する問題解決のためのキーワード」を探した場合、競合が参入していることが少なくなる点がメリットです。「ブルーライトカットメガネを探している人はどのような悩みを持っている人だろうか?」と見込み客が検索しそうなキーワードを探します。候補には、次のようなキーワードが考えられるでしょう。

  • モニターの見過ぎで目がかすむ
  • 長時間ディスプレイを見ていても疲れない方法
  • PC画面の見過ぎで目が疲れる
  • 長時間のコーディングに必要なアイテム

このように、直接的ではない問題を抱えているユーザーが検索しそうなキーワードを調べて、競合の少ないキーワード市場で上位表示を目指すことも、解決方法の1つとなるでしょう。

差別化戦略立案

自社の特徴と顧客ニーズ、競合他社など分析データがそろうことにより、競合他社とはちがう差別化戦略を立案することができます。差別化戦略で大事なことは、自社の特徴が競合他社にない「自社の強み」となっていることです。

Webマーケティング戦略立案

以上の自社の差別化できる部分をニーズのある顧客層へ向けて情報発信していくことが、Webサイトによるブランディングとなります。このブランディングサイトの運営をWebマーケティング戦略として計画していくのです。

明確なKGI/KPI設定

Webマーケティングの立案には、Webサイト運営の目標設定が必要になります。マーケティングによる目標設定のことをKGIの設定といい、KGIに向けた1つ1つのプロセス施策を設定することがKPI設定です。KGIに向けたKPIの設定は、具体的であれば実現しやすくなります。そのため、KGI/KPI設定は明確な数値であることが理想的でしょう。

Webサイトの運営体制の構築

目標設定ができれば、あとはWebサイトの運営体制を構築していくことになります。この時点で検討すべきことは、自社のリソースに「ブランディングサイト運営にかけられる力があるかどうか」です。少数精鋭で運営している企業などでは、自社の人的・時間的リソースに余裕がないことがほとんどでしょう。その際、外注の活用も選択肢の1つとなります。Webサイトの運営は、専門家に依頼することにより、結果的に時間コストや人的コストの軽減になるからです。

まとめ

今回は、Webサイトをブランディングツールとして活用することについて解説してきました。スマートフォン普及拡大によるだけではなく、コロナ時代の追い風によりインターネットユーザーは、ますます増えてくる傾向です。そのため、従来の企業サイトではなく、より顧客に共感してもらえるブランディングサイトの構築は必要不可欠になるでしょう。ただし、Webサイトの構築と運用は、簡単ではありません。自社の状況も踏まえて、専門業者に相談してみることも1つの手段となります。ぜひ、お役に立てて見てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*