Web集客事例

効率的なWebサイト運営に必要な知識と毎月掛かるコストは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
効率的なWebサイト運営に最低限必要な知識と毎月掛かるコストは?

「Webサイトを制作して多くの見込み客を獲得しよう!」「作りっぱなしになっているWebサイトを今後活用しよう!」

などなど。昨今、企業活動においてWebサイトはなくてはならないWebマーケティングツールの一つとなりました。それと同時に「Webサイトを活用したくてもどうして良いか分からない。」といった課題もございます。今回のコラムでは、そんなWebサイトの効率的な運営方法とそれに必要な知識やコストをご紹介致します。

Webサイト運営におけるコスト面

まず、サイト運営を行なうまでに掛かるコスト面は大きく分けて下記の二つです。

  1. サイト制作費
  2. サイト運営費

当然、Webサイトがなければ始まらないですね。という事で、まずはサイトを制作する所からスタートです。

サイト制作費は毎月掛かりませんが、サイト運営費は毎月のランニングコストとして掛かります。サイト運営費の中でも最もコストが掛かるのが、「人件費」と「広告費」です。それでは、各相場金額をみてみましょう。

サイト制作費用の相場

お問い合わせフォームが付いた10ページ未満のシンプルなサイトであれば15万円〜が相場金額です。EC(通販)サイトであれば50万円〜が相場金額です。
その他、撮影費やライティング費用は追加料金となることがございますので、サイト制作の際には、事前に制作会社としっかり打ち合わせをしてとり決めましょう。また、現在では、無料で作れるサービスもありますが、長期的な視点でみると機能的やメンテナンス面で難ありな事が多いですので、導入の際はしっかりと検討しましょう。

サイト運営費用の相場

せっかく良いサイトをコストを掛けて作ってもお客様に見てもらえないと意味がないですよね。そこで必要になるのがWeb集客。

Webサイトの集客力はサイトそのものではなく自社のサイト運営力と必ず比例します。特にサイトのスタートアップ時期は、サイト制作にコストを掛けるよりも集客力の強化にコストを掛けた方が、中・長期的にみて投資対効果が高い事が多いです。

それでは、Web集客におけます、それぞれの手法をご説明致します。

SEO対策

インターネットが始まった時からある集客方法の一つです。過去のSEO対策は、いわゆるブラックハット(業者から外部リンクなどを購入して、意図的に検索順位を上げる行為)が主流でしたが、現在のSEO対策は、中・長期戦略型になります、自社のWebコンテンツで見込み客を集客する事が最も確実な集客手法です。また、広告と違い、蓄積型になりますので、結果が出始めれば安定して集客が出来るのが特徴です。

メリット:安定して見込み客を無料で獲得出来る
デメリット:結果がでるまでに時間が掛かる

Web広告

Web広告は集客の中でも一番馴染みのある集客方法と思います。基本的には、1クリックに対して課金されるかたちとなります。

メリット:すぐに見込み客を獲得出来る
デメリット:コストが多く掛かる

自社のサイト担当スタッフの人件費

Webサイトの規模によりますが、専属ではなく他の業務と兼任されるのが一般的です。主な業務内容は、外注業者とのやりとりや社内でのWeb企画立案、軽微な更新作業、また、Webサイトのパフォーマンス解析などです。

Webサイト運営に必要な知識面

Webサイト運営に必要な知識面は大きく分けて企画と解析・改善業務になります。その中でも顧客獲得を目的とした、企画立案は、その全てを外注化することが難しく、ある程度、自社内で行なう事がほとんどです。それとは、逆に専門知識を多く必要する、解析・改善業務は、外注化する事が一般的です。

Webマーケティング戦略と企画

競合調査と自社の強みなど訴求するポイントを把握し企画を行い、Webコンテンツとして落とし込む作業です。

サイト解析・改善

Webサイトは作ってからがスタートです。「サイト・コンテンツを公開したが思っていたような結果が出ていない。」というのはよくあります。
そこで、サイト解析を行い、どこに問題があるのかを明確にしメンテナンスを施す事で改善していく事はサイト運営上、必須作業となります。

Webサイト運営に必要なツール

サイト運営に必要なコストや知識をご説明してきました。続いては、サイト運営におけます、代表的なツールをご紹介致します。

Googleアナリティクス

恐らく最も有名なWebサイト解析システムです。日々のアクセス数の確認から高度な解析までが可能です。高度な解析などは外注化していても、日々のアクセス数などは自社でも把握している事が理想です。

Googleサーチコンソール

こちらもGoogleが提供する解析システム、上記アナリティクスとは解析するポイントが違い、サイト全体の管理や確認などに使用する事が多いです。また、アナリティクスよりも専門知識が必要なツールになります。

まとめ

顧客獲得に関わる企画は社内にて行い、Webマーケティングの専門知識が必要な作業は外注化するなどして、バランスよく作業を振り分ける事で効率的なサイト運営が可能です。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*