Seo対策

これからの時代に必要なSEO対策とその知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これからのSEO対策

サイト運用者が常に学んでおかなければいけないのが最新のSEO対策です。しかし、SEOの他にもやるべきことがあって大変です。そこで、ここではサイト運用者が知っておくべきSEOの最新トレンドと対策について解説していきます。

サイト運用者が知っておくべきSEOの基本

最初に、サイト運用者が知っておくべきSEOの基本について話をしていきます。

Googleが重要視していること

Googleのミッションは検索ユーザーに対して、ユーザーが求めている適切なコンテンツを提供することです。つまり、検索ユーザーを満足させることを最も重視しているのです。

そのため、Googleの検索結果の上位に表示されるためには、ユーザーにとって有益なサイトであることが大前提となるのです。

ユーザーにとって有益なサイトとは

それでは、ユーザーにとって有益なサイトとは、具体的にどのようなサイトでしょうか。それは、特定のキーワードで検索したユーザーが求めている情報が100%含まれているコンテンツということができます。

例えば、ダイエットに効果のある運動について検索したにもかかわらず、運動に関する情報が薄かったら検索ユーザーはガッカリしますよね。訪れたユーザーを十分に満足させられるサイトが有益なサイトなのです。

最新SEO対策:コンテンツ編

それでは、ここからはコンテンツに対する具体的なSEO施策について解説していきます。

コンテンツの充実

まずは、WEBサイトのコンテンツを充実させることです。WEBサイトの質と量の双方を充実させることを意識しましょう。

例えば、どれほど優れたコンテンツであったとしても、ページ数が少なければサイト全体の情報量が少ないため検索ユーザーを満足させることはできません。常にユーザーを満足させるには何が必要かを考えるようにしましょう。

検索ワードのニーズを捉える

また、検索ワードのニーズを捉えることも非常に大切なポイントです。特定のキーワードで検索したユーザーは、どのような情報を求めているのかを的確に捉えなければいけません。

例えば、「ダイエット サプリメント」というキーワードであれば、

・ダイエットに効果のあるサプリメントの種類・商品を知りたい
・ダイエットにサプリメントは効果があるのかが知りたい

というように、検索ユーザーの求めている情報を想定し、それを的確に捉えることが大切なのです。

ユーザーの求めている答えを与える

検索ワードのニーズを捉えたら、当然ながらその求めている答えを与えてあげなければいけません。そのためには、ユーザーが求めている情報を全て洗い出し、それをコンテンツで提供していかなければいけません。

タイトルと記事内容の一致

ユーザーはコンテンツのタイトルを見てどのページにアクセスするかを判断する傾向があります。そのため、タイトルと記事内容(コンテンツ)は一致させなければいけません。

例えば、「ダイエット サプリメント」のキーワードで検索し、双方のキーワードが含まれたページにアクセスしたとします。それにもかかわらず、ダイエットの運動法や食事制限に関する情報が大半を占めているコンテンツであれば、タイトルと記事内容が一致しているとは言えないでしょう。

情報の網羅性

また、WEBサイトの情報の網羅性も訪れたユーザーを満足させるためには、とても重要なポイントです。

例えば、「ダイエット サプリメント」のキーワードで検索して訪れたWEBサイトに、ダイエットの基礎知識や食事制限などについて書かれたページがあればユーザーは嬉しいですよね。このように、情報に網羅性があるWEBサイトはユーザーを満足させることができ、検索エンジンからも評価されるのです。

情報の信憑性

そして、網羅性と同じように情報の信憑性も大切です。

例えば、コンテンツで提供しているデータの明確な根拠がなければ、サイトを訪れたユーザーはそのデータを信用することはできないでしょう。当然ながら、ユーザーを満足させることはできず、検索エンジンからも評価されません。

最新SEO対策:ユーザビリティ編

ここからは、ユーザビリティに関するSEO施策について解説していきます。

モバイルファースト

近年、その重要度が増しているのがモバイルファーストへの対応です。モバイルファーストとは、今までのパソコンサイトではなく、モバイルサイトが評価の軸になっていることを指しています。

スマートフォンの普及に伴い、Googleはモバイルサイトを重要視するようになったのです。したがって、サイト運用者はスマートフォンにおけるユーザビリティも意識しなければいけないのです。

ページ表示速度の向上

また、WEBサイトの表示速度を向上させることもユーザビリティを高めるためには大切な施策です。

例えば、ある情報を探していてWEBサイトのURLをクリックしたのに、なかなかページが表示されなかったらイライラしますよね。そのため、パソコンでもモバイルサイトでも、ページ速度を高めることでユーザーの満足度を高めることができるのです。

レスポンシブ対応

また、WEBサイトのレスポンシブ対応も、ユーザビリティを高めるための有効な施策ということができます。

現在では、パソコンやスマートフォン、タブレット端末など多くのデバイスが普及しているため、デバイスに合わせた適切なサイト表示ができるレスポンシブ対応はユーザビリティをおおいに高めてくれます。

まとめ

さて、この記事ではサイト運用者が知っておくべきSEOの最新トレンドと対策について解説してきました。具体例を挙げながら解説してきたので、企業のサイト運用者の方は参考になったのではないでしょうか。

SEOに関する技術や情報は、常にアップデートされていくものです。常にアンテナを立てながら、日々のサイト運用にあたるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト無料診断(月に3社様限定)


  • サイトはあるがお問い合わせやご注文が来ない・・。

  • 集客したいがどこから始めていいのか分からない・・。

  • Web業者の選定基準が分からない・・。

  • Web担当者を社内に雇う余裕がない・・。



などなど、Webサイトを運営する上での課題は尽きないと思います。
Web集客でお困りのご担当者様!是非一度めぐみやにお問い合わせ下さいませ。Google アドワーズ・アナリティクス認定資格保持をしているめぐみやが、プロの視点で貴社のWebサイトを無料で診断致します。
ご相談をお受け致しましたら、24時間以内にご返信を致します!営業日・営業時間外のご相談につきましては、翌営業日のご返信となりますことをご了承ください。めぐみやの会社概要はこちらです。

ご相談はこちらから

コメントを残す

*