Web集客事例

ホームページで集客できない5つの原因とWEB集客の秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページ集客

コストをかけて自社のホームページを作成したのに、集客ができずに悩んでいるサイト運用者は多いのではないでしょうか。実際に、サイト構築や広告費に何十万も払っているのに、思うような集客ができていない企業様は非常に多いです。

しかし、正しい戦略のもとにしっかりと運営していけば、ホームページで効率的に見込み客を集めることが可能です。それでは、集客できないホームページには、一体どのような原因あるのでしょうか。

そこで、ここではホームページで集客できない5つの原因について解説していきます。さらに、WEB集客の成果を高めるための秘訣についても説明していきますので、ホームページ集客に悩んでいるサイト運用者は、ぜひ参考にしてみてください。

ホームページで集客できない5つの原因

最初に、企業のホームページで見込み客を集めることができない主な5つの原因について解説していきます。

ユーザー目線に立っていない

まず、最も多い原因が、ユーザー目線に立っていないという点です。インターネット経由でホームページを見に来るお客様のことを考慮せずに、自社の都合だけで作成されたようなサイトです。

例えば、自社の商品やサービスに関する情報が少なかったり、連絡先やお問い合わせ先などが設置されていなかったりするホームページです。これでは、せっかく興味を持ってホームページに来たお客様が、ガッカリして離脱してしまいます。

もちろん、このような状態のホームページでは集客することはできないですよね。自社のホームページを構築するときは、常にお客様がどのような情報を求めているのかを考えながら進めていきましょう。

検索で上位表示されない

ホームページで集客できない原因として2つ目に挙げるのが、検索で上位表示されないということです。お客様が求めている情報をインターネットで検索した際に、検索結果の上位に表示されないとサイトには訪れて来ません。

自社のホームページにお客様が来てくれないのですから、当然ながら集客はできませんよね。そのため、GoogleやYahoo!などの検索サイトで上位表示されるための対策を考えなければいけません。

SEOを考慮したサイト構成・コンテンツになっていない

また、ホームページの記事やコンテンツが、SEOを考慮したライティングになっていないとう原因も多いです。SEOとは、「Search Engine Optimization」の略称で、検索サイトで上位表示されるための対策を実施することです。

例えば、どんなに役に立つ情報が載っていたとしても、それを特定できるキーワードやページタイトルがなければ、上位表示されないケースがほとんどです。この点を意識してホームページのライティングをしなければいけないのです。

ホームページが見づらい

ホームページで集客できない原因として4つ目に挙げるのが、ホームページが見づらいということです。いくら有益な情報が載っているホームページであったとしても、読みづらかったり見づらかったりすれば、お客様は離脱してしまいます。

特に、現在はスマートフォンやタブレット端末からホームページにアクセスする人が非常に増えています。そのため、それらのデバイスからでも見やすいようなホームページ作りが必要になるのです。

コンテンツの更新が少ない

また、コンテンツの更新が少ないという原因も非常に多いです。ホームページ作成業者やサイト運用者がホームページを一旦構築したら、ほとんど手をつけていないようなサイトです。

ホームページの更新頻度はSEOにも影響してくるため、定期的に自社の情報発信をした方がアクセスは集まるのです。しっかりとスケジュールを決めて、定期的にコンテンツを更新していきましょう。

WEB集客の効果を高める秘訣

さて、ここまでホームページで集客ができない5つの原因について解説してきました。幾つかは思い当たる節があったサイト運用者もいたのではないでしょうか。

そこで、ここからはホームページの集客を改善したいと考えているサイト運用者に向けて、WEB集客の効果を高める秘訣について解説していきます。

ブログで集客

1つ目のポイントが、ブログで集客を行うということです。通常の企業のホームページでは、企業の基本情報や所在地、お問い合わせ先などが記載されているだけです。ただ、これではアクセスを集めることができません。

そこで、ブログで情報発信を行い、アクセスを集めて集客するのです。アクセスが増えることで、商品やサービスの認知が広がったり、商品購入やお問い合わせの数が増えていったりします。これが売上の増加に繋がるわけですね。

WEB集客を成功させるためには、兎にも角にもアクセスを集めるのが第一歩です。まずは、お客様にとって役に立つ情報をブログで発信してみてください。

ブログは継続が大切

しかし、ブログで情報発信をすると言っても、10記事程度のブログを投稿しただけでは意味がありません。ホームページにアクセスを集めるためには、継続的に更新する必要があるからです。

実際に、検索エンジンのGoogleは定期的に更新しているホームページやサイトを評価します。つまり、継続的に更新しているホームページが上位表示されやすくなるのです。

当然ながら、検索結果で上位表示された方がクリックされやすくなり、アクセスが集まりますよね。継続的なブログの更新がWEB集客の鍵を握っていることを覚えておきましょう。

ターゲットを絞る

また、ホームページで集客するためには、ターゲットを絞ることも非常に大切です。どのようなお客様にホームページに来てもらいたいのかを明確にしましょう。

例えば、「20代の女性で健康的に痩せたい人」というように、具体的にお客様をイメージするのです。

そして、しっかりとターゲットを絞り込んだら、そのターゲットに向けたメッセージを発信していくのです。そうすることで、そのターゲットに対して、より響くメッセージを発信することができるのです。

キーワードの選定

そして、非常に大切なポイントが、キーワードの選定です。キーワードとは、インターネットで何かを検索する際に入力する単語や文章のことだと思ってください。

ある特定のキーワードで検索するお客様は、「このような情報を求めている」と想定してホームページやブログを書いていくのです。そうすることで、お客様を満足させることができるサイトにすることができるのです。

例えば、この記事のタイトルは「ホームページで集客できない5つの原因とWEB集客の秘訣」です。ここでは、「ホームページ」と「集客」というキーワードで検索するお客様を想定して記事を書いています。

さらに、先ほどの「SEOを考慮したサイト構成・コンテンツになっていない」でも説明した通り、これらのキーワードで上位表示されることを狙ってライティングをしているのです。このような取り組みがホームページのアクセスを増やし、WEB集客が成功する要因となるのです。

まとめ

さて、この記事ではホームページで集客できない5つの原因について解説してきました。ここで挙げたように、集客が思うようにいかないのには必ず何かしらの原因があります。

また、WEB集客で成果を上げるためのポイントについても説明しました。この内容を参考にして、サイト運用者はぜひ自分自身の集客を振り返ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*