Web集客事例

効率的なWebサイト運営に必要な知識とコスト面におけるメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
効率的なWebサイト運営に必要な知識とコスト面におけるメリット・デメリット

「Webサイトを制作して多くの見込み客を獲得しよう!」「作りっぱなしになっているWebサイトを今後活用しよう!」

などなど。昨今、企業活動においてWebサイトはなくてはならないWebマーケティングツールの一つとなりました。それと同時に「Webサイトを活用したくてもどうして良いか分からない。」といった課題を抱えている企業様も少なくありません。

今回のコラムでは、そのような企業さに向けてWebサイトの効率的な運営方法とそれに必要な知識やコストなどをご紹介します。Webサイト運営のコスト面におけるメリットやデメリットなどを知りたい企業のWeb担当者様は、ぜひ参考にしてみてください。

Webサイト運営におけるコスト面

まず、サイト運営を行なうまでに掛かるコスト面(費用)は大きく分けて下記の二つです。

当然、Webサイトがなければ始まらないですね。という事で、まずはサイトを制作する所からスタートです。

サイト制作費は毎月掛かりませんが、サイト運営費は毎月のランニングコストとして掛かります。サイト運営費の中でも最もコストが掛かるのが、「人件費」と「広告費」です。それでは、各相場金額をみてみましょう。

サイト制作費用の相場

お問い合わせフォームが付いた10ページ未満のシンプルなサイトであれば40万円〜が相場金額です。EC(通販)サイトであれば70万円〜が相場金額です。

その他、撮影費やライティング費用は追加料金となることがございますので、サイト制作の際には、事前に制作会社としっかり打ち合わせをしてとり決めましょう。また、現在では、無料で作れるサービスもありますが、長期的な視点でみると機能的やメンテナンス面で難ありな事が多いですので、導入の際はしっかりと検討しましょう。

サイト制作に掛かる作業

Webサイト制作に掛かる作業は、業種業態にもより異なりますが必ず段階を踏まなけば作れないことは確かです。制作段階の作業プロセスとして考えられるのは、次の6つがあげられます。

  • Webサイトに必要な情報の調査と分析、企画
  • Webサイトの設計
  • Webサイトのコンテンツ準備・デザインレイアウト制作
  • Webサイト実装・システム構築
  • 運用テスト・Webサイト公開

Webサイトを作り上げて運用を開始するまで、段階をふまえることが大切です。

サイト運営費用の相場

せっかく良いサイトをコストを掛けて作ってもお客様に見てもらえないと意味がないですよね。そこで必要になるのがWeb集客

Webサイトの集客力はサイトそのものではなく自社のサイト運営力と必ず比例します。特にサイトのスタートアップ時期は、サイト制作にコストを掛けるよりも集客力の強化にコストを掛けた方が、中・長期的にみて投資対効果が高いことが多いです。

つまり長く運営することで掛かる費用に反して成果が大きくなっていくイメージでとらえておきましょう。

サイト運営に掛かる作業

Webサイトの運営は、制作してしまえば終了ではありません。Webサイトの規模にもより、複数の担当者が必要になる場合があります。理想を言えば、作成したWebサイトを中長期で運営していくには、3つの分野で定期的な作業が必要です。

Webサイトの運営に掛かる作業は、時間では測れない部分が大きくなります。新規コンテンツの追加にしても、1カ月に1記事なのか毎週1記事なのかWebサイトを取りまく環境要因にもよるでしょう。

また、Webマーケティングによる分析は、更新や運用などの判断基準を提示する役割です。Webマーケティングで行う作業は、以下の取り組みがあげられます。

SEO対策

それでは、Web集客におけます、それぞれの手法をご説明致します。Seoは、インターネットが始まった時からある集客方法の一つです。過去のSEO対策は、いわゆるブラックハット(業者から外部リンクなどを購入して、意図的に検索順位を上げる行為)が主流でしたが、現在のSEO対策は、中・長期戦略型になります、自社のWebコンテンツで見込み客を集客する事が最も確実な集客手法です。

