Seo対策

ホームページからお問い合わせを増やす為に必要な3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを作り、いざ公開!!しかし、お問い合わせが全く来ない・・。
そんなご経験、みなさまも一度はあると思います。(現在、そのような状況かもしれません。)実際のところ、ホームページを作っただけでは、お問い合わせが来る事はありません。何も反応のないホームページがインターネット上には限りなく存在しているのです。問い合わせが来ないホームページは、結果的に「誰も見ていない」と言っても過言ではありません。

では、お問い合わせが多いホームページは、どのような施策・運営をしているのでしょうか?今回の記事は、ホームページからのお問い合わせを増やすために必要なことをご紹介致します。

お問い合わせが多いホームページの3つの特徴

ホームページからのお問い合わせを増やしたい!といっても魔法ように急に増えるものではございません。まずは、お問い合わせが多いホームページの特徴を把握して、それを自社のホームページに取り込む事が最も近道になるのです。では、お問い合わせが多いホームページはどのような特徴があるのでしょうか。

1.自社サービスの魅力や強みがしっかりと訴求出来ている

お客様からお問い合わせが多いホームページは、見込み客が納得するサービスを提供しており、ホームページ上で、それをしっかりと見込み客に対して訴求出来ています。こちらは一見、簡単で当たり前のようですが、出来ていないホームページは意外にも多いです。それには、お客様目線で見た自社サービスの価値や強みを再確認することが大事になります。専門家などの客観的な視点も取り入れながら、自社のホームページを見直してみましょう。

2.質の高い集客を実現している

どんなに素敵で魅力的なホームページを作っても、集客しないとお問い合わせは来ないですよね。お問い合わせが多いホームページの2つ目の特徴として、将来見込み客になる可能性のある潜在的なユーザーなどを集客することを目的とします。さらに集客ができているホームページは、質の高い集客コンテンツが豊富にあることが多いです。

こちらの施策は、一朝一夕で実現出来る事ではなく、日々の運営実績から得られる集客効果になるでしょう。つまり、質の高い集客を実現しているホームページを作るには、日々の積み重ねを続けていく必要があるのです。

3.掲載されている情報がいつも最新

お客様目線で運営されているホームページは、掲載されている情報が最新で更新頻度が高いです。日々ホームページの更新を行なうことで、お客様の安心感にも繋がり、SEO対策の効果にもなります。結果、お問い合わせにも繋がるのです。ホームページの更新は、社内で更新のルールやスケジュールなどを定めて運用すれば、比較的簡単に導入が出来るでしょう。

ホームページ運営における2つの勘違い

先述致しましたが、ホームページ公開後ほとんどの場合、すぐにお問い合わせは来ないのが一般的です。それなのに思わず考えてしまう、勘違いがあります。

心機一転!サイトをリニューアルすればお問合せが増える?

リニューアル前のホームページがよほど使いにくかったら話は別ですが、通常のホームページでしたら、リニューアルしてもお問い合わせが急増することはありません。まずは、ホームページ上で自社のサービスが適切に訴求出来ているかの確認をしましょう。「ホームページ上で自社のサービスが適切に訴求出来ているか」を確認するためには、アクセス解析を使うことが必要です。

アクセス解析により、その日のホームページに訪問した人数やよく読まれているページの表示回数などデータから分析してホームページの状況を確認できます。リニューアルをする前に自社のホームページの状態を確認することが重要になります。

広告費を掛けて集客をすればお問合せが増える?

広告費を掛けて集客しても、先述通り、肝心なのはホームページの中身になります。コンテンツが充実していないと直帰率ばかりが高くなり、結果、お問い合わせには繋がりません。つまり、順番が間違っているのです。初めにホームページの中身を充実させてから、広告費をかけてホームページの反応を見ていきましょう。

さらにリスティング広告などで宣伝してホームページに誘導できたとしても、コンテンツにガッカリされるようでは、広告費が無駄になってしまいます。多額な広告費を掛ける前に自社集客のノウハウをつけて長期的な戦略で運営を行ないましょう。

ホームページのお問い合わせが増える3つの方法

それでは、みなさまが一番知りたい部分になる「ホームページのお問い合わせ」が増える3つの方法を解説しましょう。お問い合わせを増やすためには、これら3つの準備が必要になります。

自社サービスの強みや訴求相手を絞る分析法

まず初めに自社のサービスをもう一度確認してみることから始めましょう。自分では理解しているつもりでも、お客様から見た印象とサービス提供側から見た印象には「ズレ」があります。お客様目線に立って、「ウチのサービスの優れている部分は何だろう?」と厳しい見方をしていく必要があるのです。その際、第3者の意見も大きなヒントになるでしょう。

客観的に見た「自社の強み」を過去に利用されたお客様の声からも判断することは可能です。さらにサービスを届ける相手を絞ることも重要なポイントになります。「誰に提供したら満足するサービスなのか?」を具体的に分析していくのです。決して万人に共通する内容ではなく、サービスを届けて大きな価値を感じられる相手に向けた内容でホームページを構成していきましょう。

競合他社にない何を求めているかを明確にする

先述した内容に引き続き、自社の強みを分析することになります。それは、競合他社のサービスと「何が違うか?」です。同じようなサービスを提供していたら料金やホームページの第一印象だけで判断されてしまいます。ホームページをリニューアルするにしても、広告を出すにしても競合他社と比べて自社の優れている点を前面に打ち出した提案が必要になるのです。

そのためには、潜在的なお客様が「競合他社にない何を求めているか?」を自社のサービスから明確にすることが重要になるでしょう。競合他社にはない自社の優れている点については、過去にサービスを利用したお客様に聞くことでも見つかる可能性はあります。常日頃からメールや電話などでお客様の感想を聞き出せるようなコミュニケーションツールは必要になるでしょう。

ホームページの更新頻度を上げる方法

3つ目のポイントになるホームページの更新頻度について、ホームページを広告で運用する方法と検索エンジンに最適な作り方で表示される方法があります。

広告で運用した場合の更新方法

ホームページを広告で運用していく方法はサービス内容にもよりますが、季節感のあるサービスならば一定の期間、同じホームページの内容であっても問題はありません。ただし、冬をイメージさせるサービスを春や夏に広告でアピールするのは適当ではありません。この場合は、季節ごとにホームページの内容を更新する必要があります。

さらに扱う商品の流動性が高いサービスについては、商品の入れ替えの度にホームページの内容を更新していく必要があるでしょう。くれぐれも広告を見てホームページに訪問されたお客様をがっかりさせない内容で更新していくことがポイントになります。

Seo対策で更新する方法

Seo対策により、検索掲載順位を上げて表示させるための方法です。この方法は時間と手間がかかり、専門知識も必要になってきますので一朝一夕でできることではありません。Seo対策は検索順位で狙うキーワードを選定したり、キーワードに沿ったページコンテンツを作ったりします。最初は専門家に任せることで大きな労力を省くことができるでしょう。

Seo対策では、ホームページを更新することを重要視されます。専門家のアドバイスを受けながら、自分でホームページを更新できるようになることが理想です。

問い合わせが増えてきたら注意する2つのポイント

今までの改善方法に取り組んで、ホームページの問い合わせが増えてきた場合、そのままにして置くことはお勧めできません。お問い合わせに対して、回答を出していくことが必要になるのです。何もしないでいると、せっかくホームページに魅力を感じてくれたお客様に対して、無視していることにもなります。ここでは、問い合わせに対して注意するべき2つのポイントを説明しましょう。

マメな回答で問い合わせを放置しない

ホームページのお問い合わせが増えてくることは、それだけホームページを見ていただいている証拠のような現象になります。それなのにお問い合わせに対して、何もしないで放置したままにしておくことは好ましくありません。お客様は問い合わせをするほど、ホームページの内容に興味を持っている状態なのです。ここでさらに興味を高められるフォロー的な回答をすることが必要になります。

さらに、お問い合わせの回答はできるだけ迅速に返すことも評判を上げるポイントになるでしょう。お互いの顔が見えないホームページの場合、お客様の関心にすぐに答えることができれば、自然と信頼にも繋がってくるからです。そのような理由から、お問い合わせには的確に回答することが大事なことを覚えておきましょう。

やり取りは大切なコミュニケーションの始まり

お客様とのやり取りは、インターネットを介した大切なコミュニケーションの始まりになります。自社のホームページでお客様に興味を持っていただけることが証明されたわけです。大切なコミュニケーションの始まりになりますので、お問い合わせを窓口にして円滑な質疑応答を繰り返していきましょう。さらにお客様の具体的な要望や新しいサービスのヒントになる質問もいただけるかもしれません。そのためにもお問い合わせの対応は、疎かにしないように心がけましょう。

まとめ

ホームページからお問い合わせが来ない場合、リニューアルや広告費を掛けて集客することだけが改善策ではありません。まずは、自社サービスの魅力や強みを明確にして「しっかりと訴求出来ているか」を確認しましょう。それによりホームページの内容や運営体制の見直しを行なうのが一番の近道になります。そのためホームページの運用は、専門知識が必要です。専門知識もなく右往左往しながらホームページを改善するには、集中して取り組む時間が必要になるでしょう。

そこで時間のない人にとってホームページ作成の専門家に頼むことで手間暇がかからなくなるメリットがあります。専門家に内容や運営体制などを判断してもらうことが自社で行うよりも、早い段階からお問い合わせが期待できることでしょう。
最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*