また、広告と違い、蓄積型になりますので、結果が出始めれば安定して集客が出来るのが特徴です。

  • メリット:安定して見込み客を無料で獲得できる
  • デメリット:結果がでるまでに時間が掛かる

SEO対策のコスト面におけるメリット

SEOによるコスト面でのメリットは、広告運用と異なり、安定した見込み客を獲得できることです。広告運用の場合は、費用の投入を続けなければ成果を得られません。ところがSEOの場合は、検索上位表示ができていれば費用の追加投入をしなくても成果を得られます。この点に、大きなメリットがあるでしょう。

SEO対策のコスト面におけるデメリット

SEOは、費用を掛け続ける必要のない施策ですが、検索上位表示される前に時間が掛かる点がデメリットとして考えられます。検索上位表示されるまでは、Webサイトとしての評価を上げるためにコンテンツの品質を高めたり、ユーザーの利便性に配慮したり成果の出ない状態でひたすら手を掛けていく必要があるでしょう。

Web広告

Web広告は集客の中でも一番馴染みのある集客方法と思います。基本的には、1クリックに対して課金されるかたちとなります。

  • メリット:すぐに見込み客を獲得出来る
  • デメリット:コストが多く掛かる

Web広告のコスト面におけるメリット

Web広告のコスト面におけるメリットは、費用さえ投入すればすぐに結果を得られる点です。費用を掛けることでWeb上の広告枠に広告を掲載できます。広告枠に掲載された結果は、すぐに把握が可能です。そのため、Web広告の反応などを確認するうえでは、即効性のある点がメリットになるでしょう。

Web広告のコスト面におけるデメリット

Web広告のコスト面におけるデメリットは、費用の連続投入が必要な点です。広告費を掛けなければ、掲載も止まってしまいます。そのため、成果を得るためには資金の投入が不可欠な施策になるでしょう。

自社のサイト担当スタッフの人件費

Webサイトの規模によりますが、サイト担当は専属ではなく他の業務と兼任されるのが一般的です。自社サイト担当者の主な業務内容は、外注業者とのやりとりや社内でのWeb企画立案、軽微な更新作業、また、Webサイトのパフォーマンス解析などです。

自社サイトを社内スタッフが担当する場合のメリット

自社サイトを社内スタッフが担当する場合のメリットは、正規業務の範囲でこなせれば担当者の人件費範囲内でコストを抑えられる点です。ただし、Webサイトに求める成果がアクセス増大や検索結果上位表示の場合は、競合サイト次第で業務が追いつかなくなるほど、やるべき作業が増えてくるでしょう。

その際に内製で済ませる場合は、他の自社スタッフでまかなうのか外部業者に依頼するか判断が必要になります

自社サイトを社内スタッフが担当する場合のデメリット

自社サイト運営を社内スタッフで内製した場合のデメリットは、自社スタッフの能力に依存してしまう点です。自社スタッフのWebサイト運営の知識や経験が少なければ、認知拡大やアクセス増大などの成果を得ることが難しくなります。

Webサイト運営は、客観的な目線で取り組む必要が大きく、自社都合で作り込んだWebサイトの場合はユーザービリティに欠けて評価されないことも考えられます。

Webサイト運営に必要な知識面

Webサイト運営に必要な知識面は大きく分けて企画と解析・改善業務になります。その中でも顧客獲得を目的とした、企画立案は、その全てを外注化することが難しく、ある程度、自社内で行なう事がほとんどです。

それとは、逆に専門知識を多く必要する、解析・改善業務は、外注化する事が一般的です。

Webマーケティング戦略と企画

Webマーケティングは、Web上で施すマーケティング活動全般を指します。具体的には、競合調査と自社の強みなど訴求するポイントを把握し企画を行い、Webコンテンツとして落とし込む作業です。ここでは、Webマーケティングについて、どのような戦略と企画を反映させるのか解説します。

Webマーケティングとは

そもそもWebマーケティングとは、どのような取り組みなのでしょうか?Webマーケティングは、Web上にあるコンテンツにたどり着く消費者に対して行動を起こしてもらうための施策の総称です。WebサイトやSNS、広告、動画などWeb上にある媒体すべてにおいてマーケティングを施せます。

Webマーケティングが必要な理由

Webマーケティングが必要とされる理由は、次の点が考えられます。

  • 地域や時間による制約がないから
  • 対面によるマーケティング活動よりもコストを抑えられるから
  • 実行結果を効果測定して施策に磨きをかけられるから

地域や時間の制約がないのは、インターネット上のコンテンツがサーバーのシステム上の都合以外、24時間365日年中無休でチェックできるからです。また、コンテンツを介してメールでやり取りして取引ができることから完全な非対面によるコミュニケーションがはかれます。

そのため、顧客に会いに行き商談をするような対面営業で掛かる移動コストなどが不要になります。

さらにWebマーケティングを必要とする理由は、現代の消費者行動が多様化しているため、ひとり一人の消費者に合った訴求が求められます。そのため、マーケティング活動で得た効果測定や事前調査などを分析データにして、より個人をターゲットに絞ったアプローチが可能です

Webマーケティングでは、インターネット上に蓄積された消費者の行動をもとにしたデータを生かすことができます。それだけに着実性を追求できるでしょう。

Webマーケティングによる戦略

Webマーケティングによる戦略では、次の2つの取り組みが重要視されます。

  • 自社ビジネスの対象ユーザーのベネフィットは明確になっているか
  • 仮説を立てて実行し検証により改善することのくり返し

Webマーケティングを戦略的に進めていく場合は、自社ビジネスの対象ユーザーのベネフィットを明確にしておく必要があります。自社ビジネスの対象ユーザーとは、自社で扱う商品を利用して満足するユーザーです。そのユーザーが商品を利用した結果得られる状態を明確にしておくことがベネフィットにあたります

たとえば、自社ビジネスで扱う商品が子ども向けの知育玩具の場合、対象顧客は未就学児や低学年の子供を持つ保護者になります。その保護者が子供に知育玩具を与えた場合、おもちゃに夢中になって手が離れることに満足いくことも考えられます。

また、その知育玩具を子供が口に入れたり舐めたりすることを前提に素材や安全性に配慮していれば、満足度はさらに高くなるでしょう。この場合のベネフィットは、「子どもにおもちゃを安心して預けおけるのでその間の家事がはかどる」などが考えられます。

具体的なベネフィットがあれば、そのベネフィットが自社の強み部分にもなり、Webマーケティングでアピールしていくポイントです。ただし、訴求する内容は机上の空論で終わらせないようにしましょう。Webマーケティングは、実行して得た結果を事実として次の施策に活かします。

まずは、仮説で立てた施策を机上の空論のままで終わらせないで、実行検証します。そのうえで課題を明確にして改善したうえで再度実行する流れです。このくり返しが施策の精度を高めていくでしょう。

Webマーケティングによる企画

Webマーケティングによる企画は、先ほど解説した戦略の精度を高めていくことで効果を期待できる企画作成を実現できます。すべては、実行による結果から検証したデータを活用しています。そのため、感覚的な議論により作成する企画よりも実現性が高くなるでしょう。

Webサイトに施すマーケティングにおいても、企画を計画的に策定する必要があります。自社で実行する場合は、事業計画として投入する予算も兼ねた計画書の作成が不可欠です。自社Webサイトに求める成果や、その成果に到達するまでの時間や労力など、また実現可能な施策であるのか検証データや外部データなどを活用して社内全体で納得いく企画を立案します。

サイト解析・改善

Webサイトは作ってからがスタートです。「サイト・コンテンツを公開したが思っていたような結果が出ていない。」という状態はよくあります。先ほども紹介しましたがWebサイトは、公開した後の状態を効果測定できます。効果測定では、サイトの状態を解析して必要に応じた改善を施せるでしょう。

サイト解析を行い、どこに問題があるのかを明確にしメンテナンスを施すことは、重要です。サイトを改善していくことは、サイト運営において必須な作業となります。

サイト解析と改善が必要な理由

サイト解析と改善が必要な理由は、現状を把握して現状よりも集客力や購買数を向上させるために顧客の行動をある程度理解できるからです。自社都合で考えている間は、顧客の視点に立った判断ができません。

サイト解析により実際の訪問ユーザーの行動から、必要な情報やサイトの使い勝手、訪問者の属性などが見えてきます。その実際のデータを生かしたうえで改善ポイントを明確にすれば、客観的で効率よくサイトの品質を向上できます。

サイト解析および改善は専門的な知見が必須

サイト解析や改善については、インターネット環境があれば実行自体は誰でもできることです。ただし、成果を出せるWebサイトを目指している場合、取り組むサイト解析や改善には専門的な知見が必要になるでしょう

自社サイト担当者がWebの知見に長けているのであれば言うことはありませんが、本業を抱えた片手間でできるほど単純な判断ではありません。

サイト運営の経験の積み重ねが重要

サイト運営では、経験の積み重ねがもっとも重要なポイントです。経験もなく情報だけで知った知識で運営したとしても、Webサイトの運営に成功した企業とは時代背景や扱う商品、会社の環境などあらゆる部分で違いがあります。そのため、サイト運営で施す戦略や企画なども1社ごとに異なるでしょう。

そのような理由からも、サイト運営には経験を積み重ねた専門家の判断を交えることで運営をより自社向けに策定することが期待できます。

時短には専門家への依頼が不可欠

サイト運営は、経験の積み重ねにより自社独自の正攻法を見つけられます。そのため、試行錯誤する時間が必要です。ただし、サイト運営をサポートする専門家に依頼した場合は、それら試行錯誤する行動を時短できます。経験による知見を使うことで、余計なリソースを掛けないで済むでしょう。

Webサイト運営に必要なツール

サイト運営に必要なコストや知識をご説明してきました。続いては、サイト運営におけます、代表的なツールをご紹介致します。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、恐らく最も有名なWebサイト解析システムです。日々のアクセス数の確認から高度な解析まで自動的なデータ分析が可能です。高度な解析などは外注化していても、日々のアクセス数などは自社でも把握していることが理想です。

Googleサーチコンソール

サーチコンソールは、こちらもGoogleが提供する解析システムです。上記アナリティクスとは解析するポイントが違い、サイト全体の管理や確認などに使用することが多くなります。また、改善などを実行するため、アナリティクスよりも専門知識が必要なツールになるでしょう

Googleドキュメント

Googleドキュメントは、Googleワークスペースのツールとして活用できるクラウド上のワードテキストエディタです。遠隔ではなれている環境で作成したコンテンツ記事などを共有できます。クラウド上でリアルタイムで自動保存される点も特徴になります。

Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートは、Google版のエクセル表計算ツールです。Webサイトのディレクションなどを作成する際にメンバーや外注スタッフなどと共有しリアルタイムな編集ができます。スプレッドシートで汎用性の高い作業工程やルール規定、参考データなどを作成しておけば、その後のビジネス展開で大いに役立ちます。

Googleスライド

Googleスライドは、クラウド上でプレゼン資料などを作成できるGoogle版のパワーポイントです。デザイン性の高い図表などを作成する際に重宝します。他のワークスペースツールと同じく、Webサイト運営に携わるメンバー間でリモート共有できるため、その都度リアルで打ち合わせを予定しなくても、迅速なチェックと改善を反映できます。

メールソフト

メールソフトは、Webサイトを運営するうえで欠かせない連絡手段です。多様な働き方が浸透していく現代において、対面による打ち合わせを想定して時間をすり合わせる苦労から解放されます。メールの場合は、相手から送られてきたメールの到着日時や、自分の発信日時などが記録に残ります。

そのため、やり取りをする相手の都合で開封され、確認されたうえで連絡を受けられるので確認が不十分という状態を少なくできます。

現代では、メールソフト以外にもチャットワークやスラックなどグループでチャット対話できるツールも活用できます。Webサイト運営において、スケジュール調整や移動などのコストを削減できるツールです。

まとめ

顧客獲得に関わる企画は社内にて行い、Webマーケティングの専門知識が必要な作業は外注化するなどして、バランスよく作業を振り分ける事で効率的なサイト運営が可能です。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*